スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:自作デッキ紹介(5)「チームOKA☆KEN」

デッキそのものは自作デッキ紹介(3)の改良編です。




ふらっとなんばに行って、おみくじ感覚でヴァイスのブースター「Rewrite」を5パック購入しました。

ヴァイスのブースターは最近のTCGにありがちな、「1パック中にレア以上が必ず1枚入っている」というタイプで、R(レア)→RR(ダブレア)→SR(スーパーレア)→RRR(トリプルレア)→SP(スペシャル)の順でレアくなります。果たして普通のパックにRRR以上って存在するのでしょうか?

で、それぞれのパックのレアカードが以下の通り。

・“守りの包帯”ちはや(R)
・此花 ルチア(R)
・神戸 小鳥(RR)
・メイド服の静流(RR)
・“滅びの歌”朱音(SR)

こんなのぜったいおかしいよ。

……分かりやすく遊戯王で例えるなら、何も考えずテキトーに買った5パックに、レア2枚、スーパーレア2枚、ウルトラレア1枚があったようなものです。

私のパッシブスキル「超不運」はどこへ行ったんだ……。



……友人に話してみたところ「それは“不運”じゃなくて、運を溜め込むものだ」とか言われました。




てな訳で、改良したデッキレシピを公開。




<デッキレシピ>

○レベル0
“オオトリウィルス”ちはや 2
“激辛界の現人神”ルチア 1
制服の静流 2
制服の朱音 2
“散る桜の宿命”咲夜 2
“無愛想っ子”朱音 1
“オカ研会長”朱音 1
“オーロラ発現”瑚太郎 2
“地球委員長”ルチア 2
メイド服の静流 1
今宮 新 1
“聖女のしもべ”しまこ 1

○レベル1
“ちはやの執事”咲夜 2
木漏れ日サイクリング 4
“最強の魔物”咲夜 1
制服のルチア 2
戦闘服の静流 2
“咲夜”という名の存在 1
“命の理論”篝 1

○レベル2
“守りの包帯”ちはや 2
鳳 咲夜 2
“たったひとり”の篝 1

○レベル3
天王寺 瑚太朗 2
神戸 小鳥 1
鳳 ちはや 1
此花 ルチア 2

○CX
受け容れる力 2
咲夜VS瑚太郎 2
みんなでガーデニング 2
仕返し 1
小鳥の心 1




<キーカード>

天王寺 瑚太朗
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、黄
<超能力><オカルト>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「みんなでガーデニング」があるなら、他のあなたのキャラ全てに、そのターン中、パワー+2500、ソウル+1。


神戸 小鳥
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、青
<植物>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:[1]あなたのクライマックスに「小鳥の心」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロック置場のキャラを1枚選び、前列のキャラのいない枠に置き、そのターン中、そのキャラに次の能力を与える。『[自]バトル中のこのカードがリバースした時、このカードをクロック置場に置く。』。


鳳 ちはや
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<お菓子><マスター>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:あなたのターンのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分のストック全てを控え室に置き、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワー+3000。


此花 ルチア
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、緑
(特徴なし)
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたのクライマックス置場に「受け容れる力」があるなら、あなたはそのキャラをクロック置場に置いてよい。




<デッキ紹介>
開き直った4色構成。とりあえずレベル3のキャラが暴れるためのデッキ。
パック購入・トライアル構成以外のカードがないのは以前と同じ。

ちなみにデッキ名にあるように、コンセプトは「Rewriteのキャラを全部詰め込んでみました」。



<基本戦術>
○レベル0
一番平和な地帯。テキトーにキャラを出してればそれでいい。
強いていうなら、手札にクライマックスがきたら色と合わせて随時使っていくこと。
レベル1の「“最強の魔物”咲夜」と「咲夜VS瑚太郎」が合わせてきたら話は別だが。

○レベル1
「木漏れ日サイクリング」でレベル3キャラをサーチしながら、「“ちはやの執事”咲夜」を後列に並べたり、「制服のルチア」で場を保たせたり。
一応、「“命の理論”篝」→「“たったひとり”の篝」がチェンジできるが、このデッキでチェンジできたことなど1度もない。

○レベル2
「鳳 咲夜」が常時9500、自ターン11000を超えるようなら十分。
同時に、この時点でレベル3キャラを手札に抱えておき、「“守りの包帯”ちはや」をなんとかして出す。
「みんなでガーデニング」と「受け容れる力」はこの時点で保持しておく。

○レベル3
まず「天王寺 瑚太朗」を出してドロー。手札にクライマックスが固まってるなら切っておくこと。
あとは「鳳 ちはや」が常時13000暴れれば完璧。
残り1枠は、「神戸 小鳥」か「此花 ルチア」のうち出せる方を出し、CXシナジーとうまく合わせていく。


<このデッキの長所>
・やってて楽しい。



<このデッキの短所>
・当たり前だが事故る。ものすごく事故る。そもそも四色構成という時点でアレである。
……ただ、四色構成という点での事故は存外に発生しない。問題はレベル1以上が固まって手札に来た時。色を合わせてクロックに置くにも、大半が「どんな場面でも出せるカード」であり「そのレベル地帯で必要なカード」なので、身動きが取れなくなるのがオチ。

・クライマックスのうち、「小鳥の心」が1ドロー&1キャラパワー+2000ソウル+1。「仕返し」が全員パワー+1000ソウル+1。で、残り6枚が全てストック&ソウル+1。一応、自ターンバンプ手段は豊富なのだが、クライマックスによるバンプができない。

・当然だがレベル3になると数ターンで決着がつく。レベル3に特化したこのデッキで戦うと、ただでさえ運ゲー要素が強いヴァイスがさらに運ゲーとなる。

・というかむしろどうやったらこのデッキで勝てるのか教えてほしいものがある。

・そしてこのデッキを組むにあたり、まだカードが2枚足りない。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1596-fe08b030











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。