スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴァイスシュヴァルツ「契約をせまるキュゥべえ」「生きるための願い マミ」

連日、トライアルカードが公開されていましたが、今日はブースターからの公開でしたね。
巴マミを出したかったのかな?


「契約をせまるキュゥべえ」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、黄
<宇宙人><魔法>
永:他のあなたの<魔法>のキャラすべてに、パワーを+500。
永:あなたが自分のキャラの「チェンジ」のコストを払うとき、このカードの下のマーカーを、ストック1枚のかわりに控え室に置いてよい。
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置く。


やっぱり黄色はマミさんとキュゥべえかよ……。

さて。ようやく原作再現っぽいカードが出てきました。特徴が全力でネタバレをしていますが気にせぬよう。
まず<魔法>バンプ。これはいいとして。
面白いのがチェンジ時コスト代行効果。なるほど、「魔法少女にさせる」んですね! ……いやあホントよく考えられてるわこれ。その発想はなかった。

この効果が有効的なのはレベル1→2くらいかと。場に出して山札からマーカー引っ張り→そのターンにチェンジということができれば、仮にCXを噛んでしまってもリフレッシュでどうにかなるのが強い。
もっとも有効的なのは、チェンジタイミングがクライマックスフェイズの「なのは」「禁書」と合わせる方法。
特に「なのは」は<魔法>主体のため、魔法バンプ効果も無駄にならない。

レベル1やレベル2帯に+1000などの優秀な応援を置きたい場合、それまでにこのカードを置いてマーカーセット、チェンジをさせたらさっさとチャンプなり圧殺なりするといいかも。
レベル0帯でこのカードを出すなら、「ちび篝」や「小悪魔 杏」などのデッキトップと合わせれば、CXが噛むことも少なくなる。



「生きるための願い マミ」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー2500、黄
<魔法><お茶>
永:あなたのターン中、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
自:チェンジ [1 このカードを控え室に置く]あなたのドローフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「宿命を背負うマミ」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


<お茶>かよっ!
と突っ込みましたが、魔法少女形態じゃないのなら納得が行く……いやいやそこは<お菓子>だろ! そっちの方が他カードとの連携は楽なのに!
ティロ・フィナーレを撃つマミさんが<武器>であることを切に願います。
……最近では“電柱を振り回してる子に<お菓子>がつく”世界だからなぁ……。

さてカード考察。自ターンパワーバンプは他の黄色でも同じく。注目すべきはチェンジ。
まあチェンジ先がまだ公開されてないのでなんとも言えませんが、レベル1になったら上のキュゥべえと一緒にこのカードを後列に出し次のターンでチェンジ。出番を終えたキュゥべえは原作の恨みとばかりにチャンプさせてマミさんは暴走開始! ……というのが1番理想的かと。

ただカード名から考えて、このマミさん、もう1回くらいチェンジしてしまいそうな気が……。
CXシナジーの有無、能力時の必要コストなどを考え、緑のストック確保を並行して用いると安定するかも。

なおチェンジにしては珍しく「このカードを控え室に置く」がコスト。思い出肥やしは諦めよう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1542-1967b1d2











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。