スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

Rewrite#7(鳳ちはや編):主人公

なんか“ギャルゲーの1ヒロインの話”という枠ではなかった、絶対。






※数字「」は入手Memory:Friendのこと。その都度確認はしてますが、間違ってたらごめんなさい。
※M「」はMemory:Monster、Q「」はMemory:Quest。
※CGの名前は私が勝手につけた物です。
※選択肢は「左に○がついている方」を選んでいます。
※個別ルート後の日付は私基準の物で、実際にはゲーム内日付は表示されません。



<プレイ記録>

<収穫祭中止>
<Akane>


<2日後>


<さらに翌日>
(篝初登場。目が怖いよ!)


<要求日>
(中津静流オッドアイモード初披露。というかガーディアンモード?)

CG「咲夜召還」

<Chihiro>

CG「VS咲夜」

<左下時計が11→12(暴走)に>

<Chihiro>

<左下時計が12→11.5に>

<chihiro>

M13「咲夜」


<枯れる街>
<other(咲夜)>

CG「散りゆく桜」

UpdateM13「咲夜」

<Chihiro>

CG「咲夜・暴走」

(Vocal曲挿入「philosorhyz」)

CG「行ってくる」

<Chihiro>

<左下時計が11.5→12に>
<左下時計が12→11.5に>

Update11「ミドウ」、M17「咲夜(過大強化)」


<エピローグ>
CG「ひとひらのさくや」

Update9「鳳咲夜」

※千里朱音ルート解放


「鳳ちはや」ルートクリア!
CG回収率:36%
背景CG回収率:44%
BGM回収率:78%




公式サイトで鳳咲夜を初めて見た時、「今回のラスボスこいつだろ!」と思った私でしたが、ある意味は間違えてはいなかったみたいです。
んでもって、鳳ちはや→千里朱音、という流れの予測も的中。
案外、私の直感も捨てたものじゃないかもしれませんねぇ。

そんな訳で鳳ちはやルート完了。
いやあ……これ主人公と咲夜の物語……(禁句)。
これほどまでに主人公が成長する物語というのも、初めて見た気がします。

もはやギャルゲーの1つのルートの話という枠を超越したほどにスケールが大きく、後半からは中津静流・千里朱音も大幅に絡んできました。そうよね……西九条先生は静流さん側だもんね……。
しかし反面、此花ルチアは途中からログアウト。神戸小鳥に至っては気がついたら姿を消していました。
んんん?

何の前触れもなく中津静流がオッドアイモード(ガーディアンモード?)で天王寺瑚太郎の前に姿を現して戦闘したり、最後の最後であのおっさんが出てきたり、そういうところを考えると、もしかしたら「Rewrite」は全てのルートで同じ世界観を共有しているのかもしれませんね。
途中退場した此花ルチア・神戸小鳥ルートはまた違うかもしれませんが……。

結局、篝も「記憶を保持する」以外がよく分かりませんし、どの立場でどこから見たら敵(味方)なのか、というのも分かりませんので、これは他の話に任せましょう。



さて、感想を。

泣いた回数は記憶していませんが、なんとなく4・5回くらい涙を流したような気がします。
特に印象に残ったのが、鳳ちはやの昔の家を訪ねるシーンの、彼女のセリフ。

「ただいま、でした。それと……行ってきます」
“……おとーさん。一緒に歩く人、見つかりました”

この2つで大泣きしました。

後は咲夜の暴走(というかアレ、朱音さんがやろうとしていた“器に魔物を……”の生贄になったようなものですよね)は唐突すぎて「いやもうアレで終わりでいいじゃん!」とつい思ってしまいましたが、その後の何たる熱いシーン。まさかミドウまで出てくるとは思いませんでしたが、最後には体が跳ねそうになりました。
熱い、熱いぞこれ! ファンタジーってこうでなければ! と思う私がいる。

ともあれ、「鳳ちはやの物語」というより、「天王寺瑚太郎の物語~鳳ちはやがパートナーだった場合~」みたいなノリで、最初に想定していた内容と照らし合わせて「あれ?」となったのは否めません。
が、キャラが好きすぎるのでもうこれでバッチグーです。

もし他のヒロインの話もこんな調子で続くのなら、今回も「リトバス」同様、「いやっほう主人公最高!」という結論が出かねない、なんとも恐ろしいギャルゲーです。これギャルゲーって呼んでいいの? っていうくらいです。




さて、ひねくれ者の私としては「千里朱音ルートが解放された? よし、なら敢えて中津静流ルートを探す!」とかやりたいのですが、今回は千里朱音さんの話をそのまま進めようと思います。

なんてったって、このままじゃ朱音さんが「篝に関わって頭おかしくなっちゃった人」のまま認識されてしまいそうですから。あの茶目っ気があって横着で照れたらきっと可愛い会長さんを放置するなんてとてもとても。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/06/25 07:11 ] ゲーム(全般的に) Rewrite | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1242-164bef1a











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。