スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

怒涛の3日間(2):私は褒められていい

テストがありました。
1時限~3時限(9時20分~15時00分)までに小説を1本書けというもの。
1番きつかったのは昼休み、特別講義の関係で1時間くらい持って行かれたこと。
この上でグダグダになりつつある短編(原稿用紙換算31枚)をちゃんと完結させた私は褒められてもいいと思います。
……内容はともかく。

このテストで厳しいのは、「当日まで課題が分からない」ということです。
例えば1年後期のテストでは「復讐の物語」で、2年前記のテストでは「勧善懲悪の物語」。
ちなみに前半は親の仇を討とうとしてたけど実はそいつは親の仇ではありませんでした、という話を。
後半は『生徒会波乱物語』:西山紅葉と西山桜の喧嘩話(ただし全力でほのぼの)を書きました。

今回は、「翼をください」の歌を元に何か書け、という物。
歌詞が歌詞なので、やりたいことがあるけどできない少女を助ける主人公の話、を書いてみました。
途中でグッダグダになりつつ、なぜか別の歌を引っ張ってきたりしましたが、まぁ、最後まで書けたから良しとします。

しかしそろそろ30枚前後を書くのが本気で厳しくなってきたぞ……。手元にあるメモの「ストーリー原案」はどれも長編になりそうなものばかりなのが辛い。
そのぶん、長編を書けって話なんですけどね。




さて、明日は授業終了後、即座に広島に帰省します。
そして1・2時限にテストがあります。……何が出てくるか絞ることができず、「今までの授業を見なおしておけ」という曖昧な指示しか飛んできていないテスト。はてさて、どうなることやら。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/28 19:34 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1576-d5b56134











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。