スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

テレビを流し見しながら思うこと

演繹法が好きな私は最初に結論を言います。
今日の議論。
思考停止をしたら相手の思うツボ。
あと、テレビは信じるな。





最近、3歳児が殺害されたニュースをよく見ますよね。
それに加え、今日の夜頃に政治の世界で揺らぎがあったみたいです。前原外務大臣が辞めたとかなんとか。
政治のお金の問題ですね。外国人(在日の方)からお金を受け取っていたとかなんとか。

私はどちらの世界にも詳しくないので詳細は語れませんが、率直に思ったことがいくつか。

まず殺人事件のニュースですが、これは数日前かな? トイレで女児が殺害され、犯人が逮捕されたという事件。
とりあえず犯人が逮捕されているので事件そのものは終息状態ですが、事件の内容があまりにも異常すぎて、連日取り上げられています。

確かに考えてみれば、3歳の子どもを殺した20歳(犯人)――どう考えても異常ですよね。

みなさん、3歳の頃の記憶ってあります? 私にはありません。ええ、昨日のご飯を忘れた人間が3歳の記憶を保持している訳がない。
そんな頃に命を絶たれてしまうんですよ。
おかしいといえばおかしいです。

しかしですね。ここで「ああ、可哀想だな」とその段階で思考停止をしてしまったら、相手の思うツボですよ。

そこからもう1歩、考えないといけないんです。

マスコミも商売です。ネットでは「マスゴミ」なんて揶揄されてますが、これは放送業界が利益を優先し、国民に正しく情報を与えないことが招いた結果でしょう。

ですが、これはマスコミだけが悪い訳じゃない。

利益を優先するマスコミが悪い、という部分はあるかもしれませんが、マスコミだって放送業界で、お金が必要なのには一般企業と変わらないのですから。
なにより、司っているのは人間です。人間が利益なしに活動するわけがない、と考えて。

テレビの報道が一定の場所で止まる場合、そこで思考を止めたいって訳です。

じゃあ、今回の殺人事件ではどこで思考を停止させたいのか。

私たちが抱く感想はたいてい、「ああ、可哀想だな」でしょう。
そこでニュースは終わり。次のニュースに移るか、事件について家族(あるいは、一緒にテレビを見ていた人)とあれこれ話すか。

それで終わりの報道なんて、正直、不要とは思いませんか?

かなり不謹慎な言い方をすれば。
“殺人事件が起きただけ”です。3歳の子どもが殺された、これは異常な事件だ――と言ったところで、それは「報道を見ている人」に何の意味をもたらしますか?
嫌な世の中だなぁ、と嘆くのは最悪です。以前にも言いましたが、社会において犯罪率は低下しているのですから。

だから。

本来のマスコミは、もっと別のことを報道しなければならないのです。
例えば、私が最初に挙げた二つ目のニュース。前原大臣の辞任。

果たして政治の世界から辞任するのか、外務大臣を辞めて終わりなのかは知りませんが、こっちこそ多く報道するべきではないでしょうか。

外務大臣ですよ。
外国の方々と直接関わる、重要なポストの人ですよ。
そんな人がお金の問題を引き起こし、辞任した、というニュースを、1件だけの殺人事件と同列にしてる時点で、私は何かを間違えてると思います。

そもそも、政治に疎い人は、何を持って前原大臣が責められているのか分からないでしょう。

民主党は悪だ、と言いますが、そう掲げる人の中でどれほどの方が、「なぜ民主党が叩かれているか」説明できますか?
説明できないのに悪と言うのは、ただの横にならえです。
それがいけないとは必ずしも断言しませんが、それはあなたの考えではありません。それだけは分かっておいてください。

少々話が逸れましたが、殺人事件における犯人の心境(いや、まあ、私個人としては気にならなくもありませんが、テレビで解説されるそれを信じるのはまた危険ですから)だの、そこからつなぎあわせて現代社会について身勝手な考察をやり始めるテレビを信じるな、ってことです。

私の言うことが信じられない方は、試しに朝でも夜でもいいので、1時間丸々ニュースをやる番組などを見て、何について話していたかメモしてみてください。
何も、誰それがこのような話を……なんて詳しいところまでメモらなくていいです。
せいぜい、

「どんなニュースが報道されたか」
「そのニュースにかけられた時間はどれほどか」
「そのニュースにおいて、“事実以外を説明した時間”はどれほどか」

くらいでいいでしょう。
これで危機感が生まれない人は、ネットにでも潜ってみるといいです。
ネットはネットで情報が散乱していますが、こっちの方がよほど信じられますから。

まあ、ネットはネットで、事実よりもそれに思ったことを多く書かれてますけどねぇ。

どっちを信じるかは個人次第。
ただ、私はテレビを信じるなと掲げます。




(本記事において、「前原大臣」という呼称は正しくなかったかもしれません。が、私も情報を正しく把握していないので、とりあえずはこの呼称で書かせていただきました)


追記よりコメント返事。






<コメント返事>
シロ
今回の徹夜はいつもの徹夜と少し違い、「寝たら恐ろしいことになるから寝ない」というものです。
が、それを考えなくても、あるいはそうかもしれませんね。
ただ、それだと“脳が疲れている”という答えにはなっても、そこから自殺衝動が出てくる理由がいまいち分からないんですよね……。

確かに、もはや私自身がキャラになる現状。



ゆら
ですよねー(とりあえず頷いてみる)

なかなか充実されてるじゃないですか、生活。食事と執筆とゲームくらいしかしない私は見習うべきでしょう。……何を他人ごとみたいに。

物は……私も最近は、少し執筆量が減少しました。むう、昔の私を思い出せ、自分。

『デュラララ!!』。面白いですが、「主人公は誰?」な群像劇です。でも人間模様はホント楽しい。

連載物は確かに、きっかけがないと手を出しにくいですよね。10巻とか20巻とか出ていると、「ああ、これを全部読むのはどれくらい時間がかかるんだろう……」と思ってしまうのも分かります。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/03/06 22:54 ] 語ってみた | TB(0) | CM(1)

充実してても、色々きっついですよー(ノД`)

タイトルリスト作ってましたが、今まで書いた作品数、半端じゃなかったです。文句言いながらもそれだけ好きなんですね。辞められないから恐ろしい((え。

ですよね。つか、言いながらひぐらしの語噺編1.2と小説を買ってしまいましたf^_^;

口出←我がぽんこつ携帯では、合わせた字が出ません。パソコンなら出ましたが。
[ 2011/03/08 01:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1112-20f884b0











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。