スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

最近、迷わなくなってきた

元々、今日・土曜日は4限目から「1年生の合評に参加してみようぜ」という話が持ち上がっていました。
私も参加する予定でしたが、前日の金曜日。急に“土曜日に特別講義が入った”というメールが学校から来ました。
この時、クラスメイトには、

・1年生の合評に参加する
・特別講義に出る
・なんもせず帰る

の選択肢があったと思います。なんか迷ってる人が多かったですが、私は昨晩のメールを見た時点で「んー、特別講義か、楽しみだー」と決めていたので、全く迷うこと無く特別講義に。
最近、こうやって迷わず物事を決めることが多くなった気がします。失敗しなければいいけど。

で、今回の特別講義。私たち生徒以外にも、一般の方も参加する、講義というより“作家さんたちによるトークショー”だったのですが……なんか聴いている側の人に作家さんがゴロゴロ混じっているというとてもとても恐れ多い空間でした。
場違いだって、私達……。

まあ、長くて疲れましたけど、とても面白い話でした。換骨奪胎という形で、1つの物語の骨組みまで解体して新しい話を、2~3時間ほどで作る、という技術はホント凄いと思います。プロって感じです。


……。
…………ごめん、じつはものすごくねむいんです、へんじしたらねさせてください(更新はしますけど)


追記より拍手返事。





<拍手返事>
K.S
お久しぶりです、つっきーです。

『いなかみち。』の話。……あー、よかった。と安堵の息を吐く私。そしてちょっと落ち着きなされほらこれお茶。
キャラの原案を頂いておいて、ぞんざいに扱うわけにもいかないでしょう……。個人的見解が混じりますが、今までワンテンポ置いて話していた詠美だからこそ、あの一言では三点リーダーを消去してみました。書きながら、こーいうの映像で見てみたいよなぁ、と思っていたのを記憶しています。

とりあえず詠美の話は一段落……とはいえ、またいつか出てくることにはなるでしょう。

涼は……いえ間違ってもロで始まるあれではありません。気がつけば過去主人公内でぶっちぎりの変態となっていましたが。
とりあえず恋愛感情を頑張って理解しようとしているとか、恋愛という存在を持て余しているとか、そんな感じです。

美風について、次の話で解決します。これを書いた後に更新してきますので、お時間がございましたら読んでやってください。
あと実桜のりょーきてきなこーどーにはご期待なさらぬよう。毒舌と、軽い暴力行為で許してやってください。
タイトルは、……あれ? 第9話あたりでこの言葉は出した記憶があるのですが。

実桜「大好きは何に対して? ……嫌です、言いたくありません。
嫉妬ってなぜするか? ……そんなの、私自身が1番わかりませんよ。
不安に思ったりする心が、妬みに変わったような気はするんですけどね。……恥ずかしいので言及しないでください、ぶっ刺しますよ?」




音桜
あー、テスト勉強の季節ですね、そういえば。一夜漬けして赤点を取った日には、今後しばらくの間あなたのことをリアルネット問わず「ねーさん」と呼び続けますのでよろしくお願いします。

『いなかみち。』。書いている私が悶えに悶えている小説です、ええ。実桜って可愛いよね。
……なんてことを言っていると上あたりから実桜が出張してきそうな気がするのでこの辺で。詠美の告白云々は、えー、どこまでが原案に記されてたっけ……。けどまぁ、こうしてみれば涼の心境と本音が分かるんじゃないかと。
ちょっと詠美は「ドンマイっ!」って感じになっちゃいましたが。

第12話・13話(青春如何の会)でのアレは、非常にわかりにくいかもしれませんが「明確にくっついた訳ではない」と把握していただければと。ちなみに涼が実桜を泣かせた場合、私が赴いて涼をフルボッコにしてきます。作者なのに。
美風はむしろ、何をどうすれば泣いてくれるのか聞いてみたいものです。……いや、泣かせたいとか思ってないけど。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/11/26 23:51 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1432-8d19a4d7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。