スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アニメ感想「WORKING!!」 9品目「ことりちゃん登場!!」

今日は伊波がバイト休みの日。
だが、シフトに入っていないはずの伊波がワグナリアにやってきた!
なにやら思いつめた表情で小鳥遊を見る伊波が、思い切って告げた一言は・・・・・・!?




スポンサーサイト
[ 2010/05/31 11:45 ] アニメ感想 | TB(2) | CM(1)

ミュージックガンガン

ミュージックガンガン、というアーケードゲームを、みなさんご存知ですか?

公式サイトはこちら

「音ゲー」+「シューティング」という、なんとも斬新な発想を取り入れたゲームです。

内容は、選択した曲のリズムに合わせて画面に表示されるターゲットを、リズムよく撃っていくというゲームです。
「太鼓の達人」がシューティングになったもの、と考えていただければ分かりやすいかと。

プレイ動画も、you tubeで結構見かけます。

↑プレイ動画「only my raligun」(難しい)



で、今日、私はこれを初プレイしてみました。
・・・・・・つーか、存在知ったのも今日なんですが。

1回200円で2回プレイ。やった曲は、次の4曲です。

「only my raligun」(普通)
「もってけ! セーラー服」(難しい)

「夏祭り」(難しい)
「東方音銃夢」(超難しい)

感想。
結構面白いですが、結構シビアです。
はたから見る分には簡単そうに見えるんですが、実際にやってみて・・・・・・なんというか、頭がついていきません。
特に難しい以上だと、曲のどこのタイミングで撃てばいいのかが曖昧というか、自分が想定した物と作られた物が一致しない場合、タイミングが合わずパニックになります。

そして、そんな理論的な事が一切通じないのが、四曲目にやった「東方音銃夢」。
上の動画でも紹介していますが、原曲「U.N.オーエンは彼女なのか?」です。ええ、それだけでプレイ初日に最高難易度の曲に手を出してしまいました。

あれはもう・・・・・・無理ゲーとしか言えない気が・・・・・・

ま、極める系の音ゲー(それこそ太鼓みたいな)よりは難易度は低いので、リズム感に自信がある方はやってみてはいかがでしょうか。
まだ置いてあるゲーセンが限られてるでしょうから、見つけたらラッキー、という程度で。
ちなみに、どこのゲーセンにあるかは、公式サイトが提示しています。
[ 2010/05/30 20:51 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

小説の「テーマ」とは?

次回お題。
ジャンルが「現代」、小道具が「制服」。
セリフが「許してもらわなくてもいい」。

・・・・・・ごめん。真っ先に、西山紅葉と西山桜を思いついた。



小説のテーマとは。

学校で小説を書いて合評やら先生から添削を受けると、大概「テーマを考えて書け」と言われます。

では、テーマとは何か。

小説において、テーマとは作者の主張だと先生は言いますが。

小説を書いた中で、「~~について書いた」と主張したところで、「何が伝えたかったか」→「テーマは何か」と突っ込んだ質問をされる事が多いのです。

じゃあ、一体小説って、何の為に書くのか。

・・・・・・ちょっと話が飛躍しすぎましたね。
要するに、伝える事を求められるのであれば、小説は「文体・物語を通じて、作者が読者に何かを伝える存在」という事になります。

が、これがどうしても上手くいかない。
悩みに悩んだ挙句(どれくらい悩んだかというと、本来なら自炊する予定だった夕食を吉野家に変える程度にです)、一つの結論を得ました。

テーマとは、「その小説で描いた事」であり。
「作者が伝えたい事」とは、また別なんじゃないかな、と。

だってそうでしょう? 古今のライトノベル、作者からのメッセージが込められた物など、半分にも満たないと思います。

例を挙げれば、「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」。
これは全体において「狂気」をテーマ(モチーフ)において、そこにサスペンステイストを上塗りしています。
じゃあ作者は、「人間が狂うとこうなる」という事を伝えたかったのか。
おそらくは違うでしょう。人間の狂気性と日常とのアンバランス、そして裏をかくサスペンスが、あの小説の醍醐味です。

巷で人気の「“文学少女”シリーズ」もそう。
各話ごとに人の心境と理想的でない日常、その中での主人公・井上心葉の心境の変化を描いている、という点では素晴らしい作品です。心情描写においては、これの横に並ぶライトノベルも稀有でしょう。
では、作者は何かを伝えていますか?
明確な答えが出てきません。強いていうなら「日常の脆さと儚さ」辺りでしょうか。

極論は「生徒会の一存シリーズ」。
これは伝えるも何も無い気がします。今のラノベの典型的なパターンでしょう。
テーマとしては「駄弁る」あるいは「放課後+生徒会というまったりした日常の中で、変化していく人的環境と精神」辺りですか?

とまあ、これらの挙げて来たライトノベル。
作者からのメッセージが顕著に伝わらない中、どれも「このライトノベルがすごい!」で上位にランクインしています。

となると。
あくまで私目線ですが、ラノベに対して、明確たる作者からのメッセージは必要じゃないのでは、と。

小説はあくまでエンターテイメントです。作者からの教訓ではない。
教訓に基づいた人物達の物語、という点では面白いかもしれませんが、それを強要する必要はあるのかと。

ただし、テーマが何も無い小説。これはこれで問題です。
なぜなら、パターンが急に変わる事があるから。少し前まで家族の事を描いていたと思ったら、次の瞬間に友情の事へとシフトチェンジした。
これでは、読者が何を見ればいいのか分からなくなってしまいます。

つまりのところ。
メッセージよりも、何について書いたか。
これこそが重視されるべきなんじゃないかなぁ、って。

その中で、面白い、あるいは切ないとかハッピーエンドを望むような物語、あるいは萌える人物や面白いキャラクターなど、それらが統合したものが「面白い小説」とくくられるのでは、と思います。

例えばライトノベル業界では「“文学少女”シリーズ」に肩を並べる(と、私が勝手に思っている)「とらドラ!」も、1巻からラストまでずーっと、主人公たちのちぐはぐな恋愛を描いて大人気になっています。

以前、同時期にアニメ化するということで雑誌で対決特集が組まれた相手、「とある魔術の禁書目録」についても、主人公の上条当麻が敵(巻によって違う)の想いと激突し、最終的に上条当麻が勝利する、という基本テイストがあります。その中で、それぞれの人物の心情描写を上手くやっていく、それがこのラノベではないでしょうか。
まあ、これについては「勧善懲悪」という主張がなくはないんですけどね・・・・・・。

とまあ、そんな訳で。

とりあえず、来週の授業の時に、これらの事をふまえた上で聞いてみます。
それでも「作者が何かを伝える事が必要だ」と返されたら、今度はラノベを深く読み込み、それを探してみる事にします。

・・・・・・ところで余談。

「デュラララ!!」のテーマって何。



追記よりコメント返事。
ちなみに月影さんは、風邪から復活した時に何かイケナイ薬でも飲んだのか。
なぜか、ツンデレ口調で返事をしています。
ある種のキャラ崩壊。それでもいいのでしたら、どうぞ。


[ 2010/05/29 21:43 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(0)

力尽きました。

はい、専門学校初の休みです。
とりあえず数時間前まで死んでました。風邪ってここまで悪化するんだなぁ・・・・・・
寝て起きて寝て起きて、の繰り返し。今もまだ頭が少しぼんやりしています。

それにしても、モノカキが進みません。
学校の時間もなんですが、最近本当に、「気がついたら一日が終わっている」という事が多すぎます。
実質、使える時間は高校時代より長いはずなのに・・・・・・一体どこで削られているのか、未だに分かりません。
もう少し、時間を計算して日々を過ごすべきなんでしょうが・・・・・・

そういう事で、本サイトは、まだ停滞中です。
[ 2010/05/28 21:25 ] 日常生活 | TB(0) | CM(1)

ちょろっと真面目・・・・・・ですらない話

風邪は少し良くなったみたいです。今日は寒くてガタガタ震えていましたが、この分だと明日はちゃんと学校に行けそう。
明日は一日中、授業があります。昼飯も晩飯も用意した! さあ、あとは明日を迎えるだけだ!
・・・・・・あ、いや待ってください。課題がありました。

と、その前に。
あまりにもネタがないので、私が数年間疑問に思っていた事の考察でもしてみましょうか。
月影さん、超久しぶりの真面目モードです。

今日の議論は、ライトノベル「とある魔術の禁書目録8」82ページ10~11行目の地の文について~!

・・・・・・ちょっと待って。まだ帰るには早い。早いですよあと五分!

えー、ともかく禁書8巻の地の文で、どうしてもずっと気になってた部分があります。
82ページはちょうど、この巻でメイン張ってる白井黒子と、この巻全体で敵に回っていた結標淡希が対峙するシーンです。
で、私の示している地の文は、白井黒子が結標淡希を見た時の印象が描かれています。

内容を抜粋すると、

高校生だと白井は適当に予想した。見た目の年齢などあてにはならないものだが、中学生にとって高校生は一つの壁だ。何となく、見えない何かで自分達とは同類の感じがしない。

これ。
要約すると、目の前の結標淡希は高校生だと白井黒子は予想したのです。
そして、彼女が思う「中学生と高校生の差」について。具体的には示せないけど、同じ延長線上で考えてはいけない存在、と言いたかったのでしょう。

はてさて。この「見えない何か」とは何なのか。

私は中学生の時、先輩に恵まれませんでした。そりゃもう一年二年前に生まれたってだけでふんぞり返る馬鹿共でしたよ。あれに協調しなかった自分を褒めて。
で、高校生になった時、初めてこの文章と出会いました(高校1年の秋あたりだったはず)。
そして、改めて思ったのです。一体どう違うのかと。

高校生という立場で中学生を見た時、確かに何か違う気がしました。なんというか、相手が子供に見えるというか。
人間の心理としては不思議ではありませんが、物理的現象に当てはめるとちょっと不思議ですよね。
最大でも3つしか変わらないんですよ? 年齢。そんな相手、絶対的な隔たりを感じるというのは、一体?

もっと年を食えば、3つという年齢差は不思議でもなんでもありません。
一番早い礼が結婚ですね。3つでは年の差ですらありません。むしろ、同じ年齢の方が珍しいのではないでしょうか。
・・・・・・ん? なんかこのフレーズ、どっかで聞いたような。どこかで見たのかもしれません・・・・・・

ですが、高校生と中学生という立場を考えた上での「3つ」は、やけに大きく感じます。
これの原因について考えた時、私は次のような答えを出しました。

環境の違い。

社会人の「3つ」が些細に感じるのは、きっと環境が同じだからでしょう。同じ“社会”というフィールドに位置し、同じように働いている。まあ、能力的な面で、違う働きをしてるかもしれませんが・・・・・・

ですが、中学生には“中学校”、高校生には“高校”という、決められたフィールドが存在します。

この所属する場所が、きっと大きく精神に作用させるのでしょう。
現に、高校3年生と大学1年生では、全く違うように感じられます。下手すると年齢は同じ事だってあるのに。

では、さらに話を発展させます。
環境の違いで、何故ここまで大きな隔たりを生むのか。

それは、自分が所属する組織を、過剰なまでに意識しているからでしょう。

人間は群れないと生きられない生物です。よって“群れ”がいる組織を重んじてしまい、結果的に思い込みが生まれる。
年齢という別の観点から考えると、それはおかしいというのに。

あとはまあ、学生生活の経験は貴重とか、そんなのもあるんでしょうねぇ・・・・・・
精神論はほとんどが「仮定」で進むから、ちょいと難しいのですよ。
[ 2010/05/27 20:16 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

風邪が治らないぜ・・・・・・

今更ながらにTOP記事なんか作ってみる。なんという殺風景。

さて、風邪が治りません。昨日は早く寝たはずなのに、どういう訳でしょう。
初期症状だった喉の痛みはありませんが、とにかく体がだるいんです。あと鼻水がたまに出てきます。もう鬱陶しいこの上ない。

今日は特に、変わった事はありませんでした。
ネトゲ(メイプル)したりネットサーフィンしたり、小説書いたり小説読んだり。
まったりとした1日でしたよ。
忙しい事は忙しいのですが、たまにはこういうほのぼのした日もいいかな、なんて思ってみたり。

明日は曜日的な意味で学校は休みですが、特別講義が入っています。
これで何回目だろ・・・・・・? とりあえず、体調を崩さないようにしないと。
[ 2010/05/26 20:04 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

風邪引いたっぽい

喉の痛み+体がだるい+鼻水=これ、風邪だわ。

・・・・・・って事で、どうやら風邪を引いたみたいです。
仕方ないか。無計画に徹夜とか夜更かししてたら、そりゃこうなりますよね。
おかげでなんかやる気が湧かず、三食がかなりおざなりになっています。

しかしそんな中、今日はホームセンターに行ってきました。

いや、どうしても鍋が欲しくて。
自転車で片道20分でしたし、まあそれくらいなら大丈夫かな、とたかをくくったのですよ。
まあそれで症状が悪化する事もなかったのですが。

買ったもの一覧はコチラ

・なべ
・洗濯用ハンガー(×2で198円)
・小説保管用ファイル(授業で合評した小説を保管する物です)
・延長コード
・フック式箸立て
・水切りネット(三角コーナーに置くアレ。私のは三角ではなく丸ですが)
・おろしプレート(大根おろしなどを作れる)

以上、5262円。

いや、ホームセンターに行くと、ついついたくさん物を買ってしまうのですよ。
ファイルやハンガーは予定通りでしたが、後は衝動買いです。
一人暮らしの恐ろしさ。
ちなみに、現在の時点で残金は2万円。まあ、今月もあと少しですから、余裕でいけますね。

なお、私の生活費は月5万。削られるのは電気代だけで、家賃やガス代、ネット代は奨学金の方から引落してます。
今のところ、少しだけ倹約を意識すればいける、というレベルです。
まあ私の場合、娯楽的な買い物がラノベ、稀に漫画ですから、そんなに高くならないんですよね。
ラノベも、1ヶ月に読める量に限界ってありますから。せいぜい20冊がいいところです。

そんな訳で、明日は久しぶりに煮物を作ります。
じゃがいも、腐ってなければいいけど。




それと他の話も。

・メイプルの事
くぬぎサーバーの「天上魔術士」が三次転職をしました。現在レベル70(氷雷魔)。アイスストライクが全く戦力になりません。
その内プロフィール欄にキャラクター画像を貼っておきます。もし見かけたら声をかけてやってください。

・小説の事
今日は久しぶりに更新します。
現在、生徒会波乱物語の完結記念小説を書いてますが・・・・・・長くて長くて。
完成し次第掲載しますが、いつになる事やら。
死神姫もどうにかしないといけないし、なんか泥沼です。

・メールの事
音桜様。メールの方、ありがとうございます。
こちらのサイトのアドレス(twins-twins☆hotmail.co.jp、☆を@に変換)より、今日中にメールを返信させて頂きます。
ご了承ください。
[ 2010/05/25 22:24 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

1日で変わるはずもなく

<読了>
けんぷファー12
・・・・・・えー、んー・・・・・・ま、まあこれはこれでいいとは思いますが・・・・・・長々と張られ続けていた伏線が、まさかこのような形を迎えるとは。
しかし、こうなるのなら・・・・・・明らかに今まで活躍しすぎだったでしょうが、三郷雫さん。




気がついたら時間がない生活、今日も続行中。

学校終わる→友人のモンハン手伝う→帰宅→料理→食事→片付け→ネトゲ→今。
・・・・・・モノカキは? と聞かれそうですが、とりあえず今日は学校課題の奴を友人に送り、添削してもらいました。
意外と添削量が少なくてびっくり。
こいつの提出日は土曜日なので、ちまちまと推敲していきたいと思います。

明日、明後日は学校の都合で休み。明明後日は特別講義があるだけで、あまり時間は食われません。
この辺を持って、もう1度時間の使い方を考え直してみようと思います。
とりあえずネトゲやりすぎだと思うんだ。そこからなんとかしよう。せめてモノカキと1:1で。

どうせ明日あたり、また「寝るのが面倒」とか言いながら徹夜すると思いますが。
まあ、体調を崩さない程度にしようとは思っています。

・・・・・・と、書くのはいいのですが。

どうにもさっきから、喉の調子がおかしいんですよね・・・・・・痛い。いや、激痛ってほどじゃないんですが、ちょっと何かがつっかえてる感じ。
寝て起きたら治ってる、といいんですが。まあ私の生命力って無駄に高いですから、なんとかなるでしょう。多分。

とりあえず、自由課題と悠々荘にとりかかるか・・・・・・
[ 2010/05/24 23:38 ] 日常生活 | TB(0) | CM(1)

第966回「一度は経験したいもの」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です!今日のテーマは「一度は経験したいもの」です。今はまだ、経験していないけど…出来なくてもいい、妄想でもいい一度は経験したいもの、皆さんは何かありますか?吉久は、一度で良いから、「世界三大珍味」を食してみたいですもちろん最高級の人によってはいまいちという人もおりますが、TVの前でいつも食べている人をみては、どんな味なのだろう、どんな匂いなんだろう・・・と...
FC2 トラックバックテーマ:「一度は経験したいもの」



翼を持って飛んでみたい。
[ 2010/05/24 23:32 ] トラックバック | TB(0) | CM(0)

アニメ感想「WORKING!!」 8品目「伊波、はじめて?のお・で・か・け!」

水道工事の影響でワグナリアは臨時休業。
そこで種島の提案により、ワグナリアの女子メンバーは日帰りで温泉に行くことに。
今まで友達と遊ぶにいくこともなかった伊波は果たしてちゃんとお出かけできるのか!?


なんだ?
私が原作を完全に知っているアニメは、第9話が「私の好きな話」が来るという法則でもあるのか?


[ 2010/05/24 11:10 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。