スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もんはん。その11

モンスターハンターin旧友の家。

複数討伐クエストを片っ端から片付け(そして私がひたすらに死に続け)、ようやく出てきたアルバトリオン討伐クエスト。
「アルバトロス」(鷹)+「セプテントリオン」(広義で北という意味=北斗七星)ということでなんか天体系のモンスターかなぁと思っていれば、箱を開けてみれば単なる古龍でした。
そしてよーく観察してみれば、過去の古龍の特徴を吸収したような動き。

雷攻撃+空中雷攻撃=ミラルーツ
ホバリング+龍風圧+広範囲氷光線=クシャルダオラ
尻尾べちべち=テオ・テスカトル
雷放散攻撃=キリン
猫ぱんち=古龍全般

などなど。
さらに、「炎ブレス=ベリオロス」「ホバリング=リオレウス・リオレイア」などなど、他の飛竜の特徴も兼ね備えているようです。
何かそういう伝説でもあるのでしょうか。属性変化(火&雷)により環境をも変える天災と説明されていましたが、それだけなのかなぁ。

さて、アルバトリオン。

初見では友人とこれがこーだあれがあーだと観察しながら、弓の私が三回死亡して終わってしまいましたが、次回で討伐しました。

感じたことは、

・ブレスや雷は回避距離がなくてもぎりぎり回避できる
・バックジャンプからの突進が鬱陶しい
・ホバリングした時のために、ガンナーが1人いると便利(ホバリングから叩き落すと、炎属性に戻るっぽい)

ってところでしょうか。

素材で作れる武器は龍属性が強いものの、攻撃力がアマツマガツチより低い模様。
防具はまず外見がらしくないので、私がアルバトリオンと連戦を重ねることはおそらくなさそうです。
アマツマガツチの方がラスボスって感じもしますし。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1035-3a733e67











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。