スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

一般小説感想『阪急電車』


阪急電車 (幻冬舎文庫)阪急電車 (幻冬舎文庫)
(2010/08/05)
有川 浩

商品詳細を見る

隣に座った女性は、よく行く図書館で見かけるあの人だった…。片道わずか15分のローカル線で起きる小さな奇跡の数々。乗り合わせただけの乗客の人生が少しずつ交差し、やがて希望の物語が紡がれる。恋の始まり、別れの兆し、途中下車―人数分のドラマを乗せた電車はどこまでもは続かない線路を走っていく。ほっこり胸キュンの傑作長篇小説。

今月7冊目。
別に販売してすぐの本って訳でもないのですが、ちょっと印象深い1冊だったので感想として独立させました。







ほのぼのの極み。そりゃ映画化もするわ。こんだけまとめきった話なら、漫画でもドラマでも映画でも、何でもできると私は思う。

この『阪急電車』。大阪の宝塚駅から西宮北口駅を走る今津線を舞台とした群像劇となっている。電車に乗り込んだ色々な人の話を、他の“エピソード持ちの人”と絡ませて書く、という話といえばいいのか。
よく下手な小説にある“1人で回想して終了”ではなく、回想し終えた、あるいは現状を説明したところで誰かと会話やきっかけと共に絡み、視点人物の考えが変わる(あるいは迷いが消える)。そしたら今度は、“誰か”視点の話が進む……こんな話。

また、前半は宝塚駅→西宮北口駅の話で、“折り返し”として半年後を舞台として西宮北口駅→宝塚駅の話を収録している。
前半で何かを決意した人がそれを実行した後、それが後半ってところだろうか。

と、解説はこの辺にしておいて。

“図書館で読みたい本を掻っ攫っていく女性”と出会った人。
自分の彼氏を寝取られた女性。
犬を飼うおばあちゃん。
暴力的な彼氏とうまくいかない彼女。
軍オタから脱却しようとしている男子と、苗字でからかわれる女子。
大人びた高校生。
いじめられている小学生。

この小説に出てくる登場人物を挙げると、こんなところだろうか。
電車に乗れば、2回に1回くらいはそんな人と出会えそうな、どこにでもいる人達による話。
それだけ聞くと、ただの退屈な日常話に思えるかもしれないが、この人達が出逢うきっかけとか、会話の内容とかが面白い。
リアルながら、「こういう話があるといいな」と思わせる。

リアルからちょっとだけ外れた物語。

それがこの小説かなと思う。

そしてこれに目を通した人は――漏れなく、今津線へと乗りたくなってしまうわけである。




まとめると。

日常のリアリティを追求しながら、夢を見ることができる、ほのぼのの頂点にあるような1冊。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/26 14:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(1)

「阪急電車」の映画見てきましたよ。しかも「西宮北口」でww I love地元。

で、何これ? 序盤~終盤の所々に泣き場面が!!! 泣いて泣いて泣いたよ!

一人映画で正解ww

女心分かるわ~の泣き。高校生の彼氏がゆらの彼氏に似てて(性格が)で泣き……ラストの繋がりに泣き。

良かったですわ~(^人^)
[ 2011/05/26 18:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1209-e3c5ae87











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。