スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:自作デッキ紹介(7)「光坂高校演劇部×風見学園新生徒会」

第4回の紹介の改良版。

私の友人に、「Rewrite」単のデッキを組んでいる人がいます。
そのデッキはお世辞にも勝率はさほど高くないそうですが、曰く「徹底したファンデッキ」だそうで、瑚太郎・篝・小鳥、この3人以外を一切入れないデッキになっていました。
レベル0地帯などカードが全然ないため、戦略は固定化され、しかも固定化された戦略はさほど強くなくて。
でも友人はすごく楽しそうにしています。

彼を見た時、「私は何か間違ったことをしていないか?」と思いました。
<生徒会>のキャラが必要だからと、さほど好きじゃないキャラとか、作品すら知らないカードを投入するのは間違ってるのではないか、と。

だから私は、多少のリスクを冒してでも、デッキを色々と改良してみました。



<デッキレシピ>

○レベル0
光坂高校の生徒 渚 1
日差しの中の渚 3
町を愛する渚 2
藤林 杏 1
由夢&音姫&エリカ 4
地下鉄ホームでの別れ 杏子 2

○レベル1
占い好きな椋 4
スキーウェアを選ぶ杏 3
戦線の敵 天使 2
忙しい佳奈多 2
仲良し親子 渚&早苗 1
渚&杏 1

○レベル2
渚&杏&椋 4
雪村 杏 2
知略と謀略 杏 3
魔法少女現る 2

○レベル3
新生徒会長 杏 4
委員長 杏 1

○CX
もう、忘れない 4
恋のトライアングル 2
家族の顔 2



<キーカード>

新生徒会長 杏
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、青
<演劇><生徒会>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
自:[2]このカードがアタックした時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが<演劇>か<生徒会>のキャラなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


渚&杏&椋
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー8500、赤
<演劇><双子>
永:他のあなたの「応援」のキャラが2枚以上なら、このカードのパワー+1000。


雪村 杏
レベル2・コスト1・ソウル1・パワー4000、青
<魔法>
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「もう、忘れない」があるなら、あなたは1枚引く。
自:[1]このカードがアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは1枚引く。
自:アンコール[手札のキャラを1枚控え室に置く]


占い好きな椋
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー2500、青
<双子><占い>
永:応援・このカードの前のあなたのキャラ全てにパワー+500。
永:他のあなたのカード名に「杏」を含むキャラ全てに、パワー+500。


スキーウェアを選ぶ杏
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、青
<魔法><演劇>
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「家族の顔」があるなら、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワー+1500。




<デッキ概念>
『D.C.ダ・カーポⅡ』の雪村杏、『CLANNAD』の藤林杏、『魔法少女まどか☆マギカ』の佐倉杏子を主なアタッカーに据え、“杏”バンプの「占い好きな椋」を後列に置き、高パワーを維持するデッキ。
こっそりとアイマスのシンデレラガールズ参入を期待している今日この頃。


<基本戦術>
○レベル0
後述するが、ここでいかにストックを溜められるかで後が全て決まる。
基本的には「渚」で場を押しつつ、高パワーレベル0キャラには相打ち持ちの「地下鉄ホームの別れ 杏子」をぶつける。

○レベル1
「忙しい佳奈多」による回収が(控え室のCX次第だが)可能。「占い好きな椋」を確保しつつ、ノーコストでパワー6500・CXシナジーで8000までバンプする「スキーウェアを選ぶ杏」をメインアタッカーに据える。
クロックの色が合うなら、アンコール持ち6500の「仲良し親子 渚&早苗」が戦線を張ると強い。

○レベル2
「魔法少女現る」による回収が可能。場をよく見ながら、アタッカーか助太刀かレベル3キャラか、何を手札に加えるか考える。
「渚&杏&椋」が常時パワー11000、レベル2カウンターである「知略と謀略 杏」を併用し、最大14000まで対処できる。正直これは、レベル3でも十分張り合えるレベル。同時に「雪村 杏」で手札アドを稼ぎ、ストックに飛んだCXを確実に落としていく。
反面自ターンはCXを使っても12500が限界なので、クロックの状況によってはチャンプアタックをして後に回す。
レベル3に向けて、常に3~5ストックがあるのが望ましい。

○レベル3
やることはレベル2と同じ。
「新生徒会長 杏」でいかにしぶとく生き残れるか。



<このデッキの長所>
・常時パワー11000+カウンター大量搭載により、舞台を制圧できる。加えて「渚&杏&椋」はソウル2なのでダメージレースも有利。「雪村 杏」も場合によってはチャンプアタック→アンコールと、ダメージを稼ぐことができる。

・舞台が整えば、手札は勝手に溜まっていくのであれこれ試行錯誤ができる。必要カードを全て揃えた後も、回収で助太刀を掴めば相手を萎縮させることができる。
仮にターン限りのバンプでパワー14000を抜かれても、「渚&杏&椋」は2コストで登場可能。4枚積んでいるので、手札に控えておけば問題ない。



<このデッキの短所>
・とにかく事故る。
どういう訳かCXが固まっていたり「新生徒会長 杏」の効果でデッキトップを参照したらいつもCXだったりとか、妙にデッキに嫌われている。
……それはともかく、レベル0キャラが13枚しかない。
後半でストックを要するだけあって、前半で転ぶとズルズル引っ張られる。




<今後の改良点>
今日、オープンの大会に出てみました。結果は1勝3敗。負けた3回のうち1回は美しいまでの手札事故、あとの2回はダメージレース敗北。
舞台の制圧はしっかりとできているので、あとは私自身の運と、安定したデッキ構築を要するのだと思います。
ということで、

・レベル0キャラの増加:基本的に「杏」をレベル0で投入する意味はあまりないので、「渚」がメインになる。……なんか「渚」って軒並み高いんだよなぁ。お金に余裕ができたらまた買う予定。

・イベントカードの入れ替え:正直レベル1地帯で手札が整わなくても、レベル2になってから調節すればいい話であり、「忙しい佳奈多」はコスト2+控え室にCX4枚以上ないと使用不可という制約つき。確かに手札アドは取れるが、このデッキに限って言えばそんなことしなくてもいい。
ゆえにサルベージカードはもうちょっと安定したものと入れ替える予定。

・やはりレベル1地帯でコストを使う「渚&杏」、「仲良し親子 渚&早苗」は動かしにくい。特に後者は、黄色よりも赤・青を優先したいので、置きたい時に置けないことがザラにある。
レベル0のキャラと入れ替えるとして、候補としては純粋応援持ち「パジャマの杏」、デッキトップ確認可能の「小悪魔 杏」あたりか。
後者は例によってやたら高いけど。






余談。

大会にて散々たる悪運っぷりを晒し、「これだけフルボッコにされれば」と謎の期待と共にパックを購入してみました。
「Rewrite」と「アイドルマスター2」。
後者はCRが2枚出ただけでがっかりだったのですが、前者が……

○大会前に購入した2パックで出たレア
・月夜に佇む篝(R)
・“初めてのデート”ルチア(RR)

○大会後に購入した2パックで出たレア
・“無愛想っ子”朱音(RR)
・水着のちはや(SR)

……。

…………。

( ゚д゚)!?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1613-31c89022











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。