スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『小春原日和の育成日記4』


小春原日和の育成日記〈4〉 (電撃文庫)小春原日和の育成日記〈4〉 (電撃文庫)
(2011/10/08)
五十嵐 雄策

商品詳細を見る

「え、えへへ……お、おにーちゃんとひとつになれました」
 貧乏アパートで暮らす地味っこ・小春原日和の“おとなのじょせいになりたい”発言から始まった改造計画第4弾は、海の家での『夏期職業体験実習』。超セレブなお嬢様たちと一緒に初体験の海の家でドキドキアクシデントばかりかと思いきや、鷹匠光琉の出現と隣に建つ鷲津家のリゾートホテルの存在により、事件は思わぬ展開に──!?


今月4冊目。





悪く言ってしまえば。

何も起こらなかった回。

良く言えば。

ちょっと仲が進展したラブコメ+ほのぼの。

……と、読者によって意見が真っ二つになるんじゃないかなと思う本です。
私的にはこのシリーズ、ほのぼのもラブコメもありながら「障害」が割と深刻だったり、相当の力を入れないと乗り越えられないことばかり、そして内容が大半「庶民には分からないこと」ということで面白かったのですが、今回は舞台が海の家という「外」でのことなので、ちょっと色が変わった1話です。

この「色の変わり方」が、私はちょっとだけ残念というか、いわば、

「作者の書きたいことはよく分かる。けど、それはこのシリーズでやるべきではなかったのでは?」

と思ってしまいます。
もちろん鷹匠光琉のアレ(料理のこと)はこのシリーズならではの悩み・解決法・ほのぼのだなぁ、とは思いましたが、他のことは……例えば海の家の問題解決については、主人公やヒロインが「上流階級側」(お嬢様学校側)ということで、むしろ“だからこそ”なのかもしれませんが、んー、他の人にやらせればなぁ、と思わざるを得ません。

もうちょっとこう、立場的なところから色々と掘り下げての葛藤とかがあるなら“だからこそ、彼女達にこの問題を取り組ませたのか!”と感心するんですけど、こうもあっさりクリアするとなぁ……どうしても“彼女達が取り組むべき問題だったか?”って感じがします。

んー。

どう……なんでしょうか。
こればっかりは私の偏見が随分と入っているような気がするので、断言できないんですけど……。

もちろん、掘り下げ過ぎない方が読みやすいですし、そもそもレギュラーキャラが5巻の時点で主人公+5人+ダメトリオ、その上、1巻ごとに1人増えているので、いちいち1人ずつ心境を描写していたらエライことになりますし、たぶんこの作者はそれをよしとしない(やるとしても、前作『乃木坂春香の秘密』の13巻みたいに、ある程度巻数を重ねてだと思います)ので、4巻時点ではこれでいいのかもしれません。

ですが、これじゃ物足りない、という感情があるのも事実です。

うーん。

もうちょっと巻数を重ねて、シリーズを読み続けて、いつか「ああ、この頃はこうだったなぁ……」と懐かしむ用、と考えるのもありかもしれません。
まだ人間関係もそこまで大きく変わっていないですし、このメンバーが離散するような危機にも陥っていませんから。

色々と難しい1冊です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/11 00:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1390-1d789f05











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。