スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『なれる!SE4』


なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)なれる!SE 4 誰でもできる?プロジェクト管理 (電撃文庫 な)
(2011/05/10)
夏海 公司

商品詳細を見る

とある出版社の本社移転プロジェクトに参画することになった立華と工兵。とはいえ請け負ったのは一部ルーターの移設作業だけ……だったはずが、あまりの惨憺たる状況にプロジェクトマネージャーが逃亡。その代打を工兵が無茶振りされることに。
 新人にはハードルの高すぎる未経験の業務を前に途方に暮れる工兵。期限は容赦なく迫り、ベンダー各社はごねまくる。はたして工兵はPM業務を完遂できるのか!? そして立華のプライベートの一端も明かされるシリーズ第4弾!


今月5冊目。
相変わらず開始10ページから専門用語が飛び交い訳が分からないラノベ。





えー、っと。……あれ、え、この話は終わりでいい、の?

プロジェクト管理という存在が概念でしか分かっていないので、断言できないのですが、どうにも今回の問題、「よしこれで解決させたる!」で終わってるように感じるのですが?
いや、別にそれはそれでいいんです。ただこれ、前後編にするとしても「今、こういう問題があるぜ。次はそれを取り組む」というまとめみたいな物がなかったので、「あれ、終わったの、続くの?」って感じです。
ツナの話はいいからそこはっきりさせろおおおお!

と、まあ。

ラストでこんがらがっただけで、あとはいつも通りでした。

ええ。

よくも悪くもいつも通りですよ……今回、今までにもまして専門用語が訳分かんねえ……!

とはいえ、今回の話は、2巻3巻よりは1巻に近い展開・内容です。
主人公・桜坂工兵が問題にブチ当たり、専門用語オンパレードで訳が分からず調べ、周りから助言され、それを解決していく――というパターン。
2巻や3巻に比べれば、工兵が「分からないことを調べる・知る」というシーンのウェイトが大きかったので、そこでなんとか理解することは……あ、いや、ごめん、ほとんどできはしなかった。専門高校に行っていた人間として情けねえ……!

まあともかく。工兵の「知らないことを知るのが楽しい」というのは、なるほど、と思いました。
確かにその特性があれば、IT業界でも上手くやっていけるというか、少しだけ楽になるというか。
IT業界は新技術をその都度勉強するような世界ですから、知的好奇心が高い方がやりやすいでしょう。
その一言ではくくれない地獄がある業界とも言いますが。

それと共に、工兵がちょっとずつ成長しているというか、有能になっています。

というのは、この巻。ラスト直前は除きますが、工兵が室見立華に怒られてるシーンがほとんどないんですよね。どちらかというと同情されている場面が多かったです。

最初は怒鳴られ罵倒され、そしてなんとか教えてもらっていた工兵でしたが、ここに至って「お、なんか知識増えてる」って感じがしました。ま、4巻分の物語が経過しましたし、確か作中で半年弱位は経過していますから。

……ど素人が半月で、プロジェクト管理をなんとかこなせるというのもスゴイ話ですけど。



キャラに関する感想。

3巻の敵さんメイン・橋本課長さん。ああ、やっぱりこうなったか……。
メールの文面を見た時、私もリアルに「誰!?」と叫んでしまいました。
このラノベ、時々キャラが変な形で出てきますよね……特に「その前の巻の敵さん」とか。

はっ、となると次は薬院加奈子さん(今回の敵さん)が変なキャラとして登場する予定ということか……っ!

4巻現在で、彼女のヘンテコリンな部分は既に垣間見えていますので、これは期待です。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/05/11 00:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1193-515f7a22











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。