スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『囮物語』


囮物語 (講談社BOX)囮物語 (講談社BOX)
(2011/06/29)
西尾 維新

商品詳細を見る

かつて蛇に巻き憑かれた少女・千石撫子。阿良々木暦に想いを寄せ続ける彼女の前に現れた、真っ白な“使者”の正体とは…?<物語>はうねり、絡まり、進化する!

“かみついて”、君を感じる罠の中――今月1冊目。






“噛み付いて”と“神憑いて”。ただ単なる言葉遊びでしかありませんが、初めてこのキャッチコピーを見た時には鳥肌が立ちました。後の“君を感じる罠の中”も、どちらの意味でも通じるという。さすが作者。

さてさて。図らずとも今月1冊目になりやすい物語シリーズですが、みなさんはこの1冊をどう読まれましたでしょうか。

とりあえずアニメで千石撫子ファンになった人。……なんというか、ご愁傷さま?(汗)
相変わらず予想の遥か斜め上を行くどころかそこにそびえる壁という壁をぶっちぎって1つの概念を生み出すかのような勢いですね、このシリーズは……。

今巻も前巻『花物語』と同じく、人間の一面を掘り下げる話となっております。
世間でよく言われる「可愛い人」の内面を徹底的に追及した話、という紹介でよろしいのでしょうか。

私は「可愛い人」は、少し難しい存在なんだと思います。

例えばそれが、一部好意を抱く人の前でのみ可愛く見せる、いわゆるぶりっ子と呼ばれる存在ならどうでもいいですし、意図せずとも可愛くなってしまう天然さんならありふれていますが、無意識部分において自分自身が「可愛い」ということに悩む、それがこの物語における千石撫子です。

自分の容姿や性格にコンプレックスを抱いている女子からすれば冗談じゃないと言いたくなる悩みかもしれませんが、持つ者にも持たざる者にも悩みというのは存在するんです。
そして、それをどうにかしなかった結果がこの物語。

えー……つまり、自分の悩みは早めにどうにかしておきましょう、というお話?(苦笑)

さすがにそれはテーマとしてブレまくってる気がしますが……。

あともう1つ。何事が起きても変化しない感情は、強固であり狂気でもある、という考えも得られたかもしれません。
感情が変化しないというのは、確実に確固たる理由があり――
その理由に気付けていないと、こんなことになりますよ、なんて。

まああれこれ考えてみましたが、個人的には「……いやいやいやいや(手をぶんぶん振る)、またまたご冗談を」みたいなお話だったかもしれません。なんか後半が色々と怖かったです。

あともう1つ。読後感として、『花物語』の時間軸を考えると、少しばかり「早く次が読みたい」という感情が薄くなってしまった気がします。
まあ、前巻が1つの青春物語として出来上がっている以上、どうしようもないことなんですけどね……。
あっちをとればこっちを落とす。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/07/01 22:28 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1260-b70dcbab











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。