スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なんだかなー

※本サイトの次回更新は10月1日以降とさせていただきます。ちょっと色々詰まってて。



なんか最近、難しいことをよく考えてる気がします。

まーどうせ難しいことなんて言っても私の基準ですから、世間一般的にはなんともレベルの低いものなのでしょうが、私にとっては難しいことでありまして。
そう考えると、なんかたまには簡単なことをやってみたいなー、と思い、時折、単純作業なゲームにはまったり、ぼんやりとネットサーフィンをしている自分がいます。こういうのが一番ダメな自分だと思います。

でもなー。
たまにはなんか、ほけーっとしたものを書きたいなぁ、とか。

そんな私は明日、とある企業の一次試験です。が、本命でもなんでもないどころか、下調べしてみるとやたら評判の悪いところでして、折しも明日は台風大接近ぎゃーって日なので、天候が荒れていたら素直にごめんなさい外出できる気がしませんとでも電話しようと思ってます。

もちろん、外出できる程度ならちゃあんと行ってきますけど。最近、面接ってあまり受けていない(それ以前で落とされるんだよ馬鹿!)ので、たまには受けないと調子が狂うというか。



……あ、そういえば『いなかみち。』へのキャラ応募がさっぱり来ません。いや、厳密には全く来てない訳ではありませんが。

さすがに3章で見放されたかなぁ、としょんぼりしつつ、まあこのままなら本来書きたいものを書くことになるでしょうし、それはそれでいっかぁ、って考えになったので、もしかしたら早く締切るかもしれません。
その時はご了承くださいませ。



追記よりコメント返事。

スポンサーサイト
[ 2012/09/29 22:44 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

さすがに、疲れた。 @「魔法少女リリカルなのは」の話

昨日は徹夜で「魔法少女リリカルなのはA's」を一気見し、寝落ちした後は「D.C.Ⅲ(3)」のVer1.3を攻略して、ようやく今に至ります。
ここからさらに物を書いたり課題をやらなければ、と考えるとなんか色々頭が痛いです。
今日も徹夜だよ、笑えよあはは。



さて、なぜここで「魔法少女リリカルなのは」が出てくるか。

まあ簡単な話、

・一期全話を見る機会があった
・一期全話を見た結果、二期が見たくなった
・クラスメイトがやたら推してくるため
・ヴァイス

です。

1つ目と2つ目はともかく、クラスメイトに2人、やたらめったら作品を好きな人がいまして。で、私もたまに話を聞いていたのですが、そこまで面白いならまぁ見ておこうかと。
そこに来て一期を見たところ、話の構成とかキャラクターが普通に面白かったので、ついつい二期をまとめて見てしまいました。

そして絡んでくるのが、またしてもカードゲーム:ヴァイスシュヴァルツ。
思えば「ダ・カーポ」と「アイマス」にドハマリしたのは奴が原因です。それと同じノリです。
なおこれらの全ての元凶は雪村杏です。全ての元凶の元凶は藤林杏です。全ての元凶の元凶の元凶はヴァイスを勧めてきた友人です。……どうでもいいけど。

閑話休題。
ともあれ二期をまとめて見て、うんこれ三期は見なくていいやと視聴終了。
9話(闇の書の覚醒)だの11話(理想との決別)だので大泣きしたのと、一期とは違って敵にもかなり感情移入しました。
特にヴィータ。中盤あたりから、あいつがなんか叫ぶ度に心が震えました。
あとシグナムもかなり好きです。フェイトとバトっているシーンとかホントにね。燃える。

「魔法少女リリカルなのはA's」を知ることができたので、いつかヴァイスのデッキを作るかもしれません。
もっとも、今作っている<魔法>スタンダートを片付けてからですが。
カードプールを見るに、ネーム指定シナジーだらけなので、ネオスタで組むと面白そうです。
とりあえずフェイトさんがツボすぎたので、そっちからかなぁ。……一部、メチャクチャ高いけど。



そんな訳で――

第二作目の魔法少女、知識習得完了。さすがにこれ以上、魔法少女モノを見ることはないでしょうけど……はてさて。



追記:ヴァイスといえば、アニメ「リトルバスターズ!」がヴァイスに参戦するそうです。
……まあ、妥当なところですよねー。また葉留佳奈でも作るかー。
[ 2012/09/28 23:12 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

「D.C.Ⅲ(3) DASH ~ダ・カーポⅢ(3) Ver1.3~」プレイ記録:新データ

ということでVer1.3の追加要素も全部楽しんだところで、適当にデータを纏めておくことにします。



「D.C.Ⅲ(3) DASH ~ダ・カーポⅢ(3) Ver1.3~」プレイ記録(5):エクストラエピソード(エリザベス)

※エクストラエピソード:エリザベス
――A pretty principal――

※突入条件
(1)オールクリア後である(おそらく)
(2)陽ノ本葵の新シナリオ分岐条件を満たしていない(COMMAND→グニルックを選択していない)
(3)五条院巴のエクストラエピソード分岐条件を満たしていない(12月12日の「ラウンジ2」と12月19日の「食堂5」を通っては駄目)
(4)12月12日の「食堂2」と12月20日の「エントランス6」を通ると、12月21日の開始に割り込んで発生


※今後、同じ条件でエクストラエピソードが配信される可能性を考えると、風見鶏編共通ルートのCOMMANDで「いつ、どこを選ぶと、誰が出てくる」というメモをしておくと、便利かもしれない。
(私? やってないけど……)


「D.C.Ⅲ(3) DASH ~ダ・カーポⅢ(3) Ver1.3~」プレイ記録(4):エクストラエピソード(五条院巴)

※エクストラエピソード:五条院巴
――It is time the cherry tree seen a long time ago――

突入条件
(1)オールクリア後である(おそらく)
(2)陽ノ本葵の新シナリオ分岐条件を満たしていない(COMMAND→グニルックを選択していない)
(3)12月12日の「ラウンジ2」と12月19日の「食堂5」を通ると、12月20日の開始に割り込んで発生

(覚えるのが面倒なら、COMMANDで“寮内”→3箇所、を繰り返しておけば分岐します)


「D.C.Ⅲ(3) DASH ~ダ・カーポⅢ(3) Ver1.3~」プレイ記録(3):邂逅のアルティメットバトル

※「邂逅のアルティメットバトル」編プレイ記録

突入条件:(おそらく)オールクリア後に、スタート画面「邂逅のアルティメットバトル」を選択




「D.C.Ⅲ(3) DASH ~ダ・カーポⅢ(3) Ver1.3~」プレイ記録(2):陽ノ本葵の新シナリオ

なんというか、久々にダ・カーポの世界を堪能した気がします。


「D.C.Ⅲ(3) DASH ~ダ・カーポⅢ(3) Ver1.3~」プレイ記録(1):共通ルート追加分

さて、とりあえずプロローグから。

※タイトル表記ですが、ゲーム内では「D.C.Ⅲ DASH ~ダ・カーポⅢ Ver1.3~」に、公式サイト内では「D.C.Ⅲ ~ダ・カーポⅢ ダッシュ~」となっておりますが、とりあえずは前者をタイトル表記とします。
また文字化け対策として(3)を入れております。

ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(9月28日)

「“良い記憶を求めて”篝」
レベル2・コスト2・ソウル2・パワー7000、青
<時間><鍵>
自:[あなたのスタンドしているキャラを2枚レストする]このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の<鍵>のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『永:このカードはサイドアタックしてもソウルが減少しない。』
自:チェンジ [1 このカードを控え室に置く]あなたのアンコールステップの始めに、このカードがレストしているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“最良の記憶”篝」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


「“命の理論”篝」に次ぐ、チェンジ持ちの篝。

もう1つ持っている自動能力は、舞台登場時に限りサイドアタックしてもソウルが減少しないもの。
後列を2枚レストすることが少し面倒なのはこれまでさんざん述べてきたが、レストコストを要求しないデッキではさして問題はない。反面、集中持ちのキャラを毎ターン動かすようなデッキでは少々辛いかも。

コストを払うことで、このカードに能力を付加させ、サイドアタックしてから安全にチェンジする、というのが鉄板の使い方になるだろう。
チェンジ先のカードがまだ公開されていないため、そっちのカード次第では、他のカードによるサポートを兼ねた方がいいかもしれない。



……ところでここでレベル3の篝の存在が明らかになるってことは、レベル3の篝は2枚いるってことですよね?
でなければ別の形で出てくるんですよね?
ね?

「D.C.Ⅲ(3)」新作情報

(1)「D.C.III Plus ~ダ・カーポIII プラス~」2013年2月28日発売予定
(有り体に言えばPSP版っぽい)

(2)「D.C.IIIP2 ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~」2013年4月28日発売予定
(完全新作)

今回発表された『D.C.III P2 ~ダ・カーポIII プラチナパートナー〜』は、D.C.シリーズ最新作『D.C.III ~ダ・カーポIII〜』の風見学園編の完全新作(ファンディスクではなく完全新作)となり、これまでの学園恋愛から青春感動よりにした内容になるとのことです。また、本日9月27日に『D.C.III P2 ~ダ・カーポIII プラチナパートナー〜』のティザーサイトも公開されました。
「サーカス、完全新作『D.C.III P2 ~ダ・カーポIII プラチナパートナー~』を発表! 2013年4月28日に発売 | モエデジ」より引用)


風見学園編の完全新作(ファンディスクではなく完全新作)となり、これまでの学園恋愛から青春感動よりにした内容になるとのことです。



そっちじゃねええええええ――!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。