スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今月のおさらい

今月読んだ本。

『マテリアルゴースト2』
『彼女がフラグをおられたら』
『刀語第三話 千刀・鎩』
『双子と幼なじみの四人殺し』
『刀語第四話 薄刀・針』
『刀語第五話 賊刀・鎧』
『刀語第六話 双刀・鎚』
『刀語第七話 悪刀・鐚』
『D.C.II 結ばれる記憶』
『刀語第八話 微刀・釵』
『刀語第九話 王刀・鋸』
『Rewrite ノベルアンソロジー2』
『レトロゲームマスター渋沢2』
『@HOME』
『Steins・Gate 比翼連理のアンダーリン1』
『Steins・Gate 円環連鎖のウロボロス』
『Steins・Gate 円環連鎖のウロボロス2』
『刀語第十話 誠刀・銓』
『刀語第十一話 毒刀・鍍』
『マテリアルゴースト3』
『まよチキ!10』

計21冊。
青字で書いてあるものは“感想を書いていない本”。
シリーズ物を除くと4冊。
『Steins・Gate 比翼連理のアンダーリン1』に関しては表記を誤っておりました。『比翼恋理』はゲームで、小説は『比翼連理』なんですね。
……ところで誰かシュタゲ小説版における椎名まゆりタイムループうんたらを私めにご教授願いたいあれは一体何だったんだ?

来月はもうちょっと一般書籍も手に取ろうと思う。



1月が終わりました。明日から2月です。

2月といえばバレンタインデー。……『死神姫』『生徒会波乱物語(100題)』『生徒会争乱物語』と、何気に毎年何かを書いている日です。
今年は何を書くべきかなぁ。『いなかみち。』は短編を書かない形式にしているつもりだが……ううむ……。
第一あの辺、また時間軸の整合が面倒くさいんですよね……。
まああれこれ考えてみます。

1月でやったことは……うん、正直あまりない。謎のスランプによりさっぱり物は書けないし。
ということでモンハンにシュタゲ、ヴァイスと、サブカルに逃げた月だった気がします。
来月はもうちょっと折り合いをつけていこうかなぁと思いつつ、そもそも学校関係で忙しい月になりそうなので、どこまで何ができることやら……。




追記より拍手返事。


スポンサーサイト
[ 2012/01/31 21:48 ] 日常生活 | TB(0) | CM(1)

ヴァイスシュヴァルツ「契約をせまるキュゥべえ」「生きるための願い マミ」

連日、トライアルカードが公開されていましたが、今日はブースターからの公開でしたね。
巴マミを出したかったのかな?


「契約をせまるキュゥべえ」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー500、黄
<宇宙人><魔法>
永:他のあなたの<魔法>のキャラすべてに、パワーを+500。
永:あなたが自分のキャラの「チェンジ」のコストを払うとき、このカードの下のマーカーを、ストック1枚のかわりに控え室に置いてよい。
自:このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置く。


やっぱり黄色はマミさんとキュゥべえかよ……。

さて。ようやく原作再現っぽいカードが出てきました。特徴が全力でネタバレをしていますが気にせぬよう。
まず<魔法>バンプ。これはいいとして。
面白いのがチェンジ時コスト代行効果。なるほど、「魔法少女にさせる」んですね! ……いやあホントよく考えられてるわこれ。その発想はなかった。

この効果が有効的なのはレベル1→2くらいかと。場に出して山札からマーカー引っ張り→そのターンにチェンジということができれば、仮にCXを噛んでしまってもリフレッシュでどうにかなるのが強い。
もっとも有効的なのは、チェンジタイミングがクライマックスフェイズの「なのは」「禁書」と合わせる方法。
特に「なのは」は<魔法>主体のため、魔法バンプ効果も無駄にならない。

レベル1やレベル2帯に+1000などの優秀な応援を置きたい場合、それまでにこのカードを置いてマーカーセット、チェンジをさせたらさっさとチャンプなり圧殺なりするといいかも。
レベル0帯でこのカードを出すなら、「ちび篝」や「小悪魔 杏」などのデッキトップと合わせれば、CXが噛むことも少なくなる。



「生きるための願い マミ」
レベル1・コスト1・ソウル1・パワー2500、黄
<魔法><お茶>
永:あなたのターン中、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
自:チェンジ [1 このカードを控え室に置く]あなたのドローフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「宿命を背負うマミ」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。


<お茶>かよっ!
と突っ込みましたが、魔法少女形態じゃないのなら納得が行く……いやいやそこは<お菓子>だろ! そっちの方が他カードとの連携は楽なのに!
ティロ・フィナーレを撃つマミさんが<武器>であることを切に願います。
……最近では“電柱を振り回してる子に<お菓子>がつく”世界だからなぁ……。

さてカード考察。自ターンパワーバンプは他の黄色でも同じく。注目すべきはチェンジ。
まあチェンジ先がまだ公開されてないのでなんとも言えませんが、レベル1になったら上のキュゥべえと一緒にこのカードを後列に出し次のターンでチェンジ。出番を終えたキュゥべえは原作の恨みとばかりにチャンプさせてマミさんは暴走開始! ……というのが1番理想的かと。

ただカード名から考えて、このマミさん、もう1回くらいチェンジしてしまいそうな気が……。
CXシナジーの有無、能力時の必要コストなどを考え、緑のストック確保を並行して用いると安定するかも。

なおチェンジにしては珍しく「このカードを控え室に置く」がコスト。思い出肥やしは諦めよう。

ライトノベル感想『まよチキ!10』


まよチキ!10 (MF文庫J)まよチキ!10 (MF文庫J)
(2012/01/23)
あさのハジメ

商品詳細を見る

マサムネによる告白。家出から戻ってきた紅羽。そして、学校に来なくなってしまった近衛と涼月。秋から冬へと移りゆく季節とともに、自分を取り巻く人間関係も、少しずつ、けれど確実に変わりつつあるのを俺は感じていた。そんな中、紅羽が近衛に告白すると言い出して、俺とマサムネは二人のデートを見守ることになる。その結末はまあ想像にお任せするが、前に進もうと決断した妹の姿や、さらにシュレ先輩の励ましを受けて、俺も走り出すことを決める。俺の親友である執事くんと、その主であるお嬢様がいる場所へ―。学園執事ラブコメ第十弾!少女の願いがもしも叶うなら、その時にはきっと、心を隠した仮面を外して―。「…私で、いいの?」。

今月21冊目。


[ 2012/01/31 03:53 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

月曜日から何やってんだ

久しぶりに料理に燃えました。



20120130.jpg

携帯電話を横にして撮ったので少々見にくいかも。

炒め物は人参+ほうれん草+木綿豆腐。胡椒と料理酒で味付けをしましたがやはり薄い。マヨネーズを添えてちょうどよくなるくらいです。
煮物は見ての通り、玉ねぎ+人参+鳥のつくね。玉ねぎが妙に固かったですが、人参はほんわか柔らかくていい感じ。
卵焼きは塩と砂糖を少しずつ。薄味です。
ご飯は冷凍しておいたものを。炊くのがめんどかった。

食卓に4品並ぶというのも珍しいですが、久しぶりに張り切ってみました。
そしてここへ、食材を買う時に一緒に購入した生ビール(500ml)を1缶。プチ酒盛りです。
……この馬鹿は月曜日から何をやっているのでしょうか、一体。
[ 2012/01/30 23:02 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

ヴァイスシュヴァルツ「暁美ほむら」

「暁美ほむら」
レベル3・コスト2・ソウル2・パワー10000、緑
<魔法><時間>
永:あなたのストックが4枚以下なら、このカードのパワーを+500し、このカードは『自:アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。
永:このカードの正面のキャラのソウルを-1。


まさかのトライアルにて2枚目のレベル3。とはいえ、トライアルが緑・青構成っぽいので、不思議でないといえば不思議ではありませんが。
……どうせならRewriteの時もそうしてほしかった

さて。ストック状況で10500+アンコール。そしてソウル-1。
ソウル-1については汎用的ながら十分に使える能力で、ましてやトライアル環境におけるもう1枚のレベル3が「わけがわからないよ」と言いたくなるパワーカードなので、バランスがいいといえばいいのかも。

アンコールについては、レベル3の時点で場が揃っているならストックが4枚以下でも問題なく、逆に5枚以上にならないようにするのがキツイかもしれない。……この辺はカード次第だが。
もっとも、果たしてアンコールを多用するだけのリソース確保手段があるのか、という問題と、「鹿目まどか」というパワーカードを引っ張っておけばやられることはそうそうない、という可能性を考えると、不要な能力……かもしれない。
一応、自分でバンプできるのは優秀っちゃ優秀だが、レベル3地帯だと自分で+1000というのも珍しくない世界なので……うん、微妙。

<時間>のレベル3では「ネコミミ みくる」に次いで2枚目。
「ネコミミ みくる」もソウル-1効果に加え、1コストで相手のクライマックスを封じる起動効果を持つ。
……向こうは<魔法>を持っていないが、それを考えなければ明らかに向こうの方が使いやすいと言わざるを得ないような……。

日曜日です

でも学校で特別講義がありました。だから学校に行きました。


特別講義の内容は「ネットショップビジネスについて」。
小説家志望でありながら一般就職も視野に入れていて、しかしやりたいことが見つからない私には、些か――というよりかなり興味が湧く内容でした。
今後、生徒からの希望があるなら、試行錯誤レベルで選択授業を設ける(来年度からですけど)らしいので、私としては希望したいところです。
こういう、テクニックとかノウハウがどうこういう世界、好きなんだと思います。私は。

まあそのためにはビジネス関係の勉強をしないといけないっぽいけどね!
高校時代、もうちょっとビジネス関係の学科にいた人と仲良くしとけばよかったよ!(見当違いの憤り)



特別講義終了後、心斎橋をぶらっとしてきました。

休日ということもあり、行き交う人の様子が気になったとか、特に服を買う訳でもなくユニクロで試着をしてみたりとか、ミスタードーナツに行って「ぱないの!」とか言ってみたりとか、ブックオフでコナンの総集編を読んでうわあこの話懐かしいなぁと目をうるうるさせてみたりとか、

お前何やってんだな1日。

……存外、無駄ではないと自称致しますが。
[ 2012/01/29 22:28 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

ライトノベル感想『マテリアルゴースト3』

<読了>
『マテリアルゴースト3』
著者:葵せきな
レーベル:富士見ファンタジア文庫

今月20冊目。

もう少し話が軽ければまた好きなキャラが1人増えたところでしたが……あまりにもテーマが重い! 重いよ!
神無鈴音との電話のシーンなんか、鈴音視点になった瞬間からものすごい重いものがずっしり来ました。

おまけにハッピーエンドとはいえ根本的解決になっていない話。……これなんか嫌な予感がするよ~
[ 2012/01/29 22:24 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

そっちじゃないっ

今日はヴァイスシュヴァルツのカード公開がないみたいです。休日には更新しないのでしょうか。



学校の昼休みにて。休憩時間まで小説云々をやるのはちょっと辛かったので、携帯電話で歌詞を表示させてPSP音楽機能を使って「頑張って『初音ミクの消失』を歌ってみよう」ということを1人でやっていました。未だにこの歌が歌えません。
そこへあるボカロ好きクラスメイトがやってきて、「これ練習して歌ってみてよ」と言われました。
まぁ歌の練習くらいなら並行してできるし、これを機に新しく好きな歌が増えるかもしれない、と期待してましたが……渡されたプレイヤーで流れていたのは、








私が好きなボカロソングってそっち方面じゃね――っ!




追記より拍手返事。


[ 2012/01/28 23:39 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(0)

ぎょーざ

たまに餃子の王将に行きます。
あそこの餃子がおいしすぎて、私はよく「餃子三人前」と、あらゆる人に迷惑になりそうな注文をします。
しかし今日、ちょっと無理をしてみて「餃子四人前」を注文してみました。
無論、お腹を壊しました。

……三人前が限界みたいです。うぅ、やはり私は少食体質なのか……。
[ 2012/01/27 23:03 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

ヴァイスシュヴァルツ「黒髪の少女 ほむら」「保健係 まどか」

「黒髪の少女 ほむら」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー3000、緑
<魔法><時間>


バニラ。誰がどう見てもバニラ。
<魔法>のバニラならサポートカードから「浴衣の音夢」や、<武器>も併用して持つ「妖精の尻尾一の女魔導士 エルザ」の方が有用性は高い。
ネオスタン環境トライアル限定だとおそらくレベル0バニラはこのカードだけになる+トライアル4枚封入と思われるので、使えない訳でもないけれど。

<時間>では3枚目のレベル0バニラとなる。
とはいえ、現状<時間>のカードが少ないので……今回で<時間>サポートのまどかが出てくることに期待。
そうでなくても「ほむら」対象の強化とかありえそう。



「保健係 まどか」
レベル0・コスト0・ソウル1・パワー2500、緑
<魔法>
自:[1]このカードがアタックした時、クライマックス置場に「夢に出てきた少女」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたらあなたは自分のクロック置場のキャラを1枚選び、手札に戻し、自分の山札から上から1枚を、クロック置場に置く。


(23時40分:再編集)

「木陰の膝枕 クド」から特徴指定と思い出効果を消して、クロックに置くカードを山札の上から1枚にして、CX対応にしたカード。色まで同じ。

この効果は案外役に立つ。クロックドローするためやむを得ずクロック置場に置いたカードを回収したり、手札のカウンターをちらつかせて相手を萎縮させたり。特に「“メルヘン少女”小毬」のようなレベル0カウンターを入れるなら、レベル0からこの作戦が使える。

そうでなくてもレベル1以降、事故やダメージ時のカードを拾い上げることもできると、事故防止には便利な効果。

……しかしこれを使うためにクライマックスを埋めるか、と聞かれたらかなり微妙なところ。
まだネオスタン環境におけるクライマックス公開がないため、他に有用なカードがある可能性もある。
ただ単に“クロックドローを確保する”だけなら、レベル0シフト持ちの「“地球委員長”ルチア」を入れればいい話になる。
しかもクロックに新たに置くカードが「山札の上から1枚」なので、デッキトップサーチをしていないと不安定。リフレッシュ間近だとCXが1枚減る結果となりかねない。

逆に、レベル0から使えるCXシナジーということで、2:2(キャラ2枚、CX2枚)くらい入れてもいいかもしれないが……この辺は他のカード次第。
それこそ先日公開の「ワルプルギスの夜に挑むほむら」と合わせるのもアリだし。

他のカード公開と自分のデッキと照らし合わせ、使うか使わないか決めるカードとなりそう。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。