FC2ブログ







ライトノベルの添削について

ちょろっと思う事があるので、その話をしてみます。

土曜日の授業で、各自持ってきた作品を合評してみんなで添削しているのですが。
この時に、割とパターンとなった指摘(修正しろや~、という内容)があり。
しかしそのほとんどが、私としては納得いかないものなので、ちょっとその事を。

まず第一に、「会話が7行以上続くと、確実に長いと指摘される」件。

これ、何がいけないのか全く分からないのですが。
会話が続いて悪文となるパターンは、

・多人数が喋り過ぎて、誰のセリフか分からない
・解説なしに場面が動きすぎている(現状解説にはよくあります。みなさんもお気をつけください)
・セリフスタートから次の地の文までに、状況が発生・展開しすぎている(上と似ていますが)

が挙げられると思います。

確かに、世界観や組織の説明などでは、セリフを長々とすると読みにくいでしょう。
その場合、途中途中に地の文を入れるといいと思います。三人称なら「○○は一旦視線を外し、気まずそうに続けた」とか「○○はふっと笑う。そのセリフは想像していた、と言わんばかりに」とか。
一人称なら「いや、理解できないから」「俺は適当に相槌を打っておいた。正直、訳が分からない」など。
あ、否定的な文章になってるのは偶然。

ですが。

・ギャグシーンで、キャラ同士のやりとりを歯切れのよいテンポで行う

この場合、セリフを続けても問題ないのではないでしょうか。

まあぶっちゃけ「生徒会の一存」「バカとテストと召喚獣」「神様の言うとおりっ!」等々、ギャグに特化したラノベでこういう作法が使われているのが根拠なのですが。特に最初の。セリフで半ページ行く時さえある。

これについて、ただ「セリフが長いから地の文を入れろ」という指摘は、私はおかしいと思うのですが・・・・・・
てか逆に、地の文を入れたらテンポが悪くなる場合もあります。




次。

「キャラのセリフが、読者に伝わるようにしろ」という指摘。

ごもっとも。意味の飛びすぎたセリフを突発的に出されても、読者は混乱します。
まあこれを伏線という形で使うのでしたら、あえて説明の欠けたセリフを使う場合もありますが。

ですが。

その作品における、キャラの名言ではどうでしょう。

その場合、はっきり言って、解説があった方が萎えます。

というのも、以前どっかで見た話なんですが・・・・・・昔の有名な俳句がありますよね。
例えとして出ていたのは、「古池や蛙飛び込む水の音」。松尾芭蕉でしたっけ。
実際、この句に込められた意味は少ないです。古池に蛙が飛び込んで水の音がした、という事を文にしているだけですから。

ですが、これは名句として、今もなお語り継がれています。
その原因の1つとして、解説が無い事にあるんじゃないでしょうか。
「古池に蛙が飛び込んだ。風流な水の音がするなぁ」などと解説をしたとしたら、おそらくはここまで有名にならなかったと思います。
・・・・・・はい、ここまでどっかで見た文章の使い回しですよ。引用させて頂きました。

で、作品における名言も同じで。

あえて解説がないからこそ、深いんですよ。名言って。

実際にある作品を例えにするなら・・・・・・ラノベじゃないですけど、ゲーム「CLANNAD」がいいですね。
この作品の名言は? と聞かれると、まあ色々あるでしょうが、これが1番多いみたいです。

「この町と住人に、幸あれ」

古河秋生のセリフです。オープニングで使われていますが、これが実際に聞けるのはアフター2週目。ものすごい後です。

このセリフについて、詳しい解説は本編でされていません。
この作品は全体的に「家族」をテーマとしており、町の住人について描いている部分は割と少ないです。
ですが、町を愛し、住人と共に笑いあう古河秋生だからこそ、この名言が生きてくるものです。
詳しくは実際にやってみろ。アニメ見るだけでも多分大丈夫だから。

で、何が言いたいのかというと。

私の作品ではないのですが、12文字くらいの言い切りの言葉に、「もう少し解説した方がいいんじゃないか」という指摘があったんです。確かセリフは・・・・・・『世界は美しいね』みたいな感じだったかと。
これに対し、私は即座に反論しました(挙手しなくても喋るような空間なのです)。「それいらないでしょ」と。

つまりのところ、上で言えば、何が美しいのかという解説が必要だと思ったのかもしれませんが。
そんな解説、絶対に要りません。物凄く興ざめです。
ここまでの文章で、世界の何が美しいのか、ある程度推論できます。
それでいいんです、名言というのは。





・・・・・・っと、なんか予想以上に長くなってしまったので、今日はこの辺で。
次の土曜日は・・・・・・私が持ち込む作品が、指定ジャンル的に最低最悪の内容となるのは目に見えてるからなぁ。
次回は指摘とか止めとこうか・・・・・・


追記よりコメント返事。


スポンサーサイト



[ 2010/06/09 23:02 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)