スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『回る回る運命の輪回る-僕と新米運命工作員-』


回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員 (電撃文庫 な 15-1)回る回る運命の輪回る―僕と新米運命工作員 (電撃文庫 な 15-1)
(2011/07/08)
波乃 歌

商品詳細を見る


どこにでもいる、平均よりちょっと下くらいの高校生、野島浩平。だが彼の前に現われた美少女工作員・ノアは、浩平が運命を狂わせる存在《イレギュラ》なのだと告げ、なぜか『弟子』として家に居ついてしまう。
 浩平の常識とは全く違う感覚をもつノア。そんな彼女と過ごす日々の中で、浩平の運命は少しずつ動き出して──。
 第17回電撃小説大賞4次選考作。読むと少しだけ強くなれる、明日への小さな一歩を踏み出すための物語。


今月15冊目。







最初の挿絵を見た時「崩子ちゃんが明るくなった感じだ……」と思って微かな期待をしたのですが見事に裏切られました

馬鹿なこと言ってないで感想を述べましょうか。

「決められた未来を知る人によって回る物語」というモチーフ。私の超大好物なんですが、それだけにちょろっとしか用いられてなかったのが微妙に悔しい。エピローグに少し出てくる程度で、あとは主人公の異能力に使われるくらい。まあ話の核がそこじゃないので、SF展開を楽しみたいのなら他の本を読めって話ではあるのですが。

あと、設定やバトル含みにしては割とほのぼのした話です――が、これまた悔やまれるのが「全力でほのぼのしている訳ではない」ということ。
例えるなら日常シーンでギャグ満載のギャルゲーのお弁当シーン程度です……なんだこの分かりにくい例示は。
読んでいて和むって訳でもなく、特に感じる物もないという。時々入る主人公の回想(幼なじみについての)も、もう少し掘り下げてほしかったかなぁというのがあります。この辺はとある“回想がぶっ飛びにぶっ飛んだラノベ”を読んだ後に手を取ったから、という弊害があるのかもしれませんが。

とまあ、ここまで苦言を申してみましたが、個人的には結構好きな話です。

設定はラノベとしてはかなりありきたり。文章が突飛的という訳でもないのですが、なぜか引き込まれて読んでしまう。キャラクターが魅力的というのと、「良い意味で軽い文章」がページをめくらせるのでしょう。主人公の語りも、ラノベにありがちな周りくどい物もなく、自分の欠点を理解していて、かといって完全理性タイプということもない。語り手としてはとてもいいキャラだと思います。

その主人公について、1つだけ文句を言うとしたら、なんかかき回されてほしかった。
起承転結でいう“転”の部分で、割と一直線に話が進むんです。これで内容が超ほのぼの系なら全然構わないのですが、この内容だと……せめてバトルシーンはもう少し、主人公が悩んだり苦しんだりしてほしかったかも。

ですが、中途半端にドシリアスを入れると物語として形が崩れそうだしなぁ。

独特なのでしょうか。この世界が。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/29 21:52 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1305-a91c084d











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。