スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『ベン・トー7.5』


ベン・トー 7.5  箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ)ベン・トー 7.5 箸休め ~Wolves, be ambitious!~ (ベン・トーシリーズ)
(2011/07/22)
アサウラ

商品詳細を見る

祝・TVアニメ化決定!&漫画連載中!!
半額弁当の争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋たちHP(ハーフプライサー)同好会は、一泊二日の旅行に行くことに! 温泉に向かう一同だが、もちろん途中駅で半額の駅弁ゲットを目論む。爆笑必至の短編集!!


今月11冊目。

主人公に語るのとクーデレについて語るのどっちがいいかなぁと思いましたがどっちについて語ってもろくでもない文章にしかならないことが予知できましたので普通に感想を述べたいと思います。






なんというか言葉にしにくい1冊。とてもいい意味で大暴走しています。

いくつか散らばった短い話はそこまで興味がなかったとして、第1話は色々と思うことがありました。
まずはいつも通り白粉さんに頭を抱え(リアルに頭を両手で抱え蹲りあーあー唸ってました)。
まさかの再登場キャラに「あの人か!」と興奮し(その後、白粉さん視点の時に「そっち行っちゃ駄目!」とリアルに叫びました)。
駅の乗り換え時間の奮闘戦は燃えました。

いえ、確かに考えてみれば後の話で著莪あやめが言っている通りなのですが、それでもああやってドラマを生み出すことに興奮しました。このシリーズ、とにかく主人公が頑張ることに定評がありますから。それでいて熱すぎない(=うざくない)、程良く人間をやっている(主に変態な部分)辺りが感情移入しやすく、見ていてはまり込みます。

1話後半、旅館についてからは……白梅さんについて語ると私がえげつないほど変人となってしまいますので今回はスルーするとして。一言だけ述べさせてもらうなら、カラー口絵の彼女を見た瞬間「おおおおお!?」と拳を握ったのは事実です。

で、あの話は……槍水茉莉花に一種の感動を覚えました。これこそ人間がロリの道に堕ちていくということか……! って違う、違う……。
6巻の時にも思いましたが、彼女は抜けているのか全幅の信頼を置いているのか。
後者だとしたら、そしてそれが6巻で見せた主人公の活躍・努力によるものなら、それは素晴らしいことだなって思います。特に彼女が10歳ということを考えると、ヒーローに憧れるってそういうことかな、って。
ヒーローやってる主人公は個人的に好きです。

後は……白梅さんについて語るのは今回はなしにするとして……(しつこい)
ええと……。
……駄目だ、語りたいことが白梅さん関係しかねえ……。割愛!



他の話は……んー。個人的には“生きることの素晴らしさ”を知った結果ニートになった田辺君は幸せになるべきだとか、時を越えて同じ光景を見ることができた槍水先輩(8章)には思わず息を呑んだとか、相変わらず最後にはいいところ持って行きやがるな著莪あやめよ、とか。
1話以外は淡々としているように見えて、色々とつながっている深い話だなと思いました。

鳥頭みことの「眠いからヤダ」は思わず噴きだした。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/22 22:06 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1298-6a692c91











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。