スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

同族嫌悪の対義語?

<読了>
アンバランスな放課後
著者:赤川次郎
レーベル:双葉文庫

今月7冊目。
面白かったけどこの終わりはなんか納得いかねえええ――!

赤川次郎さんの著書では、どれもこれも主人公(大抵が女子)が輝いています。芯の強い女の子を輝かせるストーリーってどんなんでしょうか?
そう思いながら次を手にとってみたいと思います。
実際に書いてみると結構難しいんですよね、サバサバした女子の1人称小説。




「同族嫌悪」といえば、自分と同じタイプの人間に嫌悪感を抱くことです。例えば自分がネガティブなら、何かと後ろ向きの考えで生きている人が嫌になるんです。
ただし世の中とは面白いもので、そういう“自分と同じタイプの人間”が周囲に集まるようできあがっているんです。人はそれを「類は友を呼ぶ」と定義します。

では、この「同族嫌悪」の対義語とは何でしょうか。
私はちょっと思いつかないのですが、ともあれ、自分と同じことをやっている人が輝いて見えました。

何の話かって、今日の夜6時55分からNHKでやっていた、かるたの番組です。

今週は後編でした。競技かるたをやっている小学生が、学校対抗でバトルをする番組です。
今日は「プチ競技かるた」ということで、20枚の札を使用した競技かるたをやっていましたが……。
いやあ、かるたをやっている子の表情って本当に輝いていますねぇ。
よくテレビでは「札を払った瞬間のスローモーション」を映しますが、あの時の表情が惚れぼれします。

みなさんはどうでしょうか。

自分が通う学校とは違う学校が、テレビで特集されたとして――

野球をやってる方は野球をやってる人のことを好きに思うか。
卓球をやってる方は卓球をやってる人のことを好きに思うか。
パソコン部の方はパソコン部の人を好きに思うか。

私は「好きに思う」の傾向が強いかなぁ、と勝手に予想していますが。
みなさんはどうですか?




追記よりコメント・拍手返事。






<コメント返事>
8月25日、23時51分の方
いつもそういうパターンですからねぇ。表で何か大きな、それも政治とは直接関係のないニュースをやっている時、裏では不要な法律案が国会を通過したとか、そんなのばっかりです。
最近ではマスコミが報道してくれない場合もありますから、そういう時に頼れるのはネットです。

私はかなりネット寄りの思考ですよ。
ただテレビは嫌いじゃありません。忙しく無い限り夜のニュースは見ていますし、バラエティ番組を見ることだってあります。
そして、まあ……物を書いてる人間ですから、自分の考えを持たないとなぁ、とは思っています。
それでも随分と周囲に流された人間ですけどね。

本当に、ね。得する損するという範疇から外れることが、どうしてできないことやら……。
地位のある人間だからこそ、抜け出せない損得世界があるんでしょうけどね。
私には分からないことです。



衣兎
ええ、こんばんは。

やっぱり暴力団がよく分かっていないと、「なんで暴力団と関わると悪いの?」って思ってしまいますよね。
特に“助けてもらった”場合、その恩を返したいと思うことすら駄目になっちゃうのですから。
これこそ差別ではないでしょうか。……とはいえ、暴力団が“差別されるべき人たち”なのかもしれませんけど、その辺は分からないです。

でも、島田紳助さんという超大物芸能人が引退せざるをえないくらいですから、暴力団はよほど(悪い意味で)特別扱いなのでしょうね。
それもまた、マスコミによる情報操作・印象の植え付けかもしれませんけど、暴力団について正しく知らない私じゃ、これ以上の憶測なんてできないのです。



<拍手返事>
K.S
こんばんは、つっきーです。
返しの時間については、ご存知だったようで。よかったです。

島田紳助さんについて。上記の衣兎様へのコメント返事とかぶる部分がありますが、暴力団とつながっていたということがそんなに悪いことなのか、私はいまいち納得いきません。それこそ、それがいかにいけないことなのかをテレビに解説してほしいです。……暴力団に恨まれるのが恐くてできないのかもしれませんけどねぇ。

押入れについて。3人共有の部屋なんですか(以前にも話されてたのならごめんなさい)。そうなるとやっぱり押入れしかないのかなぁ……難しい。
なお、本にもカビは生えるそうです。私のクラスメイトがそんな話をしていました。
まあ滅多なことでは生えないでしょうが、たまには本のメンテナンス(?)をしてみては。

そして次の話。……あれ? 自虐したら怒られた? あはは、ごめんなさい……。
小説を書く人の世界は広いとよく言いますが、私の場合は狭い世界で書いている部分があるので、やっぱりもっと世界を知りたいという願望はありますね。

実桜に交代しますか。

実桜「……、…………何でしょうね。私の知らないことですから頭ごなしに否定するのは失礼というか、私が間違っているのかもしれませんが、頬に……そういうことをやるのは著しく間違っているような気がしてなりません。本当にそう思ってらっしゃいますか? 仮に私がされたとして……、……いえ、何でもありません。
教えを乞うのが嫌なのは、ええ、自覚されている通りです。

他には……「鼻をつまむ」「耳元に息を吹きかける」? 確かに先ほどのふざけた提案よりは起きそうですが。
しかし鼻はともかく耳に息というのはなんか嫌なんですが……。
はぁ。まあ、機会があればやってみようと思います。
一応、ほんっとうに一応、教えてくださりありがとうございました。

……? 追記ですか?
本の半額があったんですか。ふうん、羨ましい限りです。私も“本を読む時間”はあっても、“本を買うお金”はほとんどありませんから。そういうイベントがあったら、私も貴方みたいになるのかもしれませんね。
……想像したら果てしなく嫌な気分になりましたが」

関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/26 23:58 ] 日常生活 | TB(0) | CM(1)

こんにちは!

はてさて、“同族嫌悪”の対義語ですか。
自分も分からないのですが“同族好善というものがあればいいなぁと思ったのですが、完璧造語です(笑)

で、えっと、自分の場合はテニスですね。
ふむぅ、自分は他の学校でテニス部が放送されても好きにもならないし嫌いにもならないです。
こう、何だろ?
この子上手いなーとか、この子はちょっと微妙かなとかこの子とやったら勝てるかな?とか、そんな感情が浮かびます。

なので、月影さんとは少し違いますね。

ふむぅ、オチはありませんが、ここで失礼しますね!(笑)

ではでは!
[ 2011/08/27 15:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1339-bfa040aa











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。