スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Kanon#11(沢渡真琴ルート・happyend) ~鈴~

あと1つ、何かが足りないんだよ・・・・・・!

というのが、終了後の感想。





とりあえず原因は天野さんでした。早急すぎる対応をしたのでバッドへ送られたっぽい。
Kanonは基本的に急ぎすぎるくらいが幸せの道なので、ちょっと意表をつかれましたね。はい。

今まで結構簡単だったのになぁ・・・・・・





さあて。

感想を、懲りずに伏字で書いてきます。

↓ここからネタバレ

他のシナリオが秀逸すぎるせいか、ちょっと地味な話・・・・・・ではありました。

狐の話はもう少し深くしてもいいと思ったし、何よりハッピーエンド、奇跡が起きた後がちょっと寂しい感じです。天野美汐との会話で大まかなことは分かるんですが、それでもどこかしこりを残す話となりました。

ただ、これはストーリーと密接には関係ないんですが・・・・・・

日付が消えてから奇跡が起こるまでが切なすぎる。

あんたらはあれか。私の感動のツボを潰すくらいに押さえたいのか。

だんだんと『失っていく』のがもの凄く悲しいし、その後のプリクラのイベントでやっぱり泣きました。
水瀬親子が一気に好きになった話です。

その後、丘での結婚式―――そして、鈴。

ちょっとずつ、ちょっとずつ失っていって・・・・・・最後にカタンときて、あのあと画面が白くなってウェイトがあるんですが・・・・・・その間、一昨日ばりの(卒業式・くどいが私は2年)号泣をしましたはい。

あの、最後の・・・・・・CGがいやホント、なんというか・・・・・・

あーもう。

この物語で萌えに走れる人がよく分からない。

いやそりゃあ、ギャグ部分を引っ張り出してそう思うのは分かるよ。川澄舞とか月宮あゆうぐぅとかさ。

ただ、

それより他に、見るところがあるんじゃないかい?

・・・・・・まあ、それで二次創作が増えるなら、私は諸手を挙げてばんざーいなんですけどね。,






さあ、次で最後・・・・・・のはず。

最後はKanonらしく、雪の物語を奏でよう。










・・・・・・まーこれが終わっても、CLANNADと乃木坂春香の秘密があるんだけどねー
関連記事
スポンサーサイト
[ 2009/03/03 23:39 ] ゲーム(全般的に) Kanon | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/127-d6f43b63











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。