スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

あなたの居場所はどうですか?

それは素晴らしいところですか?




今日、学校が終わってから「さて食事どうするか。明日実家に帰省(ゴールデンウィークです)だし食材ねーしどうせ外食ださてどこに行くか」と考えながら、ふと「そういえば『いなかみち。』で商店街に行くシーンを書くけど、描写もうちょっと増やしたいし、実際に商店街に行ってみるか」と思いました。
ということで、西大橋から適当にふらふらしていると、気がついたら道頓堀へ。こうなったらとなんばまで南下し、1皿100円の回転寿司を食べることに。どうしてこうなった。

西大橋やら心斎橋やらを回っている時に、ふと思いました。

私はご存知の通り、ラノベ大好きでアニメやらゲームやらも好きな、まあいわゆるオタクと呼ばれる人種ではありますが、どちらかというと「オタクの世界と日常の世界、どちらにも属している」存在だなと。

逆にいえば、どちらにもいない。
どちらの世界も自分の居場所じゃなくて、ただ色々なところを転々としているだけのようにも思いました。

例えば。

数日前に私は、唐突にアニメ感想を書きました。「魔法少女まどか☆マギカ」の感想。
11話と12話を見たわけですが、私この日に1話~10話をまとめて観賞しました。だから1話~10話の感想がなかったのですよ。

それからネットを徘徊していると、やはりまどかの話題が多く、二次創作なんかもたくさんあったりして。

ブルーレイディスク発売と、一部セリフや歌詞カードミス→ブルーレイディスク回収、という騒ぎがあったように、ネットではまだまだあのアニメは人気です。

しかし。

アニメと関係ないようなところ、それこそ西大橋やら心斎橋やらを回ると、そんな話題は陰も形もない。
大きな看板はどこかの企業の新商品を宣伝していて、そのあたりのお店に入れば今流行りの、あるいはちょっと前のJ-POPを流していて。ゲームセンターにあるのも、せいぜいワンピースのような一般作品のUFOキャッチャー。
QBがたくさんいて「やべえこのUFOキャッチャー破壊してえ」と思うようなこともありませんでした。

そして町には人がいっぱい。明日が祝日で、明日からゴールデンウィークという人もいるためかもしれませんが、どこから湧いてきたんだとばかりに人、人、人。
私も行き交う人の波に目を走らせて見ましたが、例えば鞄につけているストラップ。アニメのストラップを付けている人なんていないんですよ。まどかのキャラクターを街中で見ることなんてない。

つまりはそんなところ。

いくらネットで人気でも、表に出てみれば陰も形もない。

それでも、私はそんな現実が好きです。仕事帰りや学校帰りの人が2人3人と固まって歩いていて、手には大きな商品袋があったりして、楽しげに会話しているような現実が。

そして私はネットが好きです。結局、「魔法少女まどか☆マギカ」という作品にはハマってしまったわけですから、二次創作を片っ端から読み、まどかネタを見つけてはニヤニヤしています。

けれど。

私が着ている服や持っている鞄は、都会で胸を張れるほど立派なものじゃない。

私はアニメのグッズを全然持っていない。

どちらの世界にも、ディープに浸かってなんていないんです。

だから私の居場所はどちらでもない。二次元と三次元を、渡り歩く存在。

ちょっとだけ話が逸れますが。
本サイト「漆黒色の物語」で掲載完了した『悠々荘の閑話』に登場した天沢杏奈。彼女は人間関係にあたり「渡り鳥」という表現を用いています。
自分はどこか一箇所に留まることはない。誰かと仲良くなっても深入りすることはない――という意味で。

私もその主義なのかもしれません。

というか、私がその主義だから、そんな考えのキャラが生まれたのかもしれません。




これを読んでるあなたの居場所は、どんなところですか?

私のように転々とされてる方もいるかもしれませんし、逆に二次元の浸かりきっている方も、三次元で楽しんでる方もいるでしょう。

人によって、カテゴリが違うのは分かります。

ただ、それがどんなところかなって。

私に教えてくれると嬉しいです。




追記よりコメント・拍手返事。






<コメント返事>
ゆら
「なんとなくご飯を食べたくて西大橋を巡りつつ心斎橋を通って道頓堀からなんばへ南下して“あれ、どうしてこうなった……”と思う人間」ってどう考えても自由奔放な気がするのですが……(汗)

ボカロリスト。いえいえ。考えなおしてみるとエラいことになっている……私もびっくりだ。

風邪はなんか勝手に治ってました。あれぇ?


<拍手返事>
音桜
『争乱』の話。おおう、案外驚いてらっしゃいませんね……。ってこらこらうきうきすな。
確かに脱皮だけが能力なら何も使い道がありませんが――まあ、あなたが仰る通り、次話に期待っ! ってところで。
明日は更新が難しそうなので、これを書いた後に更新することにします。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/28 21:10 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(7)

自分も転々としている感じです。
陸上をする自分やアニメを見る自分……。
どちらも確かに自分であって、しかし自分が深くそこに居るわけではないのですよね。

でも最近は陸上をする自分がほとんどです。
陸上楽しいです、ハイ。

ボカロリスト……頑張ってください。
感想が是非聞きたいです。

最近忙しくなったのでコメント出来ないかもしれません……。
でもちょくちょく小説や日記を読んでますよ!
[ 2011/04/28 22:03 ] [ 編集 ]

NoTitle

僕もどっちつかずっていうかどっちかに偏りきれてない人種なきがします。
やっぱり2次元と3次元の趣味の間をふらふらしてると、僕って本当はなにがしたいんだろう、とかどっちに居場所作ればいいんだろう、とかたまに考えたりしちゃいます。
楽しいほうへ楽なほうへ流れていった結果がこれなんで、自業自得って言ってしまえばそれまでなんですけど。
それでも僕は、杏奈みたいにはなれないみたいです。
いつもどっかに居場所を探してさまよってたりしますし。
[ 2011/04/28 22:52 ] [ 編集 ]

NoTitle

僕も、渡り鳥な感じですね
友達はいるけど深くは
仲良くならないので

(一緒に弁当を食べる仲間は
多いのに一緒に下校する
相手はいないみたいな感じです)

でも、僕の性格は杏奈タイプじゃなくて
現実では真一タイプっぽいですね

居心地は三次元も二次元も良いですな
[ 2011/04/29 07:54 ] [ 編集 ]

NoTitle

名前、ミスってました~
シロ=僕(白色のクロ)です
今までにもあったかもです
[ 2011/04/29 09:29 ] [ 編集 ]

 まあ、それは自由奔放ですね。ゆらもっともっと気まぐれな自由な猫になりたいです(笑。

 ゆらは三次元に7割身を置いてて、3割は二次元……携帯小説サイトとかSNSかな。小説読んだり漫画読んだりアニメ見たりしますし。完璧にどちらかではないですよね。

 ゆらは恋愛:学校:仕事:友情。それを揃えていないと落ち着かない。全てのカードが揃ってこその居場所。だから、いわば贅沢なんです。

 でもやはり学校や仕事は義務か事務であって(ゆらにとってね)、友達と遊ぶ時や恋人といる時が一番、楽しい。一番の居場所は、恋愛依存なゆらにとっては彼の腕の中であり。

ゆら:星川未来:本体:人形さん。ゆらの居場所はネットだし、星川未来は小説。二人は二次元の存在。本体は三次元。人形さんは病んだ時、安定させる存在で二次元にも三次元にも現れるし。

居場所ねえ……簡単なんだけど、考えれば考える程に不思議なものです。はい。
[ 2011/04/29 10:25 ] [ 編集 ]

NoTitle

居場所ですか・・・

私の場合三次元の合間合間にちょこちょこ二次元が入ってくる感じですね
まぁ、忙しくて二次元に時間が割けないだけなんですけどね(汗)

けれども私の周りには、二次元好きでフィギアとか持ってるやつが、「あ~彼女ほしい・・・」とか言った数日後に本当に彼女出来てたりする友達がいて、なんかすごく充実してて(リア充?)羨ましく思ったりしています。


[ 2011/04/29 23:13 ] [ 編集 ]

下のコメント

下のコメントに名前書き忘れてました(汗

すいませんOTL
[ 2011/04/29 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1182-cb7550c6











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。