スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』


ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)
(2011/10/25)
三上 延

商品詳細を見る

鎌倉の片隅にひっそりと佇むビブリア古書堂。その美しい女店主が帰ってきた。だが、入院以前とは勝手が違うよう。店内で古書と悪戦苦闘する無骨な青年の存在に、戸惑いつつもひそかに目を細めるのだった。変わらないことも一つある―それは持ち主の秘密を抱えて持ち込まれる本。まるで吸い寄せられるかのように舞い込んでくる古書には、人の秘密、そして想いがこもっている。青年とともに彼女はそれをあるときは鋭く、あるときは優しく紐解いていき―。

今月3冊目。
初版発行は10月25日ですので、今月新刊という訳ではないのですが、ちょっとこれは別途で感想を書きたかったので。




うわお。

……の、一言で終わらせてしまえば、それは感想ではなく語彙力不足の顕現だけになってしまいますので、もう少し真面目に感想を書きたいと思いますが……。

うわお。



さて。これまたいくつかのエピソードから成り立つ、短篇集ならぬ中編集です。
1つ1つのエピソードが独立している中、全体的にシリーズとして少しずつ動いている、という感じです。

まず第1話。個人的にドツボでした。後から考えてみれば簡単な伏線なのですが、それを回収しただけではなく、そこから上手く切り込んでる。人間関係や心情描写、価値観の違いなどを重視しているシリーズですが、この話もその一環だと思います。
他人ごとと思って揶揄したら返ってきた、というブーメラン。
1巻でもよく見られた光景ですが、これは……む、むず痒いっ!

そして相変わらず栞子さんはあらゆる意味で規格外の存在でした。

第2話は主人公サイドの話。最近のラノベだと、主人公の過去にヒロインが絡んできててんでわんやになって、最終的にハーレム展開……となりがちですが、この作品はそこまでラブコメに走っていません。走ってはいませんが……主人公の過去に対する決算と、そこに栞子さんが絡んできたことによる、彼女の心境変化とか。あるいは主人公の感情とか。そういうのがよく表れていて、やっぱりむず痒さに悶える話となりました。

この辺でようやく気が付きました。このシリーズ、栞子さんで楽しむ作品じゃね?

第3話は栞子さんの過去話(一部)。母親について断固として触れようとしない栞子さんの、“過去、母親も通ったエピソード”です。
善意の第三者がキーワード。何も知らない者同士だと美談で終わる話が、事情を知る人、あるいは察せる人が絡むとこういうことになってしまいます。
そういう意味では、栞子さんの推察力は必ずしも良しとはならないのかもしれません。
この辺り、探偵物でも共通するものがあります。探偵物で1番苦しむのは探偵だって、どこかで聞いたことがありますが、本当にその通りかなぁと。

しかしそんなのとは関係なく栞子さんのキャラが素晴らしかったです。



……とまあ、ところどころ馬鹿なことを言っていますが、私の解説・感想としてはこんな感じ。

むしろこの人間関係に恋愛要素を下手に入れると萎えますが、主人公が栞子さんを異性として意識している描写などが面白い。奥の深い、あるいはコクのある恋愛っていうのはきっとこういうものなのでしょう。
これからも主人公には頑張ってほしいです。
恋が叶わないからこそ面白い恋愛物語ってのも、あると思うんです。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/12/05 23:50 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1440-d3815427











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。