スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今から見てみようと思うもの

ちょっと昔のラノベやアニメを見たくなりました。
ということで、今から挙げる物についてご存知の方。こんな感じでオススメだよっ! というのがありましたら是非教えてください。




『迷い猫オーバーラン!』(原作)
なんか5巻あたりまで読んだのは記憶していますがそっから読んでいません。家に6巻くらいまではあるんですが、果たして優先的に読むべきなんでしょうか。

『アクセル・ワールド』(原作)
1巻だけ読んでいます。アニメ化が決まったそうで、個人的に1巻は結構好きな内容ですが……。
2巻と3巻もありますが、どうにも手に取る気にならないんですよね。なぜか。

『人類は衰退しました』(原作)
こちらもアニメ化するらしいですが……2巻まで既読。正直に言えば、これは「なんとなく読みたいから読む」っていう感じのラノベじゃないかと。ただラノベでもよく名を挙げられるので、読んでおくべきな気もします。

『狼と香辛料』(原作)
古本屋で買って以来1冊も読んでいません。正直、どんな話でどう面白いのか見当がつかないというか。
私は基本的に前情報なしに本を読むタイプなのですが、これは少し情報を知りたいと思います。

『灼眼のシャナ』(原作・アニメ)
これはもうアニメでもいいです。中学の頃、最初の15ページで断念して以来手に取る気すら起きませんでしたが、なんか読んでみよっかなぁと思っていなくもありません(どっちだよ!)。

『かのこん』(原作)
既読7巻で、4巻はスキップした気がします。なんだったっけこれ……ただのラブコメだったような気が……。

「Angel Beats!」(アニメ)
最後にアニメ単の。Keyのアレなんですが、見よう見ようと思いつつ見ず、なぜかカードゲーム:ヴァイスシュヴァルツでデッキを組みつつあります。原作を知らないのにデッキを組んでます。こいつアホだ!
ゲーム化を待とうと思っていつつ見ようか見ようかと悩みつつ。



ということで、オススメなのがありましたら是非布教してください。
もちろんここにないものも、こういうのがいいよ、というのがありましたらお願いします。
できればラノベか一般小説がいいなぁ……。アニメは実際、あんまり好きではないので。




追記よりコメント・拍手返事。
そういえば……いえ、誰かに指摘されたとかではありませんが、この前の本サイト「漆黒色の物語」更新、たぶん10月27日ではなく10月26日の筈なんですよね。日付表記をミスってました。






<コメント返事>
ゆら
まずコメント返事をしていなかった件について。申し訳ない、ただ言い訳するなら、「私が日記を書き終えた時間」が「あなたのコメントした時間」より僅かに早かったみたいです。本来なら追記して返事するべきでしたが、まぁいいか、と流してしまいました。ホントごめんなさい。

ということで2回分の返事を。
まずプロットについて。私はプロットを作らないと話がグダグダになって終わるタイプなので……。

価値観の違いについて。確かに人間だから仕方ないのですが、私は議論の際「価値観が違うから」と決着をつけるのが大嫌いなんです。それは万能的な一言であり、逆に言えば思考停止のキーワードでもありますから。

「迷宮の十字路」。私もいつか、暇を見つけて京都巡りしてみたいなぁと。

水曜日に休んだ件。いい加減、まともに寝ずに物を書いた結果があの有様です。

で、なぜ物書きをしているかの話への返事。それこそ起源とか根底とか何かあるのでしょうけど、なかなか探っても見てないものがあります。人間って不思議。




<拍手返事>
nora
『いなかみち。』。あはは、誰も彼も大暴走した1話でした。楽しんでいただいて幸いです。
次回は……ほのぼのといちゃラブとコメディみたいになるかな? たぶん明日か明後日に更新すると思います。ごゆっくりお待ちください~。



K.S
お久しぶりです。

キャラクター原案について。いや、たぶん砂代美奈の方は採用させていただくと思いますよ。

『いなかみち。』について。詠美の話は……いや、まだここからなんですけど……。少し美風の話を挟んでから詠美の話を入れたいと思います。少々お待ち下さい。
文字化け文章について。確認し修正しました。申し訳ございません、そしてご指摘ありがとうございます。
あの現象は実は今までに何度か起こっているんです。原因は不明。確認はしているのですが、たまに見落としてしまうんですよ……。ごめんなさい。

感想への返事。あはは、できれば八桜も絡めたかったのですがさすがに無理がありました。因幡さんの戸惑いとか変態化とか、実桜の嫉妬みたいな何かとか、書いている私もすごく楽しかったです。
ラストの詠美だけがシリアスパートっぽいですが、あの話はもう少し後で発展させます。ある意味、詠美の話が始まった、という感じかも。

涼は……一応ハーレムですが、誰も彼のことを明確に好きとは言っていないという。まぁ1番困惑する、よくあるパターンではございます。
これからはとりあえず美風の話を挟み、詠美の話を繰り広げたいと思います。

『お兄ちゃんだけど(略』について。よりによってそれを選びますか……。那須原さん、私も好きです。というかあのぶっ飛んだ会長さん&自重しない妹のせいで、彼女とかギンと主人公が喋っていると妙に安心するんですよね……。2巻以降も楽しいですよ。のんびりお読み下さい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/28 23:59 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1404-17efb1ea











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。