スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

季節巡り風の色も、変わりゆくその隙間に

<読了>
まよチキ!5
著者:あさのハジメ
レーベル:MF文庫J

今回は短編集な一冊でした。五話が収録されており、それぞれレギュラーメンバーの女性とジローが何らかの1日を過ごすという内容です。
あえてメインヒロイン(しかしメイン“ヒロイン”なのか“メイン”ヒロインなのか、どちらの意味でも断言できない哀れな男装執事)を最後に持ってくるあたり、なかなかに分かってるなと思いました。
さて、そんな短篇集を読んでの、私の感想は。

涼月奏、萌え。





タイトルは「花詞」(アーティスト:Suara。私が全歌の中で五番目に好きな歌です)の歌詞より。

洗濯物を干すためにベランダへと出てみると、意外と寒くないことにびっくりしました。
良く考えてみれば、今日は二月二十四日。もう三月は目の前なんですよね。
つまり、春が近い。
早いものです。もう大阪に来て一年。同時に、専門学校に入学してから一年が経過しようとしています。
いやはや。びっくりするほど早いです。

てか来年、私は二十歳ですよ。二十歳! 何二十歳って、どういう怪奇現象!?
……取り乱してどーする、って話ですが。
まあ、二十歳なんです。

二十歳。
私が子どもの頃、二十歳の人が随分大人に見えました。
そんな二十歳に、自分がなるんです。
まだまだ子どもの私が。

十八歳の時にも思いましたけど、不思議で不気味ですね。
自分が大人という立場になることが。とても変に思えます。

ここで「もう大人なのに、ゲームばかりしていていいのだろうか……」(いやゲームだけとは限りませんが)と思う人もいるかもしれませんが、私はそう思いません。
私の場合は“ゲーム”に“ライトノベルを読む”になりますが。

確かに読んでいるだけなら、そろそろもっと大人っぽい趣味に切り替えてもいいかもしれない、なんて思うかもしれません。まあ、この考えが既に時代倒錯かもしれないですけどね。

けど、私は書く側の人間ですから。

例えば電撃文庫の大賞を取った人などを御覧ください。ほとんどが二十代、三十代ですよ。

ユーザーだけならちょっとアレですけど。
クリエイターは、むしろ年を重ねてから輝くのでは、なんて小生意気なことを思ってみる月影さんでした。



さて、二十歳談義よりも春の話を。

春です。私は桜が大好きです。いえ、何も西山桜が大好きという意味ではなくてですね。好きですけど。
しかし悲しいことに、大阪の桜の名所を知りません。
一人でいいから花見をしたいのに。

ということで。
お金と時間に余裕があったら、京都あたりにでもぶらり一人旅でもしてみようと思います。

まあ、現実的に考えて「時間ねーから無理だわ」で終わるとは思いますが。

皆様はどうでしょうか。今年の春、何かやりたいこととかありますか?
何か「これは絶対にやるぜ!」と思われてることがありましたら、教えていただきたいものです。
もしそれが参考になるものの場合、私がこっそり真似する可能性がありますが。
パクリの月影さんとお呼びください。

……いや、やっぱやめ。パクリの月影さんはやめて。あまりに悲しくなるから。パクるけど。



追記よりコメント・拍手返事。





<コメント返事>
ゆら
暇潰し編の梨花ちゃんは、今にして考えてみると納得いきますが、それだけを見ると「……なんだこの子?」で終わるのが不思議。
皆×し編の梨花ちゃんはマジいい子。特に漫画版。

計算できなくても高校は卒業できるんですよ、きっと!

倒れて入院して親が泣いたら私は穴に埋まらなくてはならなくなります。それだけは絶対に駄目だ。

モンスターペアレントの話。ふとテレビを見て思っただけではありますが、やれやれと嘆息物です。
ちゃんとした親は子どもに尊敬されるいい親なのになぁ。ちょっと不憫というか、可哀想というか。

『Missing』のこと。かなり昔のラノベですので、中古書店などに置いてあると思いますよ。またお時間がある時にでも。
私は書ける時に書いて、休憩に読むってスタンスですね。
もっとも、ゲームなどで遊ぶこともありますけど。



まぐろの人
実際、拍手は「文章が公開されない」、コメントは「文章が公開される」ってだけなので、まあお好きな方で。
個人的には、コメントの方でしていただけるとブログが盛り上がっていいかなーって考えてますが、ホントにどっちでもいいです。
コメント内容によっては、他の方に見られるとちょっと、っていうのがあるかもしれませんから。

まぐろはやめてー! 眠れなくなるから! 私は大丈夫ですからまぐろだけは、まぐろだけは!

食事の話。いや、たくさん食べてたかは別として、食事前にお腹すいたお腹すいたと連呼してたのが印象的すぎまして。

テストの点。そういう場合、下手に高すぎる点を取ると次回以降にプレッシャーとなる件。

モンスターペアレントの件。存在するみたいですね。
ほのぼのとしてる学校はいいじゃないですか。私は小学校一~四年と中学・高校は広島でしたが、バカ親はいませんでした。まあ時代みたいなものがあるかもしれませんが。
実際、モンスターペアレントが話題になったのって三年ほど前じゃありませんでしたっけ?

長い文章のコメントには長いコメント返しがついてくるだけなのでモーマンタイ。

歌の話。「カルマ」大人気。私も好きですが、歌えるほどではないです。「ハルジオン」はちょっと知らないです。
「君にしか聞こえない」? ……どこかで聞いたようなタイトルですが、そういえばそんなタイトルの本があったような……。

ギャグで有名なあなたが泣いた!? 怖っ!(失礼)



衣兎
モンスターペアレントの話。ってこの導入も既に三回目だ。
自分勝手な人間はどこにでもいますよね。モンペはその延長線にあるんじゃないでしょうか。
とはいえ、大人は大人ですから。
しかも下手に「庇護される立場」にある大人があれこれ言うんですから、頭が痛くなります。

私も小学校の時、叱られるのが嫌でしたが(当時の私はBAKAだった)……今にして思えば、その叱られた経験は絶対に必要だったと思います。

子育て免許。まずそれをネタになんか書きたいと思った私は冗談抜きで駄目すぎる。
最近では、不祥事が多い教職員のために、教員免許の更新とかそういう話もありますから、それに合わせて親も免許みたいなものがあると面白いかもしれないですね。

将来? まず私は親になる気がな(削除

布教の件。はい、気がついたら布教になってました。面白いですよ、『Missing』に『断章のグリム』。

歌について。「君の知らない物語」はどうせ入れるとして。
あと2曲も聞いてみることにします。紹介しやすかったら紹介するかも。
どうやら次回は、多くの歌を紹介することになりそうですね。




<拍手返事>
はにゃにゃ
お願いされました。出るのは気が遠くなるほど先になるおそれがありますので、ご了承ください。
逆さま言葉の名前って面白いですよね。私は発想すらしたことがありませんでしたけど……。
頑張ってどこかで出してみることにします。

『ベン・トー』。たぶん、ちゃんとアニメ化するとは思いますが……。
願わくば、あの原作の雰囲気をちゃんと映像にしてほしい。
この際、多少の原作無視には目をつぶりますので。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/24 23:56 ] 日常生活 | TB(0) | CM(2)

なんかTSUTAYAで中古CDを購入したら、レンタル50%引き券を大量に戴いたので、ひぐらしのアニメ借りようかしら(笑。

まあ、時代が変わったから今は無理なのかも。私の地域はの話ですが。

ゆらは親はガチ尊敬します。男で一人、娘を育てるって凄い。だから、親だけは泣かしたくない。小学生の頃は気づかずに荒れてた愚か者ですが。

なるほど。最近、ゆらさんは、執筆に熱を入れてますよー。

春……桜か、花見デートがゆらはしたいです(´∀`*)
[ 2011/02/25 01:15 ] [ 編集 ]

何か若干昨日の自分の記事と被っていますね(笑)

二十歳。いいじゃないですか、二十歳。自分は、尊敬したり大好きだったりする人が年上の方たちでたくさんいるのですが、二十歳になったらその人達と一緒の世界に入れると思うと嬉しいです。自分の二十歳入りは結構先ですが……苦笑

春。春。春。
春ですねー。自分春が季節の中で一番好きです。
桜綺麗ですよね。

春にやりたいこと……ですか。うーん……自分の場合はあまりないかもです。
ですが、新しい高校では、倫理が選択科目にあるのでそれを学んでみたいなぁとかいうのはありますけど。

他に……他に……。
あ、バイトとかしてみたいですかね。
欲しいものも結構ありますし。あ、でも月影さんの場合お時間があれですよね。

むぅ……ごめんなさい、お役に立てなくて。

自分の方の小説1話の続き載ってるのでまだ見られてないようでしたら覗きにきてやってくらさい。

ではでは、失礼します。
[ 2011/02/25 01:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1100-d27c4b4c











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。