スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメ感想:C3 -シーキューブ- 第一章「布団に移るものを知らない」

キャプチャとか面倒なことはしないで、ニコニコ動画で見たりその辺で拾ったりしながら見てみる予定です。
語るだけなので、分からないところなどは実際にご視聴くださいとしか。
今後のアニメ感想はこういうスタンスでいきます。
このブログでアニメ感想が書かれること自体が珍しいですしね。

さて「シーキューブ」。あらゆる意味で不安なアニメですが。






<感想メモ>
・最初に春亮とフィアが会話しているシーン(ほうじ茶の所)の音楽がものすごくKeyっぽいと感じたのは私だけだろうか?
・このは、お前誰だ。
・というか音楽が全体的にKeyっぽい気がするのは何だろうか?
・そしてニコニコ動画のコメントにもあったけど、春亮の制服、あれリトバスの物に似てない?

・スタッフにKey好きがいる!(帰れお前)




典型的な(?)1話詐欺アニメ。このアニメ、ラブコメでもなければコメディでもありません。この調子で見てると某魔法少女のごとく痛い目を見ます……いや誰かが死んだりはしない筈ですけど。

商店街パートはかなりオリジナルが入っていた……っけ? 第1巻を読んだのは相当昔+そんなに読みなおす本でもない、ということで記憶が曖昧ですが、なんかそういう話があったにはあったと思います。
ラノベ原作のアニメにしては珍しく、カットすべきところをカットしながらオリジナルを混ぜ、描くところは徹底的に描く、という感じ。これだと1巻を4話くらい、3巻辺りでストップでしょうか? さすがに4巻のアレはかなり精神的にキツイものがありますし。

とはいえ、最近のラノベ原作アニメは巻数さえ無視することが多々ありますから、なんとも断言できませんけれども。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/10/05 21:21 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1382-7b21465b











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。