FC2ブログ







第2(4?)小説が完結したのでした

モンハンは停滞気味。
というのも、プレイしていないのではなく、あれこれやってる状態です。
例えば武器を作ったり、農場の拡張に勤しんだり、色んな大型モンスターと戦ったり、温泉を発展させたり。
ナルガ防具を作ろうとして「迅竜の骨髄」がなかなか手に入らなかったり、未だに「ドスヘラクレス」が手に入っていなかったり。
なんというか、まったりハンター生活って感じでしょうか。

ナルガ装備が完成し、スキルを整えることができたら、村のティガレックスやディアブロス、集会所の様々なモンスターと戦おうと思ってます。
戦力になるスラッシュアックスを手に入れた以上、今度はそれに似合った防具を作る必要がありますから。




さて、本サイト「漆黒色の物語」で連載していた「悠々荘の閑話」が、昨日を持ちまして完結しました。

完結しました!

……いやね、こう。「完結しました」って淡々と言ったらつまらないかな、って。
大切なことなので2回言ってみたんだよ!

連載期間は約1年。更新履歴が没落しているので正確には分かりませんが、去年の12月からスタートしたっぽいです。

最初の構成では、彩音と杏奈がメインヒロインで、面倒臭がりの主人公・真一が色々なことに巻き込まれるって話を考えてました。
いや、ある意味では現在と変わらないのですが。ただメインヒロインは……。

ほのぼの系統というのは最初から考えていたことで、作品バナーが質素だったり、ジャンルが「ほんわか」だったり。最初からドタバタを考えていませんでしたし、王道だらけのつまんねー話を書いてみよう、という程度の連載開始だったと思います。

今になって考えてみれば、これは物語の原点となる要素が数多くあって、以後、どんな物語を作るにおいても参考になるかな、と自分で思っております。

というのも、最終章を除き「誰かに問題発生」→「真一がそれを知るが何もしようとしない」→「周りが巻き込む(大半の確率で杏奈)」→「なんだかんだいって真一が何かする」→「解決」という流れは不変なんですよね。

第2章では事件がほとんどなかったり、第4章は決してハッピーエンド一直線とは言えない内容だったり、それぞれに差はありますが、根幹は変わっていないと思います。

それ以外には、キャラ小説であるということ。
ストーリーだけ捉えるとつまんねー話も、キャラクター視点で考えるとそれなりの話になるのでは、という話なんです。悠々荘は。
主に瑞華が。そう、瑞華が!(帰れお前)

瑞華といえば、彼女がメインになるのは第3章。
驚くべきことに、それまでは出番さえほとんどなかったんですよ。第1章では完全未出、第2章では全員が動くシーンでだけついてくるだけ。
それがどうしてこうなった……。それもこれも、3章を書いていて「……これ、ちょっとだけ恋愛要素入れてもいいよな?」と考えた私のせいです。
結果、最終章にて大暴走。
この辺は悪い意味で反省してます。最後にああするなら、他の章で伏線を張ることもできたのに。

それはともかく。そんな訳で、紆余屈折、脇道に逸れたり変な方向に突っ走ったり、そういう話でした。
最後の番外編に至っては「え、これ書く必要ある……?」と自問自答しつつ、「まあ書くと宣言したんだから頑張るか」という気持ちが強かったかもしれません。
蛇足だと感じられたら、なんか申し訳ない。

まあラストが蛇足だろうが書き足りない部分があろうが、完結したという点は変わらないので。
その余韻に浸りつつ、そろそろ第5物語へと進みましょうか。
生徒会争乱物語。
書いては消し、設定を見なおしてはキャラを修正し。
試行錯誤のすえ、皆様に楽しんでいただけるような物を書けるといいな、と夢見ている今日この頃です。

余談ですが、生徒会争乱物語のキャラ紹介は、近いうちに大修正します。
ちょっと色々とね……。




追記よりコメント・拍手返事、歌の紹介。ちょっと長いです。


スポンサーサイト



[ 2010/12/04 23:35 ] サイト・自作小説のこと | TB(0) | CM(0)