スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

久々に

ゲーム「Rewrite」を起動してみました。
……あー、一応ネタバレ注意。





なんとなく文章とか展開とか構成とか、たまに見たくなる魅力があるんですよ、あのゲーム。
その中でも1番のお気に入りはMoonルート。オカ研合流のシーンと、戦闘開始直前のところでセーブを取っていますので、30分くらいを使って浸ることができます。
もっと時間があるなら最初から見るのもよし。前半の意味不明文章さえ心地よい。

改めて見てみると、Terraルートへ繋がる伏線が本当に秀逸だと思いました。
神戸小鳥ルートでの空白と、正解へのヒント。あとは可能性の系統樹。瑚太郎の要素を加える=瑚太郎の“空白”を埋める(→Terraルート)→系統樹の肥大化・別世界への分岐、ということでしょうか。
だとしたらまさしく愛の勝利。
いや瑚太郎のメッセージが誰に向けたものなのか、あの時点ではイマイチピンとこないのですが。

他には戦闘の描写。静流さんのかっこ良さは異常すぎる。何あの戦う小動物。
そして3回目のプレイでもなお、咲夜に惚れ直しました。あの人は本当に反則です。

本当ならこのままTerraルートも再プレイしたいのですが、あれは途中セーブを取っていない(一応、検証用にと江坂さんとの練習試合のシーンのセーブだけはあるんですが……まだ全体の2割も進んでいないところですし)ので、本当に時間が有り余った時にしかできそうにありません。

Terraルートといえば。

私的に「Rewrite」という作品は完成していると思います。改めて、並のレベルじゃないと思いました。
それでも他作品に比べて低評価なのは、おそらくKeyらしさが欠片もないからでしょう。
Moonルートだけでも、これのどこがギャルゲーだ、と首を傾げるものですし、Terraがアレですし。
つくづく惜しいなと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/03/27 23:09 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1603-f24d81f5











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。