スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

眠たい……

私が眠たいなんていつものことですが、今日は“眠たい”というより“寝たい”ので、これを書いたらさっさと眠ることにします。明日こそはモノカキがんばろー。

なんかこう、私に対する質問とか、語ってほしいこととか、暴露してほしいこととかありましたらお気軽にどーぞー……。

あ。
ブログタイトルの候補、ありがとうございます。
またゆっくり考えてみます。



追記よりコメント返事。






<コメント返事>
ジゴ
シンプルなのが逆によし、と考えるのもいいですねぇ。あるいは、そこからもう一捻り加えるか。

ゲーム機本体はどうしても高いものです。まあ、ゲームキューブ中古は3千円でしたけど……。
私も64は大好きですよ。「スーパーマリオ64」とか「マリオカート」とか「スターフォックス64」、そして「ゼルダの伝説 時のオカリナ」「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面」。あの辺は極めたものです。
トラウマは……そういえばマリオをやって以来、現実でも架空でも水中がちょっと嫌かもしれません。

64って、そんなにトラウマになるようなシーンとかありましたっけ?



タカハ11
おお、なんともお久しぶりな。

春が来た、となると、夏とか秋とか、ましてや冬になった時にどうするかが悩みどころですね。でもまぁ、春って暖かいイメージがありますから、「ほんわかとしたブログ」を目指すならそういったタイトルもいいかもしれませんね。

友達。ネットだとどうしても性別が分からないものです。最近では“この文章を書く人は……男だ!”と思った翌日に女性であることが発覚したり。かくいう私も、ある常連さんから、「初めて『死神姫』を読んだ時、作者は女性だと思った」なんて言われたことがあります。

男友達が一人いた!(謎の喜び)



ゆら
綺麗なタイトルですね。なるほど、空想と幻想……どっちも非現実やんけ!
いや、それはそれでいいのですが。“狭間”と入れるなら、こう、現実と非現実を対称にした方がいいかなー、って……ケチをつけてるのではないですよ。あはは、ごめんなさい。

私もブログ開設当初は、本サイトのおまけという扱いで「管理人の生態日記(謎)」などというタイトルをつけてましたから。ひねりのないタイトルの方が分かりやすいかもしれません。

ゲームについて。ソニックは、ええ、ここ最近の執筆速度低下の原因は間違えなくヤツですよ……。

人間関係。羨ましいものは羨ましいんじゃい!
あれ、男友達が少ないんですねぇ。理由は全く違いますが私と同じだ。
私もねー。女友達を作ると拗ねるような人がいてくれたらどんだけ幸せなことやら……羨ましいものは(以下同文)



白色のクロ
>つっきーさんだったら
>厨二が少し入った感じが良いですよね?(失礼)

一体、私を何だと見ているのですか……。
いやまあ、月影縫者と名乗っておいて文句を言うのも変な話ですけど。
そのタイトルを採用した場合、ブログの空気ががらっと変わってしまいそうな気がするのですが如何なり。

あー、私はですね、むしろ「みんなのお兄さん的存在」かなと自負しております。自分で言うのもなんですが。
だから、ラノベの主人公とはちょっとタイプが違うんですよね。
むしろ“主人公の友達”ポジションかなと思っています。
『生徒会波乱物語』は、私に友達がいな……げふんげふん。友達が少なかった頃に書き始めた物ですので、あまり影響はないかもしれません。

やっぱり50%50%が1番ですよ。私は男女を意識せず友好関係を築いていますが(その癖、なんか恋人欲しいとか妄言を垂れ流しますが)、普通は異性の友達と上手く付き合っていくのは難しいものです。
とはいえ、上手く付き合えていけるなら、同性の友達とはまた違った楽しみ方ができるかもしれませんね。
2:8、は、ちょっとキツイかもしれませんが、頑張って。




いえいえ~。普通の暮らしができる人が落ち込んでいると、むしろ被災者の方々が萎縮してしまうかもしれませんから。もちろん派手すぎるのは不謹慎ですけど、必要以上に自粛した生活を送る必要なんてありませんよ。
平常運転。それが1番ですね。

ブログタイトル。これまたタイプが違う提案だ。
色即是空……確かに私はその言葉が好きです。なるほど、四字熟語を用いるのも綺麗かもしれませんね。
意味を考えても、“私1人の日記ではなくて、コメント・拍手でメッセージを頂ける方と私の相互で成り立っている日記”とすればオッケーでしょうし。
また考えてみます。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/04/04 22:16 ] 日常生活 | TB(0) | CM(2)

寝たいっていうのは良くあることです。

64の極めているソフトがほぼ一緒……だと……!?
自分はスターフォックスの裏コース(?)を全て行ったり、ゼル伝の黄金のスタルチュラを全て集めたり……。
懐かしい……。
でもやっぱり「大乱闘 スマッシュブラザーズ」を一番やっていたと思います。
みんなでワイワイやるのが楽しかったり。

トラウマ……。
ゼル伝が多いですね。
オカリナのスタルチュラと交換できるところでいきなり上から人の顔をした蜘蛛が降りてきたり、
大人になって外へ出たら賑やかだった町がリーデットだらけになってたり……。

今思うと結構なビビりですね。
でも今挙げた2つは仕方ない。
仕方ないと思います。
つっきーさんも絶対怖かったはず!

根拠はないですが……。
[ 2011/04/04 23:52 ] [ 編集 ]

 あははー…確かにそうですね。

『虹色の心と灰色のリア充』的なのとかはどうでしょ?笑

 まあ、ゲームはハマると時に抜け出せませんから。要注意です。

 羨ましい談義どうもありがとうございます。

 ゆし、じゃあ二年生のカリキュラムを見た感想とやらを語ってみて下さい。こうどう予定を立てるかとか豊富やら……色々。楽しみに待ってますm(_ _)m
[ 2011/04/05 12:31 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1146-474a97de











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。