スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル読了『Rewrite ノベルアンソロジー3』

<読了>
『Rewrite ノベルアンソロジー3』
著者:小椋正雪、桃山ふみか、たねがしま鉄炮
レーベル:VA文庫


今月5冊目。


「耳かき一杯の、幸せ」
例によってこれが目当てです。幸せになったのは読んだ私でした。

文章内に、本編を完全にクリアしているとちょくちょく笑えるネタが入っているのが笑えます。
「こんなことすると、いつか瑚太郎に似たようなことやり返されますよ?」の一文に大爆笑しました。それだけ見るとよく分かりませんがmoonルートを見た後なら……。

他、本編の結構深いところまで突っ込んだ話をしつつ訳の分からないギャグに転化させつつ、最終的にはニヤニヤさせていただきました。
やっぱりこの作者は大好きです。


「神秘の森にマンドラゴラを見た!」
タイトルが本編内にてネタ名前になっていても違和感のない、なかなか分かっている文章。

内容自体はあれ? 続き物? と首を傾げそうになるストーリー。
相変わらずこたさんはなかなかに主人公をやっています。ヘタレなところもこたさんらしいです。


「ちはやがロボって本当です?」
うそです。
……と、某AAを貼り付けたくなる今日この頃。

内容としてはルチアとちはやの話。ルチアがちはやロボ関係の話にやたら乗ってきたのはそういう意図があったのか……と解釈するとなかなかに面白いです。
ちはやの馬鹿力性能は今に始まった話ではありませんが、理解できない人を集めて真面目な話を作るとなかなか面白いことになるんですねぇ。

ただなんかちはやの性格がビミョーにずれてた気がしてなりません。どっかルチアと混合してない?
関連記事
スポンサーサイト
[ 2012/02/25 22:33 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1571-46c61bdb











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。