スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

勝手に救われた人は

はい。昨日、疲れたら~とか言って音楽を紹介した月影さんは、推定44時間不眠活動の末にノックダウン。本日学校を休みました。
……なんだこのバカっぷりは……。

まあでも、そのおかげで自分の限界が少しだけ分かった気がします。
とりあえず睡眠時間を考慮しなくても40時間を超えたらデンジャーゾーン。栄養ドリンクを積んでぎりぎり2日間連続稼動くらいでしょうが、栄養ドリンクにもそのうち耐性ができそうで怖いです。

そういえば最近、珈琲飲んでないなぁ。





私の愛読するライトノベル(分類的にラノベでいいのか不明だが……)『化物語』に、次のようなフレーズがあります。

「人は人に救われるのではなく、勝手に救われるだけ」

フレーズというと語弊が生じますが。色んなところで出ている持論の1つです。作中の登場人物、忍野メメによるもの。
私はこれを初めて読んだ時、「いや人は助けようと思って人を助けるものだろ」と思っていましたが、どうやらそうではないということを最近、知りました。

確かに助けようと思って人を助けるシーンもあると思います。
極端な例ですが、川で溺れている子どもがいたらか川に飛び込んで助けた、というのは、助けようと思って助けたケースでしょう。

しかし、日常生活において、人を助けるというのは時に無自覚であることもあるのではないでしょうか。

例えば、何気ない一言が、相手の助けになった……とか。
何気ない一言が人を傷つけるのと同様に、本人の自覚していないところで人を助けているケースもあって然りだと私は思います。

さて、私は何が言いたいのか。

今の私は、典型的な「勝手に救われた」人です。
ここ2~3週間の精神沈没と、そこから復帰したというエピソードは、少なくとも私1人では成し遂げられないものではありましたが、では“私以外の関与した人”が明確に私を救おうとしたのかと聞かれると、間違えなく答えは否でしょう。

いやまあ、人の感情を勝手に定義するのは得てして誤りでしょうが、そこは気にせず。

私が、今回の件で私以外の関与した人に恩を感じるのは、ある種の場違いであり――それでも、私は恩を感じているわけです。

このあたり、『化物語』のアレに似てるなぁと思いました。

人は勝手に救われる。
恩を感じることも不要。

見方を変えれば、希薄になった人間関係を嘆く現実ではありますが。
正しく見れば、無自覚に人は救われるという、素敵な現象にならないでしょうか。





ま、そんなよく分からないことを延々と書き。

復活しながら今度は物理的にぶっ倒れた月影さんは、今日ものっそりのっそり歩いています。




追記よりコメント返事。






<コメント返事>
ゆら
まあ落ち着け。

今朝は4時くらいにぼとんと意識が堕ちて気がついたら8時、おまけに眠さのせいで起き上がった途端に体が寝転がってしまう状態でした。ちょっと徹夜をやりすぎたか。
不眠は辛いですよね。そういう時の癒しを探せれば楽になるのですが。

ところでひぐらしを“やりたい”って、ゲームですか?




衣兎
あらら。そっか、携帯電話では見れないですよね。またパソコンでお願いします。
大半がゲーソンアニソンですが、それでも楽しんでいただければなぁと思ってみたり。

『まよチキ』? 私が勝手に涼月奏に悶えるだけのラノベ……じゃなくて。
あれはあらすじと挿絵通りだと思います。物語は割とありきたりで、キャラが独特的なラノベらしいラノベで、あまり時間をかけずに読めるかなって私は思います。
とりあえず立ち読みできるお店でぱらぱらと読んでみてはいかがでしょうか? それで気に入るなら、購入を考慮してみる――って、そんな程度でいいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/02/19 19:24 ] 日常生活 | TB(0) | CM(3)

NoTitle

あぁ、確かに~です。

僕も、どちらかというと
「勝手に救われる」タイプです
ブルーなときは、
割と文章の中に逃げるので
本の台詞とかに「救われる」ことが多いですね

逆に、人を集める人は
無自覚に人を「救っている」人なのかもしれませんね(笑)
[ 2011/02/19 21:47 ] [ 編集 ]

いやいやいや、何やってんすか!?
ちゃんと寝てください…!
頑張るのはいいことだと思いますが倒れちゃうってなったら本末転倒なんですから…。
全く、もう…。

そして、徹夜はあまりしないでくださいよ…?
休むのも、大事なんですから。
これでまた倒れるようなことがあったら怒りますからね!
ぷんぷん!←殴っ

うーん…何かあっさりになっちゃいますがそこまで深く(?)考えなくてもいいんじゃないかと…。
確かに、無自覚に助けられるや助けているというのは素敵なことです。
ですが、例えば、迷惑かけたなぁ…って思えば相手がそんなこと思ってなくても謝ればいいと思うし、助かったや嬉しかったってなれば、単純に感謝をすればいいんじゃないでしょうか?
感謝の言葉を言われて嫌がるような人はいないと思いますので助けられたと思えば感謝し、逆に、助けたつもりはなかったけども相手に感謝されたなら受け取ればお互い晴れやかな気持ちになるんじゃないかなぁーってね(笑)

ではでは、乱文失礼します。
[ 2011/02/19 23:52 ] [ 編集 ]

けど、ゆらは徹夜はできないです(・ω・`)高校時代は夏休みとかにできてましたが。

昨日は電話しながら夜中におちましたw

ひぐらしはゲームですね。まあ、それより溜まってる読書や森の連載作品書いたりしなきゃです(^_^;

助ける助けられる云々についてですが、まあそうですよね。手助けは出来ても最後は自力しかない。

まあ、ゆらはほっとく人は冷たい思う派だから気づいたら手を差し伸べますが。
[ 2011/02/20 01:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1092-f65c0170











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。