スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ:自作デッキ紹介(3)「チームオカ研」

3つ目のデッキ。……といっても、私が最初に作ったデッキです。
ネオスタン「Rewrite」の条件を満たす、題して「チームオカ研」です。



<デッキレシピ>

レベル0
制服の朱音 4
“オオトリウィルス”ちはや 2
“激辛界の現人神”ルチア 1
“スピード勝負!”瑚太郎 1
“オカ研会長”朱音 1
“オーロラ発現”瑚太郎 2
“地球委員長”ルチア 2
今宮 新 2
“聖女のしもべ”しまこ 2

レベル1
“ちはやの執事”咲夜 2
木漏れ日サイクリング 3
“書換能力者(リライター)”瑚太郎 2
“暗殺者”ミドウ 1
戦闘服の静流 2
“最強の魔物”咲夜 1

レベル2
鳳 咲夜 2
“テメエの道と俺の道”ミドウ 2
私服の小鳥 1
私服の朱音 2
“喚起の法”ちはや 1
“守りの包帯”ちはや 1
“さんま大好き”静流 1

レベル3
天王寺 瑚太朗 2
鳳 ちはや 1
此花 ルチア 1

CX
みんなでガーデニング 2
ちっぽけな幸せ 2
咲夜VS瑚太郎 1
受け容れる力 2
仕返し 1


<キーカード>

天王寺 瑚太朗
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、黄
<超能力><オカルト>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは2枚まで引き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。
自:このカードがアタックした時、クライマックス置場に「みんなでガーデニング」があるなら、他のあなたのキャラ全てに、そのターン中、パワー+2500、ソウル+1。


鳳 ちはや
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、赤
<お菓子><マスター>
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:あなたのターンのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分のストック全てを控え室に置き、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワー+3000。


此花 ルチア
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、緑
(特徴なし)
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
自:このカードのバトル相手がリバースした時、あなたのクライマックス置場に「受け容れる力」があるなら、あなたはそのキャラをクロック置場に置いてよい。


木漏れ日サイクリング
レベル1・コスト1・黄(イベント)
あなたは自分のスタンドしているカード名に「ちはや」を含むキャラを1枚選びレスとする。そうしたら、あなたは自分の山札を見てレベル2以上のキャラを2枚まで選び相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルし、あなたは自分の手札を1枚選び、控え室に置く。


“ちはやの執事”咲夜
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー3000、黄
<執事><メガネ>
永:あなたのターン中、他のあなたのキャラ全てに、パワー+1000。


鳳 咲夜
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー8500、黄
<超能力><使い魔>
永:他のあなたのカード名に「ちはや」を含むキャラがいるなら、このカードのパワー+1500。



<デッキ紹介>
黄色・緑色・赤色の3色構成。コンボを狙うというよりも、単独で戦うカードが多め。
黄色の特徴が強く、自ターンに暴れやすい。

ちなみに通販などのシングルカード購入数はゼロ。全てパックから出たカードのみ、というのも1つのコンセプト。
「鳳 ちはや」が当たった時の私の喜びっぷりは凄まじかった。
……誰か「千里 朱音」を当てるだけの運をください……。


<基本戦術>
レベル1で後列に「“ちはやの執事”咲夜」を出し、「木漏れ日サイクリング」でレベル2以降に備える。
レベル2では「鳳 咲夜」(後列に上記カードがあれば9500,自ターン10500~11500)をメインに据えつつ、やはりサイクリングでレベル3のカードを手札に揃える。
レベル3になった時点で「天王寺 瑚太朗」、「鳳 ちはや」、「此花 ルチア」を手札に揃え、ストック6を所有しているのが目標。

他のデッキと同じく、レベル1地帯ではストックを貯めこむように戦う。ただしレベル2以降、コスト2キャラばかりなので、どのカードを出すかよくよく考える必要がある。



<このデッキの長所>
・レベル0、レベル2にシフトを数枚入れている他、“他のカードがなければ使えない”カードがほとんどないため、事故を起こすことはほとんどない。安定したデッキ。

・「木漏れ日サイクリング」などのサーチ手段が豊富で、レベル2になった時、レベル3になった時、それぞれで最良の状況を作り出すことができる。

・レベル3のカードを3枚出し、後列に「“ちはやの執事”咲夜」と「“守りの包帯”ちはや」(シフト持ち+レベル応援)を並べれば、そうそう負けることはない。特に「鳳 ちはや」は常時13000、レベル応援で14500という数値になる。


<このデッキの短所>
・クライマックスの大半が「1ストック・ソウル+1」。クライマックスを使ってのバンプは期待できない。

・ストック消費がメチャクチャ激しい。その割にストックブーストが存在しないため、出すカードをしっかりと考える必要がある。

・レベル応援を据えても、レベル3地帯が11500(自ターンなら12500)。これを抜かれるとどうしようもない。

・「鳳 ちはや」を出してからは毎ターンクライマックスフェイズにストックが全て控え室に送られるので、それ以降の戦術がかなり固定化される。その上でバウンスされたら本気でどうにもならない。

・そもそもファンデッキ止まり。安定はするが安定しかせず、少し凝ったデッキを相手にすると途端に勝率が激減する。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1583-3227e4fe











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。