スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:自作デッキ紹介(6)「チームOKA☆KEN(静流は総指揮)」

第3回第5回→今回。
朱音さんがいらっしゃいました。
静流は相変わらず当たりません。





<デッキレシピ>

○レベル0
“オオトリウィルス”ちはや 2
“激辛界の現人神”ルチア 1
制服の静流 2
制服の朱音 2
“散る桜の宿命”咲夜 2
“無愛想っ子”朱音 2
“オーロラ発現”瑚太郎 1
“地球委員長”ルチア 2
メイド服の静流 1
“スピード勝負!”瑚太郎 1
熟睡する小鳥 1

○レベル1
“ちはやの執事”咲夜 2
木漏れ日サイクリング 3
制服のルチア 2
戦闘服の静流 2
“咲夜”という名の存在 1
秩序に叛逆する朱音 2
“夢と現実”朱音 1

○レベル2
“守りの包帯”ちはや 2
“終わりのない転写”朱音 1
鳳 咲夜 2

○レベル3
天王寺 瑚太朗 1
神戸 小鳥 1
鳳 ちはや 1
千里 朱音 2
此花 ルチア 2

○CX
受け容れる力 3
笑顔と涙 1
みんなでガーデニング 2
小鳥の心 2



<キーカード>

天王寺 瑚太朗
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、黄
<超能力><オカルト>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「みんなでガーデニング」があるなら、他のあなたのキャラ全てに、そのターン中、パワー+2500、ソウル+1。

いいに決まってるじゃん。楽しくて悪いことってなんだよ


神戸 小鳥
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、青
<植物>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:[1]あなたのクライマックスに「小鳥の心」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロック置場のキャラを1枚選び、前列のキャラのいない枠に置き、そのターン中、そのキャラに次の能力を与える。『[自]バトル中のこのカードがリバースした時、このカードをクロック置場に置く。』。

瑚太朗君と遊んでる時だけ、いろんなことを忘れられた


鳳 ちはや
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<お菓子><マスター>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:あなたのターンのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分のストック全てを控え室に置き、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワー+3000。

たあぁぁーーー!!!


千里 朱音
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、黄
<魔法>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時か「チェンジ」で舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「笑顔と涙」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を上から3枚まで見て、カードを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。その後、そのターン中、このカードのパワーを+4000。

…そうね。瑚太郎も歌うなら、よくってよ。


此花 ルチア
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、緑
(特徴なし)
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたのクライマックス置場に「受け容れる力」があるなら、あなたはそのキャラをクロック置場に置いてよい。


わ、“我らは民を守る楯であり、悪を討つ槍である”!



<デッキ紹介>
開き直った4色構成。とりあえずレベル3のキャラが暴れるためのデッキ。
パック購入・トライアル構成以外のカードがないのは以前と同じ。

ちなみにデッキ名にあるように、コンセプトは「Rewriteのキャラを全部詰め込んでみました」。

※フレーバーにレアリティSPのものが混じっているとしても、持ってるのは全部RないしRRです。



<基本戦術>
○レベル0
「“無愛想っ子”朱音」が増えた。
「“守りの包帯”ちはや」や「“ちはやの執事”咲夜」、レベル3のキャラがダメージキャンセルなどで控え室に落ちた場合、すぐに回収する。それ以外はストックを貯めるために、相打ちだけで留めておく。
「メイド服の静流」「熟睡する小鳥」など、バンプ要素が結構あるので、応援こそないが戦えないこともない。

○レベル1
「“夢と現実”朱音」のチェンジができるなら早い内にやっておく。チェンジ先の「“終わりのない転写”朱音」は相手ターンで9500までバンプできるので、返しのターンにも強い。自身登場1コスト+チェンジ1コストと、必要ストックも少ない。
後は「“ちはやの執事”咲夜」+「木漏れ日サイクリング」で必要カードをサーチ。アンコール持ちの「制服のルチア」で場を持たせる。

○レベル2
まず後列に「“守りの包帯”ちはや」をセット。
ストック状況を見ながら「鳳 咲夜」を出すか、コスト0キャラでストックをためていくのか。
サイドアタックをするならCXを併用すると楽。
朱音のチェンジはできるなら……という程度。レベル2だと、パワー10000なんてすぐ抜かれる。

○レベル3
枚数を照らし合わせるに、最優先すべきは「此花 ルチア」。シナジーでアンコール封じ+1ダメージ確定となる。
「鳳 ちはや」と「千里 朱音」(シナジー)はパワーバンプ。後者は相手ターンに弱いので、必要ならアンコールを。


<このデッキの長所>
・やってて楽しい。



<このデッキの短所>
・最初にレベル3が固まって手札に来ると、どうすればいいのか分からなくなる。
このデッキ、サーチは優れているがサルベージ手段が乏しい(条件付きの「“無愛想っ子”朱音」くらい。扉さえも抜いた)ため、キーカードが控え室に落ちるとリフレッシュ待ちとなる。

・相変わらずストックが足りない。というか、キャラ3人で殴れるというターンがほとんどないに等しい。
同時にダメージが稼げないため、どうしても勝率が下がる。
……というか所詮ファンデッキにすぎない。

・未だに「中津 静流」が当たらない。





ちなみにこのデッキを引っさげ、本日、ネオスタンダートのショップ大会に繰り出してみました。
フルボッコにされました。
……2日後のオープンのショップ大会で、杏デッキにて逆襲しようと思います。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1611-49530ca8











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。