スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CLANNAD#8(古河渚編&坂上智代編) ~揺~

相楽美佐枝さんの話の中に坂上智代さんの話があることを思い出し頑張ってハッピーエンドを迎えたこれで一安心かと思っていたのだが、

このゲーム、想像以上の難易度だった。

まず普通にやっても絶対にハッピーエンドに行けない。ルートには入っている気配があるのだが、途中ではじき出されて共通バッドエンドへと強制連行される。もう嫌だ。

いろいろな選択肢を変えること10回弱。

ある時は春原君の話に行きかけ(・・・・・・妹さんでも出てくるのかな?)、
ある時は作業員の話に行きかけ(・・・・・・サブストーリー?)、
ある時は選択肢ミスって昼食に彼女が来なくて、

21日月曜日のイベント(桜を見るアレ)までに全員と会っておけばいいのかと思い、「会った上でフラグを立てない」を全て実行したら同じ結末へと向かい。

じゃあ逆に21日スルーしてみようと思ったらさらに選択肢が出てきて、藤林杏ルート強制連行っぽい話になったり、ならばと思いその選択肢を逆にしたら名前も知らない誰かが出てきて。

こうなりゃヤケだと全ての選択肢において逆を一度選び結果全てが間違えていることに気がついて正解っぽい選択をし続ければやっぱり同じ結末へと向かい。

どーすりゃいいんだ? と悩み、考えた。





まず、なんでバッドエンドに送られるか。

それは他校の生徒との喧嘩の後、岡崎朋也が別れを切り出すからいけないということに気がつく。
あの時に坂上智代が何を言おうと多分同じだから、彼女ではなく問題は彼にある。
つまり、彼が坂上智代と一緒にいたいと強く思えば、ここを乗り越えられる。そして、そうすればルートに入れるはず。

だったら・・・・・・と、選択肢を洗いなおすが、どこも修正できるところなし。

となると、何か他の人の選択肢でミスってる・・・・・・?

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・え?

ちょっと待て。

これ、なんか前にも無かったか?
全て選択肢は正解しているのに、どうしてもラストでバッドエンドに送られる―――その時は確か、他のルートの選択肢を変えれば、最後で彼女を選択できる・・・・・・

誰だっけこれ?

絶対にギャルゲー(もうこの言い方に抵抗はない)のどれかだ。あるいはひぐらしのなく頃に絆だ。
思い出せ。Kanonは違う。他のルートと両立させる必要はあるにはあるが、それは自然な選択をしていれば成立している。
ひぐらしのなく頃に絆・・・・・・もちょっと違う。確かに第一巻・祟の「綿流し編」は竜宮レナの誘いを受けた後で鬼隠し編を回避しないと入れないけど・・・・・・

じゃあ・・・・・・他の物語・・・・・・!

ああ、あれだ!

「Memories Off ~それから~」の藤原雅ルート!

あの時は確か・・・・・・いのりさんと両立させるような選択を続けて、最後に雅さんを選べばそれでハッピーエンドだった・・・・・・ってことは、それと同じか!?

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・と、気がついたまではよかった。







続けて考える。向こうでのいのりさんはすなわちメインヒロイン、パッケージを飾る人(パッケージ借り手ないから知らないが)だ。
でも、こっちは6人いる・・・・・・誰だ?

・・・・・・って、考えるまでもないか。

そう、古河渚。
アフターストーリーにおける主人公(多分)で、何をやろうと最初に出会う人。

ううむ・・・・・・彼女は最後にまとめてやろうと思っていたのだが、仕方あるまい・・・・・・

ということで、古河渚ルート・坂上智代ルート並立、開始。

メチャクチャ苦労した。

何がって、Memories Off~それから~の時はずっと両立させればいいのだが、今回それをやると、気がついたら古河渚ルートに入ってる。メインヒロイン侮れない。

じゃあどこかで切ればいい。
どこで切るか・・・・・・は、ルート確定前。確定場所は・・・・・・両親と会うところか?
あ、ちなみに秋生さん大好きだ。あんないい父ちゃん見たことない。

なら―――その前、どこかで彼女の誘いを蹴る・・・・・・

演劇部の時点で蹴ったら同じ結末を迎えた。
ならもう1つ後・・・・・・昼食か? ということで、昼食を蹴ってみた。

その後、「旧校舎」→「部室」でのイベントを発生させ(てっきり藤林杏のイベントかと思っていたが)、続けて坂上智代よりの選択肢を選び続ける。

その後、古河渚が全然出てこないので、これは同じ結末かと高速モードで見ていたら、

思わぬところで出てきた。

他校との喧嘩のシーン。ここで古河渚が顔を出していて、それに対する選択肢。
直勘で私は「演劇」のことを選んだ。
すると、喧嘩お咎めシーンがスキップされた。

その次の昼休み、選択肢が1つでてきた。

思わずガッツポーズをとった。

ああ・・・・・・長かった、長かったよ・・・・・・






で、別れを切り出すシーンはもちろんなくて、ルートに入れましたが、















・・・・・・ご馳走様です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/21 22:58 ] ゲーム(全般的に) CLANNAD | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/161-a97fa433











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。