スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

火種は月曜まで

……“月曜”を“月末”って言えないのが悲しいですけどそんなことはどーでもいい。

本筋に入る前に1つ連絡を。本サイト「漆黒色の物語」連載中『いなかみち。:因幡美風の物語』。次回更新は9月10日くらいになると思います。遅れてごめんなさい。というのも、

・昨日の日記に書いたとおり、ここのところ体調不良が酷くて小説を書ける状態になかった。
・第4話は本来、“クラスでの会話”→“因幡松風との会話”の後に“因幡美風との会話”を入れる予定でしたが、容量的にアレなのでカットしました。が、こうすると第5話が丸々、因幡美風との会話になりますが、まだほとんど書けていません。ということで書くまでもう少しお待ちください。
・そして私的にこれから数日間、ちと忙しくなるのが……。

ということです。ごめんなさい。




本筋に入りましょう……といっても、あんまり語ることはありません。

今日の3・4時限の先生が酷いんです。

……ええ、まあ、私はさほど思わないというか、私自身、他人に苦痛を抱いたりしないタイプなので流せるのですが、周りの人がストレスを溜めまくっているみたいです。
その先生がどんなのか、具体的に言うと、

授業は「映画を見て感想を書く」のに、

・感想で批判するとかなり点数が低くなる
・感想で“先生と同じような意見を書く”と点数が高くなる

はい、この時点で雲行きが怪しいですね。さらに、

・生徒が「好き」だと言った映画は基本的に批判される
・映画感想に対するコメントが酷い
・妙な精神論の話を始める(いえ、精神論自体は好きなのですが、「世の中は運命で決まっている」とか言い出した時はさすがに苛立ちました。テメエうちの学校がどういう学校か知ってんのか)
・映画評論家、という割にはレビューが“普通の感想っぽい”
・自分の意見ゴリ押しでこっちの話を聞かない

この上で最悪なのが、

・人には「批判は誰でもできることだから、できるだけ批判しないように」と言うのに、向こうはこちらを批判ばかりする

……と、まあ苛々してしまうのも仕方ない先生ではあります。

個人的に見解を述べるのなら、たぶんこの先生は「思ったことを疑問に思わず口にする」タイプで、かつ「自己中心主義が強い人」だと思います。
これが“友人”というカテゴリに収まる人ならいいんです。……いえ、自己中心主義が強い人ってあまり好きじゃありませんが、裏表がない性格って割と好きですから。

ただこれが教師となると……教師というのは、大人の中でも“考えて物を喋らなければならない”職業の上位にあたる存在でしょう。
そんな教師が「言いたいことを周りを考えず言う」というのは如何なものか、と、

本日、クラス6名(私含む)が、直訴しに行きました。要求は「あの先生を変えてくれ」。

……いえ、発案者は私じゃありません。私は乗っかっただけです。あとまとめ役を司っただけです。
あと、先生といってもその先生に直接言いに行ったわけではありません。“自分の意見ゴリ押しでこっちの話を聞かない”人ですから。

直訴した先生は別の先生です。担任……みたいな人です。厳密には違いますがまあいいや。

とりあえず私達のほとんど愚痴に近い話を30分ほど聞いてもらい(先生、マジで寛容)、とりあえず現状を把握してもらうこと、なんとか対策してもらうこと、月曜日にさらに別の先生に話す時間を約束してもらいました。

果てさて。まだ火種を撒いた程度です。

どうなるんでしょうね、これ。また月曜日までお待ちあれ。




なお「生徒が先生に直訴するのは身分をわきまえてないのでは」という意見が出てきそうなので先回りしておきますが、あくまで私達は「お願いします」という立場で赴きました。
無論、これで先生側の事情により何の対策をされなかったとしても、私達は食い下がることができても文句を言うことはできません。
最善は「後期の授業から先生を変えてもらうこと」ですが、どこまで叶うかは私自身、全く想像がつかない状態です。

それとあくまで、私は“面白がってるだけ”ではありません。
確かに面白がってるのは認めますが、それ以前に「みんなの環境が改善すればいいな」という考えでサポートに回っています。
例えそれが「自分の“人を助けているつもり”という自己満足のためだ」と批判されたところで、そうかもしれないと認めながら活動を停止するつもりはありません。

……ま、月曜日にまたご報告します。




追記より拍手返事。とても遅れて本当に申し訳ない。






<拍手返事>
音桜
『いなかみち』。“きょー”とあだ名が付きそうなキャラって、言われてみれば結構いっぱいいるかもしれませんね。……全く考えていませんでしたが。
なお後に実桜や美風にもあだ名がつく予定です。予想が当たってるか否かはその時までお楽しみあれ。

のほほん。ええ、のほほんです。『いなかみち。』は“ほのぼの”です。今度こそ本物のほのぼのです。第5話もこのまま続きます。……桔梗・蓮華組がちょっと不穏なのはまあ、ね。
嫉妬深いのを描写するとどうしてもヤンデレっぽくなっちゃうものです。

たいふー。夏休み前だと、どうしても休校=テンション上がってきたー、になっちゃいますね~。今だとちょうど、学校に体が慣れてきた頃ですから、「もー……」ってなっちゃうかもしれません。
台風のせいで。台風のおかげで。
この話は色々な方から色々なご意見をいただけましたが――残念、みなさん、「学校が好き=台風のせいで、学校が嫌い=台風のおかげで」までしか考えてらっしゃらないようで。
いえ、長々と精神論を語られるとそれはそれで私が若干困るというか、返事が長くなっちゃうので、まあこれでいっか☆



柊翔
……本当に、ほんっとうにごめんなさい! 「死なない程度に頑張ってください」というとてもありがたいご声援をいただいておいてなんですが、ちょっとその辺に埋まってきたい気持ちでいっぱいです。
第4話に関しましては修正しました。修正したのは確か昨日の夜です。
ええ、もう今度からは掲載する前にしっかり確認致します。もう本当に申し訳ない……。

えー……『いなかみち』の話……。正直、新規キャラの中では桔梗が1番、動かしにくい感じがしました。いえ、もちろんあなたが悪いわけではなく、私があまり書かないキャラだからです。「こんな感じかなぁ……」と疑いながら書き進めましたが、どうやらイメージに合っていたようで。よかったです。
もうこの時点で尻に敷かれてます、桔梗。

もう1人の原案拝借キャラ、水七掛詠美。勝手に変なあだ名をつけちゃいました。謝りますが反省はしていません(オイコラ)。ラジオドラマシリーズは……自分で書いておいて「なんじゃこりゃ……」状態です。いつかあらすじくらい書けるといいなぁとか思っちゃってます。

……しつこいかもしれませんが、重ね重ね、誤字の件に関しましては申し訳ございませんでした。



K.S
こんばんは、つっきーです。

変人うんぬんの話をしたのは……ええと、9月5日でしたか。台風の話は確か9月3日。本当に遅れてしまってごめんなさい。
さて。私的に、失礼を承知で申し上げるなら、このブログの常連者の大半はちょっと変わった方だと思います。「類友」。
ただ、「どこが違うの?」と聞かれて首を傾げるのでしたら、まだ「ちょっとへん」くらいかもしれません。
まだ希望はありますよ!(なんのだ)

さて、色々と失礼しました。
『いなかみち』。またしてもというか、ここからしばらく新規キャラ4人がメインで進みます。きっかり実桜・八桜も出しますけどね。
とりあえずは全員からめてみました。まさか「きょー君」から某憂鬱を連想されるとは思いもよりませんでした。

水七掛育美。ぶっちゃけ部活の設定など何も考えていないのであれでいいんだと思います(他人ごとかよ)
なおタイトルはあくまで“八坂涼を視点に考えて”なので、東風高校には普通にたくさんの生徒がいます。
あまり厳密には決めていませんが、問題はないでしょう。

ファンタジーについて。どういった感じ? ……さあ。
あ、いや、ちょっと待って。石を握るのはまだ早いです。
だってほら、まだ第2章(因幡美風の物語)を書き終えてすらいませんし、第3章のキャラ募集もスタートしていません。つまり、まだそこまで考える余裕がないのです。
なので申し訳ありませんが、今のところ明確な答えは不可能です。
一応、「『いなかみち。』の舞台に、数名の異能者が紛れ込んでドンパチやらかす」までは決定しています。どうせドンパチの規模はさほど大きくありません。
この辺りは次回の募集までお待ちください。

涼が空をぶっ飛ぶ時、「そらをとぶ」を絡めたパロネタを書いてみたかったのですがどうしようもありませんでした。あはは~。八坂涼がポケ○ン化したらたぶんタイプは「ノーマル・氷」あたりでしょうか。格闘4倍。

ツンデレについて。まず思うのは、元祖は涼宮ハルヒで始祖は七瀬留美、流行りは御坂美琴だと思います。
……はい、色々な意味でごめんなさい。ツインテ金髪ニーソもいいとは思いますが、最近「ツインテ+金髪」で小動物系後輩キャラの話を目にしたので、どうにもイメージがおかしなことになりつつあります。
最近のツンデレ事情は一体どうなってるのでしょうか……?

そして、実桜へ。

実桜「これでもそれなりには積極的ですよ。……ああ、まだ第7話まで掲載されてないんでしたっけ。そんなにがっつきたいとは思っていませんから、これくらいを維持させてください。

「結局」「大体」……被っている部分があるんですか? ふうん、自覚はありませんでした。

で、質問ですね。遊ぶ、ですか。テレビをつけっぱなしにしてあれこれ喋るだけでも、私にとっては“遊ぶ”なのですが。
そうでなければ……しりとりや簡単なクイズなど、頭を使うものがいいですね。
八桜が嫌がるでしょうけど」
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/09/08 21:29 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(1)

 またまたお久しぶりです(笑。

 ゆらは完璧主義者ではないなあ。完璧に完璧には疲れますし。あ、でも仕事(バイト)に置いては完璧にこなすように頑張っています。

 学校は多少妥協しても提出する。出来より提出に重きを置いているのかな。学校も仕事も完璧にはそれこそ自己破壊。ゆらの日常生活なんてぐーたら(笑。 完璧主義者な真面目だけじゃダメ。自分が壊れちゃうからね。手の抜きどころを分かっている人が本当に強い人なんじゃないかな?

 つっきーはクラスでは常識人な方で、一般的にも常識人。でも変人じゃないかなあ(悪い意味ではなく)。思考とか考え方が普通じゃないというか。脳内思考が?

ゆらは、昔から生粋の変人。だから専門学校は肌に合う。だって、こんなバカな奴をなんの目もなく受け入れてくれるじゃん。友達になってくれるじゃん。つっきーもいい人だと思うよ!

 月曜日は人数もっと増えそうな予感(笑。←
[ 2011/09/09 07:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1348-e99c2f8e











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。