スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『さくら荘のペットな彼女6』


さくら荘のペットな彼女〈6〉 (電撃文庫)さくら荘のペットな彼女〈6〉 (電撃文庫)
(2011/12/10)
鴨志田 一

商品詳細を見る


今年度限りでさくら荘がなくなる──理事会が下した決断に、ショックを隠しきれない俺たち寮生。理由は建物の老朽化だというが、なぜこんなに急に……? もちろん納得できない俺たちは、学内で決定撤回の署名活動を行うことにする。その最中、寮がなくなる本当の理由が、世界的天才画家であるましろにあることが分かる。つまり、ましろが寮から出て行けば、さくら荘は存続する。だけど、それでいい訳ないだろ!?
 必死に署名を集める俺たちだが、龍之介は「絶対に集まらない」と手伝わないし、俺のゲーム企画の最終審査結果と七海のオーディション結果もついに発表になる。そして近付く卒業式、果たして俺たちは、美咲先輩と仁さんを笑顔で送り出すことは出来るのか──!?


今月6冊目。






……このシチュエーションは卑怯だろ……ッ!

あらすじというかそれ以前に、5巻の引きとイベント(卒業式&美咲と仁の別れ)が決定している以上、もうそれだけで感動するのが確定している1冊。強いて議論するところがあるなら、美咲先輩を残したのは正解か否か。
この話を最終巻とするならやってはいけない引きですが、まだシリーズが続くなら正しい選択だったと思います。
なにせ3年生組が抜けたら残りは空太・ましろ・七海・龍之介、それから千尋先生。

――うん、話が成立するとは思えないねっ! 龍之介関係の話をしたらもう終わっちゃうね、あとの3人は結論が出てるんだから!

ということで、いかにこのシリーズで美咲先輩が重要かが再確認できる話でした。



戯言はともかく。

3巻付近から毎回言っている気がしますが、ホント感動しました。卒業式のシーンは泣きっぱなしでした。
今回は前提が前提だけに、ギャグ要素は少なめか……と懸念していましたが、ところどころに日常シーンを差し込んでギャグ化した上に、「もうこういう日々も終わりなんだ」という哀愁感すら漂ってくる始末。日常シーンのかき分けが上手すぎます。

加えてストーリーが今までよりさらに練られています。
やっていることは単純というか、それぞれのキャラの最重要課題、あるいはそれに直結する問題を矢継ぎ早に叩きつけているだけなんですが、それは今まで積み上げてきた話があるからこそ、ここで輝くって感じです。
例えばこの内容を、読み切りの話でやったらエライことになります。1000ページあっても足りません……ってのはちょっと極端ですが、中途半端になって終わると思います。

ここで1つ区切りを。

そういう意味で、卒業式というイベントと絡めたのは非常に上手いのではないでしょうか。
不可避の別れと回避できる別れ。既に何かを失うのが確定している中で、さくら荘の面々はどうするか、という舞台だけで既に垂涎モノです。

あとは“絵”。今のましろにとって、絵とは何で、自分が描くものは何なのか。その答えが最後に出たのが素晴らしかったです。
というか、同じ絵から2つの意味を醸し出し感動を生むのも、王道的ですが感動します。王道的だから感動するのかもしれません。

なかなかうまくいくことのない、青春を駆け抜ける人たちの話。
ファンタジー要素ゼロの、王道を突っ走る学園モノとしては、最上位の物語としても過言ではないと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/18 21:04 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1459-03a48d59











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。