スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

去年と同じ感覚で

小説を書く上で重要な要素の1つに「テーマの選定」というものがありますが、小説に何らかのテーマを付与させた時、そのテーマを作中で言葉にしてはいけないんですよね。
例えば「絶対的な勧善懲悪」(どんなケースだろうと勧善懲悪が大切=敵役に何らかの理由があっても、それを退ける主人公を書く、など)と選定した時、作中で「勧善懲悪は絶対なんだ」みたいなセリフを出してはいけないというわけです。
これは明確なルールとして存在しているわけでもなく、ただ単に、そうするとシラケるだけ+想像の余地がなくなり、作者の意見ゴリ押しとなってしまうから、という理由です。

私もよくやらかすミスなのですが、これは何も小説に限ることではありません。

24時間テレビの序盤、今年はランナーが徳光和夫さんですが、そのスターターとして長嶋茂雄さんが登場しました。
徳光さんも、そして周りの人も大いに驚いた他、テレビの前の人も目を見開いたのではないでしょうか。
私もびっくりしました。

で、その時、アナウンサーが「これは(徳光さんの)力になるのではないでしょうか」ということを言ったんです。

24時間テレビは生放送なので、場合によっては原稿通りに進まないこともあるでしょう。
しかし、このセリフはよくないなぁと。
そういうことを口にしたらどうしてもシラケるのではないか、と私は思います。

つまり、「みんなが分かること」を言っちゃいけないんです。

もちろん、アナウンサーですから、言葉巧みに、表現を変えてあれこれ盛り上げないといけません。
だから、その姿勢は間違っていないのですが、選ぶ言葉を間違えた。私はそう思えてなりません。

もしかしたら誰も気にしていないようなことかもしれないけど、私はほら、頭カチコチの神経質さんですから。



そんな訳で、去年と同じ、「評価するならまず見ないと」という気持ちで24時間テレビを視聴中です。

そのために視聴率が増えるとか、24時間テレビを批判するならテレビを消すべきとか、ネット・ツイッターで言われていますが、私的には「批判を前提とした行動」があまり好きではないので、そういった大人の事情をスルーしてテレビをつけっぱなしにしておくことにします。

気になるのは世間で言う節電ですが、私はそもそもこの節電という行為があまり好きではないというか……これはまた後日、改めて語ることにします。

一応、徹夜の準備ということで今日は遅くまで寝ていましたが、さて、今年は寝オチせずに済むかどうか。

27時間テレビはあまりにも酷かったそうですが、あれはなんか今年からおかしくなりはじめたフジテレビ(主に韓流な意味で。そういえば明日のデモはどんな感じなのでしょう)だったからと考えて。
あるいは、今年の震災をネタに同情誘いの偽善ゴリ押しにならないよう、こういう時勢だからこそ、本当に心に響く物を放送してほしいと期待していますが……さて、どうなることやら。



追記よりコメント・拍手返事。






<コメント返事>
菊桜
あはは、ごめんなさい。なんかそっちのブログって、1ヶ月に1回は地雷が仕込まれているというイメージが……あはは……。
でもバトンは楽しめました。お互い、お疲れ様です。

メッセージについては、この記事を掲載した後、拝見することにします。
そうですよね、1年前にやった地雷バトン。ある意味、懐かしくもありました。



ゆら
あっはっはー! ……引っかかってくれたことが少しだけ嬉しい自分がいる。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/08/20 20:59 ] 日常生活 | TB(0) | CM(2)

NoTitle

まぁ
2●時間テレビ自体好きじゃないシロです

勝手に語り出しちゃうのも
どうかですけど、書きますわ

理由としては
視聴者を置いていってる感じがあること
マラソンに何の意味が?ってこと
作り物見え見えの感動なんて
視聴者は感動しないんです

あと、愛とか正義とか
口に出す奴が一番信用できないんです

まぁ、個人の考えですけど
食わず嫌いじゃなくて
嫌いなんですよね

つっきーさんの
節電が好きではない理由も
何となく分かります
[ 2011/08/22 00:36 ] [ 編集 ]

NoTitle

うーん、そこまで考えて見てなかったですねー。

24時間テレビは「おもしろそうなのだけ見る」ことにしてます。
あぁ、ダーツの旅的なんとかーは、見てました、うん。
あと、笑点。←24時間テレビ関係ないですね

視聴率得るためには色々な工夫は必要になるんでしょうけど、それによって感動が薄れるっていうか、興ざめしちゃうこともありますからねぇ・・・・・・。
いかんせん私なんかは感受性豊かすぎるので、「作り物だ」「嘘くさい」「やらせだろ」とか思いつつもしっかり感動してしまう人間なので意見に説得力が欠けるのですが(笑)
結局、本当に人を感動させられる番組をつくるのは難しいということですね。
[ 2011/08/22 18:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1334-37aeb059











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。