スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『涼宮ハルヒの驚愕』


涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの驚愕 初回限定版(64ページオールカラー特製小冊子付き) (角川スニーカー文庫)
(2011/05/25)
谷川 流

商品詳細を見る


(前編)
長門が寝込んでいるだと? 原因は宇宙人別バージョンの女らしいが、どうやらSOS団もどきのあの連中は俺に敵認定されたいらしい。やれやれ、勘違いされているようだが、俺もいい加減頭に来ているんだぜ?

(後編)
ハルヒによるSOS団入団試験を突破する一年生がいたとは驚きだが、雑用係を押しつける相手ができたのは喜ばしいことこの上ないね。なのに、あの出会い以来、佐々木が現れないことが妙にひっかるのはなぜなんだ?


今月9・10冊目。
本来なら前編後編分かれているのですが、5月25日に発売した限定版は2冊セットなので、感想もセットで述べたいと思います。

ネタバレ注意!

もっかい言うね。

ネタバレ注意!






いやあ……『涼宮ハルヒの分裂』が発売したのが4年前。私がいつ読んだかは記憶にありませんが、あれから随分の時が経過しました。
だからでしょうか。

話の内容とかキャラがとか言う以前に、とにかく“面白い”。

主人公・キョンの1人称で進む話ですが、心地良ささえ漂うほどに周りくどい。ただ単に思ったことを、わざわざ何かに例えたり、人物の名称を時折変えたりして、読者を退屈させないようにしている。
この小説で1番感心すべきなのは、間違えなくそこだと思います。

これは一般文学でやると「周りくどくて何が言いたいのか分からない」と叩かれるのがオチですが、割と何でもありなラノベなら許容範囲でしょう。その上で考えると、これほどまでに凝った地の文をよく書けるなと尊敬します。
そして、気がついたら物語に夢中になってる。もはや地の文が洗脳しているとさえ思えるんですよ。
本当に。どれだけの文を書けば、あんなものが記述できるのでしょうか。




さて、文章技術についてはここら辺までとし、話について。

えーと。
うん。

……うん。

…………なんだろうね、これ。

ひとまず、難解な話とはいえ、大体は理解できました。
ただ、藤原さん関係がちょっと……初回では理解に苦しんだので、そこだけ再読して、個人的な理解だけして終わりました。

つまり、藤原さんが所属する未来と朝比奈さんが所属する未来が異なり、藤原さんが今回出てきた理由は「自分の望んでいる未来へと軌道を習性したかったから」。そのために涼宮ハルヒの能力を佐々木さんに移したかった……ということでよろしいのでしょうか。

また、パラレルワールド理論の世界ですので、キョンの言う通り、もしかしたら佐々木さんが世界の中心という世界もあるのかもしれません。そう考えると少し夢が広がるかも。

あとは……そうそう、個人的にすごく気に入ったのに、設定の都合上、今回でログアウトをせざるを得ない渡橋泰水(涼宮ハルヒが生み出した、涼宮ハルヒの別個体)。ホントにすごく気に入ったキャラなのによー。
まあハルヒシリーズですから二次創作は期待できるでしょう。さあ誰か書いて!(ォイ)

パラレルワールド・分裂世界について。とりあえず橘さん哀れ。
私の中でも理解が追いついていませんが、要するにパラレルワールドが2つ顕現したってことですよね。『分裂』の、世界が分裂した瞬間。「涼宮ハルヒが渡橋泰水を生み出したか否か」がトリガーとなって、世界が分岐したという考えでしょうか。

きっとどの世界でも、キョンは同じことをしそうな気はしますけど。




ちょっと、というかまだまだ考察が必要な『驚愕』。

ひとまずキョンの独り語りに酔いしれながら、また改めて本をめくることにします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/26 14:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1210-6f1d31e4











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。