FC2ブログ







ヴァイスシュヴァルツ:今日のカード紹介・考察(5月23日)

「夢見る未来 リッカ」
レベル1・コスト0・ソウル1・パワー5000、黄
<魔法><生徒会>
自:あなたのクライマックス置場に「咲き続ける花」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが<生徒会>のキャラなら、あなたは相手のキャラを1枚選び、手札に戻してよい。 (公開したカードは元に戻す)


……CXに、ごくふつーにさくらさんがいらっしゃるんですけどー!?

さて。「デッキトップが○○なら~」というカードはこれまで多く見てきたが、今回はバウンス効果。
同じく<生徒会>ということで、「大はしゃぎ! シャルル」などと併用するのが吉かと。
CXのトリガーもまたバウンス、このカード自身がノーコスト5000と普通に戦闘に参加できるレベルなので、レベル1地帯でコストを使いたくないデッキだと、十分に採用の目はある。










だがそんなことよりも。

今回、私がこのコーナーを再開しようと思い当たった、きっかけの名称不明のカード。「ブシナビ生放送!」にて、

「巡り来るキセキ さくら」

であることが発覚したそうです。
……久々に予想が当たった……っ!
スポンサーサイト



ライトノベル感想『八丈島と、魔女の夏』


八丈島と、魔女の夏 (一迅社文庫)八丈島と、魔女の夏 (一迅社文庫)
(2012/05/19)
小椋 正雪

商品詳細を見る

両親の長期出張で俺が預けられた先は八丈島?!しかも、俺を預かってくれることになった親父の親友は本物の魔女?!島に住む少女、真奈との出逢い。そして八丈島の穏やかな生活と魔女エーファのまわりでおこる不思議な事件。俺のわりと波瀾万丈な八丈島生活がここに始まる!第一回キネティックノベル大賞佳作。

今月9冊目。

著者:小椋正雪さんは、小説サイト「LUNAR!」にて、二次創作(主にKey系)の話を書かれてらっしゃる方です。
また、「Rewrite ノベルアンソロジー」の話の1つも書かれてらっしゃいます(私も以前、このブログで感想を書いたはずです)。

そんな方の、初単行本。


[ 2012/05/23 03:26 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)