スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

モノカキから離れていた時期

私の日記をご覧になっている方は、「こいついっつも物書いてるの?」と思われてるかもしれませんが、実際はそうでもないんです。

ここ三日くらい、ほとんど物は書いてません。

理由はいくつか……まあ、「俺の妹がこんなに可愛いわけがないポータブル」の販売前にできる限りメイプルストーリーをやっておきたかったというのもありますが(そして俺妹販売後にもメイプルはやる気です)、ちょっと気分転換したかったんですよね。

スランプ、という大げさなものでもありませんが。

ちょっと、「たまにはモノカキから離れてみたい」というのがありまして。
ちょうどメイプルストーリーという、気分転換によい媒体がありましたから、ついそっちに熱中していました。

ということで、この辺で本業に戻ろうと思います。

昨日宣言した通り、九重実桜の物語も書かないといけませんし。




追記より拍手返事。





<拍手返事>
音桜
いえいえ。前にも言ったかもしれませんが、待つのは好きな方なので。大丈夫ですよん。
クラスメイトさんも無視しちゃかわいそうでしょう。試練、試練なのでしょうねぇ。きっと。
頑張ってくださいな。
ちなみに私は二次創作が全く書けません。私が書いても、いつの間にか「私のキャラ」になっちゃうんですよね。いや、過去にやったことがありまして。あはは。

『争乱』の話。あれ、誤植がありましたか。申し訳ありません、修正しておきます。
楓が男前なのは椿がああだからです。
学校いじめうんたらはシンクロです。親子シンクロ。散々第1章でやってきたことです。

『争乱』の完結記念での澪音のセリフ。後付けになりますが、つまりはそういうことです。
あはは、ややこしいですよねぇ。ごめんなさい。
関連記事
スポンサーサイト
[ 2011/01/28 00:11 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1061-72ce28d7











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。