スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ライトノベル感想『小春原日和の育成日記3』


小春原日和の育成日記〈3〉 (電撃文庫)小春原日和の育成日記〈3〉 (電撃文庫)
(2011/04/08)
五十嵐 雄策

商品詳細を見る

築七十年でトイレ&風呂共同の貧乏アパートで暮らす小春原日和は、類い希な才能と呼べるほどの地味っこである。そんな彼女の“おとなのじょせいになりたい”発言から始まった地味っこ改造計画は、憧れのお嬢様学校で新しい部活(菜園部)を作ってもまだまだ続行中!姫乃宮学院統括生徒会長の鷹匠光琉が突如廃止宣言をした、“薔薇の三箇条”。それは学院内に受け継がれていた有力派閥を優先する悪習だった。そんな出来事とはおおよそ無関係なはずの日和だが、ひょんなことから第一勢力の鷲津派に睨まれてしまい、対抗すべく貧乏アパートでの女の子だらけな合宿が始まる―。

今月5冊目。

すげえ。
何がすげえって、

こ の 人 競 技 か る た を 小 説 に 入 れ や が っ た !




ということで、近いうちにかるたで何か小説を書きたいなぁと考えていた私にとっては、色々な意味で参考になる1冊でした。

……それで終わってもしょうがない?

んー。
そういえば2巻で大幅にキャラが増え、そしてその人達を記憶していなかった私ですが、この話はすんなりと頭に入ってきました。
最初にレギュラーキャラが総出演するシーンでの、それぞれの書き分けがとても上手いからでしょう。
同じ場に6人(あるいは7~10人)を置いてわいわいやるシーンの書き方がすごい上手い作者で、これも参考になります。
物語として見ても、和気あいあいとほのぼのした空間が広がっているのが容易に想像できる。
色々と人間関係的な意味で対立が行われるラノベですが、私的にはこのほのぼの空間こそがこのラノベの魅力だと思っています。

気になる点があるとしたら1つだけ。

『はにかみトライアングル』『乃木坂春香の秘密』とキャラかぶりすぎなんだよ! 同一作者だからいいけど!

地の文も特徴的すぎて、ちらりちらりと『乃木坂春香の秘密』が頭に浮かぶのがなんか嫌だ……。

いやまあ、別にいいんですが。
別にいいんですが。

せめて“かしましツインテール娘”に類似した彼女だけはどうにかしてくださいプリーズ……。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/11 00:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1159-5188929c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。