FC2ブログ







なんなんだあの外気温……

宣言通り、なんばに行ってきました。
……が。
寒すぎて泣けてきた。

自転車に乗ってる人間は超寒いんです。ガタガタ震えてるんです。その気持ちを察しやがれです。
ホント寒かった。

さて。なんばに行き、本屋を徹底的に漁り、『傾物語』は明日発売ということを知り、けど“文学少女”はあったから購入。ついでに古本屋で色々探してみるも何も見つからず、やけくそになった私はゲーセンに突撃して延々と麻雀をやってました。

いやあ、久しぶりに麻雀熱が戻ってきまして。500円で1時間半持ちましたよひゃっほう。

その余熱を保ちながら、自宅のパソコンに「雀龍門」を再インストール。また気が向いたらこのブログに話が出てくるかもしれません。……忙しいのにね。

さて。私は明日もまた、なんばに行かなくてはなりません。だって『傾物語』がさぁ……!

ってことで。
明日の昼……そうですね、とりあえず1時にしておきましょうか。
私は再びあの辺に出没します。暫定的に日本橋のアニメイトということで。
私らしき人がいたら声をかけてみてください。至近距離で「瑞華可愛いよ瑞華」と囁けば絶対に反応します。

服装だの持ち物だの、そういったことはまた明日に。

大阪在住の方。暇なら会いに来て~。



追記より歌紹介。







<歌紹介企画>
・1日に1~5曲程度の紹介をします。
・あくまで“今年、私が好きになった歌”を紹介するだけです。
 流行の歌とか、そういうのは期待しないでください。
・アニソンとゲーソンが大半を占めていますが私の趣味です。
紹介歌のリクエストをお受けしております。
 どんな歌でも構いません。紹介してほしい歌がありましたら、コメントや拍手などでお送りください。
 リクエスト歌は随時紹介していきます。物によっては事前調査が必要となるので、もしかしたら遅くなってしまうかもしれません。
 次のリクエスト歌の紹介予定日は12月26日です。
 詳しくは12月9日・12月13日の記事をご覧ください。


※歌紹介キャラ
神崎夢見子2

・神崎夢見子(かんざき・ゆめみこ)
高校3年生。
科学部の部長。ただし数学の公式を、テスト終了後10秒で忘れる。
ヒューマンウォッチングという名のストーキングを趣味としている。その影響で人脈がある。
今日も元気に大暴走するアホ。

九重実桜

・九重実桜(ここのえ・みざくら)
高校2年生。
夢見子に巻き込まれた哀れな犠牲者。目下、悩み事は「どうやって夢見子を沈静させるか」。
とても真面目で、自分の知らないことについて徹底的に調べ上げる。
和洋問わず、お菓子が好き。
実はマイペース気味。というか、あの暴走先輩に付き合っていると、毒舌でも無い限りやってられないのかも。

(画像は「キャラクターなんとか機」で作成しました)




夢見子「クリスマスイブ! 構わず本日も通常営業!」

実桜「営業というより実行でしょう」

夢見子「でも実桜ちゃんって、誰かと遊びに行く予定とかないの? 彼氏とか彼氏とか彼氏とか」

実桜「いません」

夢見子「動揺もせずにすっぱりかい。まーもし彼氏なんていたら、私が地獄の底まで送り込んでやるけどねー」

実桜「他人のプライベートに干渉してこないでください。先輩とは関係ないでしょう」

夢見子「関係ある! 実桜ちゃんは私の嫁!」

実桜「……私の記憶が正しければ、先輩は生理学的に女性の筈ですが」

夢見子「愛は何もかもを超えるんだよ! 性別という壁さえも!」

実桜「それはある意味、超えてはならない一線だと思います。というか超えないでください。私の平穏のために」

夢見子「にゃはは。いやでも、ホント、彼氏とかいるなら無理しなくていいよ? いや彼氏じゃなくても、友達とかさ。せっかくのクリスマスなんだから、どっか遊びに行かなくていーの?」

実桜「別に構いません。逆に、クリスマスだからという理由で請け負った仕事をほっぽり投げるのも気が引けますから」

夢見子「真面目すぎるなー。ここはほら、なんで今日に仕事をしないといけないの! ってブチギレて逃走するくらいじゃなきゃ!」

実桜「なら、そういう先輩はなんでここにいるんですか?」

夢見子「実桜ちゃんといたいからっ!」

実桜「……あーもうなんでもいいです。はいはいそうですかありがとうございます」

夢見子「ついに実桜ちゃんが匙を投げた!?」

実桜「正直、呆れを通り越して慣れを過ぎると、疲れてくるんです。先輩の言動」

夢見子「む、むむむむむ……むかーっ! 実桜ちゃん、今のはいくら私でも大激怒だじぇ!」

実桜「……」

夢見子「……ごめん、そのブリザードアイで怒りも凍りつくからヤメテ」

実桜「そうですか。……それにしても、常々思っているのですが」

夢見子「お、なになに?」

実桜「私といることの何が楽しいんですか? 正直、理解できないです」

夢見子「んー、まあ楽しいから楽しい? ほら、好きに理由がいらないってのと同じかなぁ。私が誰かをストー、もといヒューマンウォッチングするって決める時なんか、ほとんどが「あの子かわいー」とか「あの子気になるー」とか、フィーリングばっかりだし。それと同じってことで」

実桜「そうですか」

夢見子「お、もしかして他の答えを期待してた? ふっふっふ、今なら語れるじぇ。実桜ちゃんの可愛いところとかチャームポイントとか魅力とか!」

実桜「やめてください」

夢見子「まず可愛い!」

実桜「やめてくださいって言ってるんですが……」

夢見子「そして可愛い。いつもクールなのにお菓子食べてる時が可愛い。ハムスターみたい」

実桜「どういう目で私を見てるんですか」

夢見子「知らないこと調べてまとめあげるのがうまくてかっこいい」

実桜「……これ、どういう拷問ですか? 私何かしましたか?」

夢見子「しかも調べたことを言うだけじゃなくて、自分の考えもちゃっかり入れてる。入れすぎず、足りないってこともない。そのバランス最高」

実桜「……耳栓ってどこかにありませんか? ないですか、そうですか」

夢見子「正直、食べられてもいい」

実桜「いやそれはおかしいです」

夢見子「いやぁ、例えば実桜ちゃんが人を襲う化物とかだったとしても、私なら喜んで食べられるかなーって」

実桜「例えが最悪すぎます」

夢見子「食べてる時の実桜ちゃん、ホント可愛いからさ。にゃはは」

実桜「……、……はぁ。これ以上、雑談を続けると先輩が妄言を垂れ流しそうになるので、歌の紹介に移ってもいいですか?」

夢見子「いいともー!」


遥か彼方
アーティスト:Rita
(以下ネタバレ)「リトルバスターズ!」Refrain1周目挿入歌
原曲:遥か彼方~Instrumental~

夢見子「リトバスのとあるシーンで流れる涙腺ぶっ怖い歌だじぇ」

実桜「夢に包まれている、という感覚になる歌です。ゲーム内では1箇所でしか流れません。原曲となっているノンボーカル版は何度か流れますが、それとは大幅に印象が異なるでしょう」

夢見子「これがまたタイミングよく流れるんだよね。そいや私がプレイした時、ちょうど涙じょばーなシーンでサビに入ったけど、あれって偶然?」

実桜「検証とパソコン版に付加されている音楽データから考える限り、通常版とサビ部分のみが収録された2つのデータがあり、ちょうどいいタイミングでサビの部分に切り替わるようになっているようです」

夢見子「あ、やっぱりか。タイミングよすぎっ! って思ったヨ」

実桜「あとは……この歌の歌詞が誰の心境を現しているか、それはプレイした人がよく分かることでしょう。なお月影さんは当初、直枝理樹と棗鈴の歌だと勘違いしていたみたいです」

夢見子「まー、理樹君に鈴ちゃんの歌と当てはめてもおかしくないっちゃおかしくないんだけどね。その辺はそれぞれ、解釈ってものがあるからさ」


Little Busters! -Little Jumper Ver-
アーティスト:Rita
(以下ネタバレ)「リトルバスターズ!」Refrain2周目・棗鈴エンドのエンディング
原曲:Little Busters!

夢見子「最後の最後、全部終わった時のエンディングだじぇ」

実桜「リズムと歌詞の大半はオープニングの「Little Busters!」と同じですが、一部の歌詞が入れ替わっています。なお「Little Busters! -ecstasy ver-」(「リトルバスターズ! エクスタシー」以降のオープニング)は元々のオープニングを改造したものなので、あっちが後です」

夢見子「確かに、エクスタシー版とかプレステ2版・PSP版をやった人だと、オープニングとエンディングが全然違って聞こえるかもねん」

実桜「とはいえ、イントロと最後のサビ直前、及び全体的の細かなリズムが違うくらいですが」

夢見子「んで、この歌。歌詞がねー。深い、深いよ!」

実桜「オープニングでは“君は一人僕も一人、僕らは孤独でいるんだ”というフレーズが、エンディングでは“君は一人僕で二人、いつしか僕達になって”と変わっているのが印象的でしたね」

夢見子「ホント、本編ぴったりの歌だよ」


Saya's song
アーティスト:Lia
(以下ネタバレ)「リトルバスターズ! エクスタシー」以降、朱鷺戸沙耶ルート2周目の挿入歌、及び同ルート3周目のエンディング

夢見子「最後はこれ! リトバスの歌は騒がしいか静かかに大別されるけど、これは静かな歌だじぇ」

実桜「とあるルートのエンディングとして流れる歌です。エンディングというより、キャラソンに近いかもしれませんね。そのルートのヒロインの心境を歌った歌ですから」

夢見子「あのルート、謎が多いっちゃ多いけどさ。超感動できるぜー! ……もっとも、「なんであれをリトバスでやったの?」という意見もちらほらあるっぽいけど」

実桜「リトルバスターズというゲームは基本的に、友情を描いた作品です。ですがこのルートに限っては、全く違うテーマを持ち上げていますから。否定意見が出るのも当然といえば当然かもしれません」

夢見子「ちなみに実桜ちゃんはどっち?」

実桜「……と言われても、私はゲームをプレイしたわけではないので」

夢見子「あ、そっか。……にゃはは、当たり前のように語るから間違えちゃったぜ」

実桜「あくまで調べているだけです」





夢見子「さて、リトバスの歌もこれで終わり! 次は何紹介しよっか?」

実桜「……今後の予定としては、『化物語』シリーズ、劇場版“文学少女”の主題歌が予定されています。もちろん、リクエスト歌も紹介するみたいですが」

夢見子「んー、あと7日だよねぇ。予定は3回分かぁ。きつくない?」

実桜「一応、紹介した歌のアレンジ版も紹介予定に入っているみたいです」

夢見子「といっても、4日も稼げないっしょ。……ここに来て計画崩れ?」

実桜「……となると、元々紹介する予定だったけど紹介していない歌をピックアップするのでしょうか」

夢見子「あー、なるほど。元々リクエスト歌って年末に紹介予定だったけど、それを計画にねじ込んだからねぇ。絶対外れた歌があるはずだよん」

実桜「まあ、その辺も含め、なんとかなるとは思います」

夢見子「ってことで、読者のみなさんはアレだ! 楽しみに待っててちょーだい!」 
関連記事
スポンサーサイト



[ 2010/12/24 23:27 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://darkness3538.blog77.fc2.com/tb.php/1022-f8f05147