FC2ブログ







パラレルワールドの答え

ヒジョーに眠たいので変な文章になるかもしれませんがお許しを。

昨日ぐだぐだと述べたパラレルワールド。私の中で1つの結論が出たので、これで行こうと思います。

まず、基本は「世界は枝分かれして存在している」という説を採用して。
この場合の問題が、

・無数の世界から梨花(未来から現在へと訪れる少女)が同じ意志を持って時空遡行する
 →無限大の梨花が現代へと現れる

というものがありました。
私が考えたこれの解決法が、これ。

・梨花が来た時点で「1の世界の梨花が来た世界」「2の世界の梨花が来た世界」~「nの世界の梨花が来た世界」と現代が分岐する
→パラレルワールドの形成


という物です。

つまりそれぞれ違う世界から来る梨花を、枝分かれした現代が対応するのです。
その中にはもちろん、梨花が訪れなかった世界もある。その場合は介入因子がないまま、成功か失敗かの判定を行う事になります。

今回の場合、

梨花が住む未来……過去、梨花は主人公の下に訪れていない
主人公が住む現代……未来Aの梨花が訪れる

という風に設定しています。
で、主人公が存在する世界を現代とすると、現代の派生先は、

・梨花が訪れない世界(全く関係ないA君が学校に行った)
・梨花が訪れない世界(全く関係ないA君が学校を休んだ)
・梨花が訪れない世界(全く関係ないB君が自殺をした)
・梨花が訪れない世界(全く関係ないB君が自殺しなかった)
 ・
 ・
 ・
・梨花が訪れない世界(別因子による行動次第で分岐)
 (梨花が訪れない世界を「現代0」とします)

・未来Aから梨花が訪れる世界:現代A(他因子は考えない物とします)
・未来Bから梨花が訪れる世界:現代B
・未来Cから梨花が訪れる世界:現代C
 ・
 ・
 ・
・未来?から梨花が訪れる世界:現代?

となります。
先述した通り、今回は未来Aから梨花が訪れる世界を採用しますので、主人公が辿る世界は現代→現代Aとなります。
一方、梨花が住む未来の世界にいる主人公は、全く同じ時期に現代→現代0というルートを辿っている事になります。

ここで、新たな問題が1つ。

じゃあ梨花の住む未来と主人公が住む現在は、違う世界ではないか、という事。
つまり、梨花が過去へ遡り何かを行っても、梨花の住む未来は変わる事がない。
よって、梨花が過去へ遡る必要がなくなるのではないか、という問題。

ですがこれは解決済みです。梨花は自らが所属する未来の歴史を変えたいのではなく、自分が助言する事により成功する未来へとたどり着いて欲しい(主人公が)という事なのです。
「せめて昔の主人公は~」というケースですね。

これでパラレルワールドの問題はなくなったはずです。
タイムマシンの理論も完成していますし、これでようやく小説が書けます。

……しかしこれだけ凝った所で、三題噺は所詮5~15枚なんですよねぇ。原稿用紙400文字で。
むう。この大掛かりな設定は、もうちょっと別の所でも使ってみようかな。





追記よりコメント&拍手返事。



スポンサーサイト



[ 2010/06/21 22:01 ] サイト・自作小説のこと | TB(0) | CM(0)