FC2ブログ







桁違いの数字に行動方針を変更せざるを得ない

<読了>
零崎曲識の人間人間
作者:西尾維新
出版:講談社

今月11冊目。
今日、図書館に行った時、「そういえば零崎シリーズ読んでなかったなぁ……」と思い出し、「これほどラノベを置いている図書館なら戯言とか外伝とかあるんじゃね?」ってことで検索してみました。
試しに『クビキリサイクル』を検索してみたところ、見事ヒット。
よしこれはある、と確信したところで、さて私は零崎シリーズのどこから読めばいいんだろうと思い返し、分かんねーのでひとまず「ゼロザキ」というキーワードで検索。最初に出てきたのが“人間関係”だったので、貸し出しされてないといいなーと希望を抱いてみましたが、やはり貸し出しされていた模様。

しょうがないから予約してやっか、とふと目をやると、予約件数が表示されていました。

予約件数:53件

……。…………!?

なんだこの人気は、と目を見開きつつ、頭の冷静な部分が「こんなもん予約してられっか……」とため息を吐いていました。
ということで、直接、古本屋へ。どのシリーズがどういう順番なのかも分からなかったので、とりあえず安いという理由だけで上記の本『零崎曲識の人間人間』と、『零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係』を購入し、前者を読みました。

が、後で調べたところ、零崎シリーズ第3冊目ということが判明。
竹取山の話だの零崎人識と匂宮出夢の殺し合いだの“大戦争”“小さな戦争”だの、何がなんやらさっぱり分からないキーワードが頻出。あーたぶんこんなんなんだろうなぁ、と勝手に想像しながら読み進めました。

感想としては……相変わらずどいつもこいつもキャラ濃いなぁ、とか。
もう1冊買ったのが『零崎人識の人間関係 無桐伊織との関係』だったのはある意味正解だったかもなぁ、とか。
萩原子荻さんアンタ何してるんですか・何してたんですか、と気になったり。
『ネコソギラジカル』の哀川潤がいかに化物だったかを間接的に思い知らされたり。
音楽すげー、なんて身も蓋もない感想だったり。

相変わらず細かいところであれこれ思うのがありましたが、1番強く思ったのはやはりラストですね。
今まで逃げ腰だった零崎曲識が、自分から最後の戦場に行くってシーン。
心情描写も極まり、かっこよかったです。

そんなところか……。人間関係はともかく、零崎シリーズ第1作・第2作が分からないことには、100%の感想を言えない今日この頃でした。

それでもこの本1冊で話が成立するのってある意味すげえ。





追記より歌紹介&拍手返事。







<歌紹介企画>
・1日に1~5曲程度の紹介をします。
・あくまで“今年、私が好きになった歌”を紹介するだけです。
 流行の歌とか、そういうのは期待しないでください。
・アニソンとゲーソンが大半を占めていますが私の趣味です。
紹介歌のリクエストをお受けしております。
 どんな歌でも構いません。紹介してほしい歌がありましたら、コメントや拍手などでお送りください。
 リクエスト歌は随時紹介していきます。物によっては事前調査が必要となるので、もしかしたら遅くなってしまうかもしれません。
 次のリクエスト歌の紹介予定日は12月26日です。
 詳しくは12月9日・12月13日の記事をご覧ください。


※歌紹介キャラ
神崎夢見子2

・神崎夢見子(かんざき・ゆめみこ)
高校3年生。
科学部の部長。ただし数学の公式を、テスト終了後10秒で忘れる。
ヒューマンウォッチングという名のストーキングを趣味としている。その影響で人脈がある。
今日も元気に大暴走するアホ。

九重実桜

・九重実桜(ここのえ・みざくら)
高校2年生。
夢見子に巻き込まれた哀れな犠牲者。目下、悩み事は「どうやって夢見子を沈静させるか」。
とても真面目で、自分の知らないことについて徹底的に調べ上げる。
和洋問わず、お菓子が好き。
実はマイペース気味。というか、あの暴走先輩に付き合っていると、毒舌でも無い限りやってられないのかも。

(画像は「キャラクターなんとか機」で作成しました)






夢見子「名言っていいよね!」

実桜「……」

夢見子「小説によくあるじゃん。名言! 例えばハルヒシリーズの“ただの人間には~”とか。あれって1発でキャラが分かるっていうのもあるし、印象に残るから、ラノベでは名言が大切にされてるんだよ!」

実桜「……ライトノベルを知らない私に言って、何を求めてるんですか?」

夢見子「雑談! それともう1つ。実桜ちゃんも、何か名言を作ってみようよ」

実桜「名言って作るものではなく、自然と口から出た言葉が名言になるのではないんですか?」

夢見子「どっちもどっちだよ。まー当然、本人は名言だって意識してないんだと思うけどね。ハルヒのアレだって、無意識っつーか、別に特別なことを言ってるわけじゃないって感じだろうし」

実桜「だったら、やはり名言を作るというのはおかしな話ですよ」

夢見子「それを成し遂げるのが実桜ちゃんなのじゃー!」

実桜「無茶ぶりも甚だしいですね。……それで、私は何を言えばいいんですか?」

夢見子「とりあえず何か言って!」

実桜「……ですから、何を言えと」

夢見子「じゃあね、テーマは“家族”!」

実桜「無理です」

夢見子「おおう即答!? 何かあるっしょ! 何か!」

実桜「……」

夢見子「……無理かぁ。ちぇー。ちぇー。あ、それなら!」

実桜「もうくだらない思いつきで振り回されるのも嫌なので拍手返事に移ります」

夢見子「ちょーい! 私を無視して進めるなー!」




<拍手返事>
音桜
どうもー。
ここ最近は外に出て10分で指がまともに動かなくなりますよねぇ。タイピング速度が落ちるという意味で、私も時に困っております。

小説ねぇ。書いてて「駄目だこりゃ……設定に不十分と不成立がありすぎる……それ以前に眠い……」ということで断念しました。楽しみにされてた方は申し訳ないと心底、反省しております。
そっちに小説を送る、というのは最初からノルマだったので問題ないのです。

日記はクリスマスが終わりましたから、テンプレを変更しました。戻す、ではなく変更です。また気が向かなかったら変更します。
サイトも。ちょっと前に思ったことですが、黒と白が交互になるサイトは目に悪いかなと思いまして、『死神姫』と『生徒会争乱物語』の一部を除いて白背景にしました。こっちの方が少しくらい見やすいのでは。

待て。反省はしてるんですからまぐろだけは勘弁してくださいまぐろだけは! てかあの人、変にけしかけたら絶対悪ノリするでしょう! 精神的に超ダメージを食らうのでやめてくださいよー!

遥かな日々。いー曲だ。ホント。
しかしそれでも琴吹さん頑張れと言い張る私。あははー。
……そういえばあのシリーズ、なんかDVDが出るとかいう話をはるか昔にした気がするんですが、どうなったんだろ……ちょっと調べてみます。




夢見子「まぐろの歌ってホントあれだよね。……思い出したくぬぇー」

実桜「歌いましょうか?」

夢見子「にゃにっ!? う、うう、実桜ちゃんの歌は聞いてみたいけどまぐろは嫌だ! なんだこのヤマアラシのジレンマは! 実桜ちゃん、やるなら別の歌を! 別の歌を!」

実桜「歌うならまぐろです」

夢見子「うあああああががががががあああ! 言葉にできねーもどかしさ! そんなに私を苦しめて楽しいか実桜ちゃん!」

実桜「はい♪」

夢見子「にゃ!? な、なんなんじゃそのものすっごく楽しそうな笑顔! 可愛いすぎて眩しいけど動機が動機だから素直に喜べねー! うあああああ私はどうしたらあああぁぁぁ……」

実桜「さて、ほどよく先輩が再起不能になったところで、歌の紹介を行います。今日は第3回・リクエスト歌です。調査できたのは2曲なので、2曲紹介しますね。今日、紹介できなかった曲は、また後日――おそらく12月29日に紹介すると思います」


BLAZE
アーティスト:KOTOKO
アニメ「灼眼のシャナII」オープニング(後半)

夢見子「ふっかーつ!」

実桜「もうちょっと眠ってればよかったのに……」

夢見子「こーらこらこら本音が漏れてるぜん。さて、ラノベで超人気『灼眼のシャナ』のアニメ版の歌だじぇ」

実桜「K.S様からのリクエストです。ありがとうございます」

夢見子「確かこの歌って、2期の後半あたりからオープニングになってたよね?」

実桜「はい。第16話「つきせぬ想い」以降、この歌に差し替わっています。2期前半のオープニングは「JOINT」。おそらく、前半の歌の方が知名度は高いと思います。……推測ですけどね」

夢見子「原作がラノベのアニメとしては珍しくて、かなりオリジナルばっかりらしいじぇ。まあ原作がややこしいというか、かなり作りこまれてるから無理もないっか!」

実桜「歌の印象としては、アニメソングによくあるリズムと歌声を、淡々とした、それでいて呼びかけ調が強いものです」

夢見子「アニメらしい歌だじぇ。シャナは結構どったんばったん暴れるアニメでもあるっちゃあるから、もーちょい派手でもいいかもしんないけど、前半の歌が歌だからあんなんでいいのかも」


Clap Your Sunday!
アーティスト:Neko Jump
アニメ「あにゃまる探偵 キルミンずぅ」エンディング3(第30話以降)

夢見子「うぉ? 私の知らねーアニメだ」

実桜「はにゃにゃ様からのリクエストです。アニメのタイトルと歌が全く合っていない気もしますが、実際にアニメを見られている方からはぴったりな曲だ、と感じられるのかもしれません」

夢見子「んー、ねぇ実桜ちゃん。まずこのアニメってどんなアニメ?」

実桜「“オリジナル本格変身アニメ”だそうです。珍しく、日本と韓国のアニメ制作会社が共同で製作したとかなんとか」

夢見子「お、言われてみれば魔法少女っぽい感じの歌に聞こえる!」

実桜「いえ、変身アニメといっても魔法少女ではないのですが……。主人公らが動物に変身できるアイテム“キルミン”を手にし、それを用いて様々な事件の解決や人助けをしようという話がベースです。“神浜キルミンズ”というのを結成して、あれこれやるって話ですね」

夢見子「あれか。探偵ごっこ! 昔よくやったなぁ」

実桜「とはいえ、変身するのは事実なので“ごっこ”ではないです」

夢見子「あ、そっか」

実桜「歌の解説に戻りますが……。先ほど述べた“神浜キルミンズ”の所属者、つまり主人公ズのほとんどが初等部5年生、11歳です。そのことを考慮すると、この子どもっぽいリズムに、童謡を想起させる歌調はうまく作られていると思います」

夢見子「そだねー」

実桜「このアニメは夕方に放送されていたものですから。あまりディープなアニメらしくしても、逆に違和感が生まれるだけでしょう」

夢見子「そのあたりはあれかな。ポケモンとかを連想してみればいいのかも」

実桜「そうですね」





実桜「さて、リクエスト歌を2曲紹介しました。満足のいく説明だったかどうかは不明ですが」

夢見子「楽しんでもらえたならなんでもいいぜー! さて実桜ちゃん、明日の歌は!」

実桜「……すごく嫌な予感がしますが」

夢見子「んー、そこまで身構えなくてもいいかもね。アニメ『化物語』の歌、行くじぇ!」

実桜「結局調べ物なんですね……」

夢見子「頑張れ! それで次のリクエスト歌なんだけど、実桜ちゃんが言った通り、12月29日になるね! 今んとこ残ったリクエストの歌は2つだけど、まだまだ募集はしてるよん!」

実桜「逆に、これから29日までにリクエストがなかった場合、29日が最後のリクエスト歌紹介になるかもしれません」

夢見子「その場合は月影っちの予定が狂いに狂って困るっぽいから、ぜひぜひリクエストしちゃいたまえ!」

実桜「……なんですかその“月影っち”って」

夢見子「え? 親しみ湧くかなーって」

実桜「はあ」

夢見子「そいじゃーばいなーら! あ、実桜ちゃん、これあげる!」

実桜「……ぺろぺろキャンディー……なんか最近、おみやげが簡素というか、手抜きになってませんか?」

夢見子「にゃはは。気のせい気のせい」
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/12/26 23:00 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1026-25f9cbc8