スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

季節巡り風の色も、変わりゆくその隙間に―――

タイトルは「花詞」(アーティスト:Suara)の歌詞より。

えー、広島に戻ってきた目的の一つ、かるた部。
・・・・・・またかい、と思われそうですが、またですよ。
ええ、後輩の様子が気になりましたよ。全国を決めた後輩に会いたかったですよ、文句あるかァ!

・・・・・・失礼。

そういう事で、高校の制服を着て母校へと行きました。
当然ツッコミの嵐ですが、身を張ってウケを狙うのが大阪人です。
・・・・・・いやそれは半分冗談です。だって、学校といえば制服じゃないですか。

それでかるた競技部行って、かるたやって。

・・・・・・やっぱり、1ヶ月のブランクと長旅の疲労は大きかったらしく。
今日、初めて後輩に負けてしまいました。
あれは悔しかった。負けて当然の流れだったけど、それでもあそこまでボロボロにされるとなぁ・・・・・・

とりあえず、大阪でかるた会を探して入ってみようと決意した、今日この頃。
そういう暇があればいいけど。


(10時追記)
申し訳ございません、忘れてしました。追記から拍手返事。


スポンサーサイト
[ 2010/04/30 21:44 ] 学校生活(高校) | TB(0) | CM(0)

ライトノベル感想「僕は友達が少ない3」

僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)僕は友達が少ない〈3〉 (MF文庫J)
(2010/03/24)
平坂 読

商品詳細を見る

友達作りを目的とした残念な部『隣人部』が誕生して一ヶ月。努力の甲斐もなく、羽瀬川小鷹たち隣人部の面々は誰一人友達ができることなく夏休みを迎えてしまった。様々なイベントを経験し、友情が深まる―リア充たちがますます繁栄する季節、夏。来てしまったものは仕方がないということで、まだ見ぬ「友達と一緒に楽しく過ごす夏」の予行演習のためにプールに行ったり合宿をしたりする隣人部のメンバーたち。果たしてその成果はあるのか、そもそもそんな練習に意味はあるのか…!?露出度アップなのに残念度もアップの残念系青春ラブコメ第三弾、夏こそホットに残念。

2巻のラストで次回への伏線を張った、柏崎星奈の話。
・・・・・・だった、はず。


[ 2010/04/30 21:40 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

広島に戻ってきましたよ

や、別に堕落したとかじゃなくてですねー。
ゴールデンウィークだから帰省してます、って事なのですよ。
それと後、母校(高校)に行ってみるとか、旧友と遊んでみるとか。

5月3日まではこっちにいる予定なのです。
どうせモノカキはしますが、のーんびりと過ごす予定です。
でも回転寿司は絶対行く。楽しいから。

それと―――5月1日、絶対に????を見に行く。
これも確定事項なのです。



追記より、コメント返事。


[ 2010/04/29 23:15 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

はじまりのはじまり

ホームルームが今日、初めて行われました。

・・・・・・いや、明らかに今、「は?」って顔をしたでしょう。
けど専門学校というのはそういうものです。うちの学校は学科によって授業時間が異なり、日によっては午後から夜までって場合もあるんです。
それゆえに、ホームルームという事はしないのでしょう。

しかし今日は連休前(まあ、明日も授業はありますが・・・・・・)。
ってことで、第1回、ホームルームがありました。

とはいえ、内容は休み中の注意事項と簡単な宿題(日記をA4用紙に書いてこいと。・・・・・・いや、日記はここで書いてるしなぁ。????の感想でも書くか・・・・・・)、あとは2週間過ごしてきてどうか、という質問。

これについてはクラスの人が1人1人答える形になり、なぜか私はトリに。
思った事を言ったら「微妙な締め」とか言われました。泣いていいですか?

で、私が思った事。

学校にはだいたい慣れてきた。一人暮らしにも。
だったら、ここがスタートじゃないかな、って。

今日の時点で、「プロローグ」が終わりました。
次は「第一章」です。6月の半ばに作品添削会という大きな行事があるので、そこまでが第一章でしょうね。

だから、本当に・・・・・・まだ、始まったばっかりです。

ここで気を抜く馬鹿はいないと思いますが、私も怠惰にならないようにせねば。
そんな風に気合を入れて、今日もパソコンをガタガタ打っています。
あ、ちなみに今日、先生に作品を1つ出してきました。ちょっと見てくださいアドバイスプリーズ、という形で。
また機会があったらどこかに乗せておきますね。



追記より、コメント返事。

[ 2010/04/27 22:37 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(2)

今更感想なんて・・・・・・と言いつつも、アニメ感想「WORKING!!」4話

~月影さんの「何気に」~
何気に見ているアニメ
「WORKING!!」

何気に見ていないアニメ
「Angel beats!」(時間がない)
「Kiss×sis」(見たくない。原作は知ってるけど)

何気に見ていなかったアニメ
「バカとテストと召喚獣」(ふと6話だけ見てみた。やっぱり原作の方が・・・・・・)
「れでぃ×ばと!」(あれって見ないといけないですか? 見なくていいよね、ねえいいよね!?)

何気に続刊が出ていた漫画
「咲-Saki-7」:またいいところで切りよって・・・・・・続きが気になるぞ!

何気にやってるネトゲ
「ラ・テール」:エメラルドに、『月影縫者』と『神野和樹』がいます。実は紅葉もいたりして・・・・・・?

絶対に見たいと思っているアニメ
???"????"(正確にはアニメにあらず。見るのは5月1日以降)



で。
超久しぶりに、感想なんてものを書いてみる。

世間話が好きな、さわやか好青年・相馬。
そんな相馬に興味を持った小鳥遊は、彼の危険すぎる『説得』を知ることに!



[ 2010/04/26 23:08 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

不可能なんてない。それを、君が教えてくれた

かつて高校の時にかるた競技部に所属していた私ですが。
その時、頑張る後輩が1人いました。
その男子から、今日、1つの報告がありました。

「かるた大会第7位入賞 全国大会出場決定!!」

最初に見た時、思わず泣き叫びました。

私も三年生の夏に行った大会です。
私の前の先輩も、夏に全国に行きました。

歴史が、ちゃんと紡がれています。

何より私の夢でした。この歴史が、引き継がれる事を。

それが叶えられて―――

ものすごく、嬉しかったです。

そして。
不可能なんてないって事。
改めて、実感できました。
[ 2010/04/25 21:54 ] 学校生活(高校) | TB(0) | CM(1)

金曜日はガチ

たぶん1週間前にも同じ事を言ったと思いますが、金曜日は朝から晩まで授業があって、ちょいと大変です。

それは2週目になった今でも変わらず、やりたい事がやれる時間が大幅にないので、かなり厳しい1日です。
おまけに翌日が、現在の授業の要となる小説制作。4限分(計6時間)ぶっ続けで、それに備えるためにあれこれやりたいのですが・・・・・・そんな暇がない。

おまけに今日の授業は、6限中3限が説明ばかりのもので、本気で嫌になりました。
実習系で時間を使うのならまだしも、話ばかりというのは嫌になるというか。
ついでに、昔の作品と昔の環境についてあれこれ語るのはヤメテ欲しい。確かに知識にはなりますが、それよりももっと別の事を知りたいんです、私は。

そんな事で、ちょいとストレスがたまりつつある今日この頃。

あと、かるたやりたい・・・・・・肩がこる。運動してないからなぁ・・・・・・。


追記より拍手返事。


[ 2010/04/23 23:06 ] 学校生活(専門学校) | TB(0) | CM(0)

コナン見てきた

私が通う専門学校は、なぜか木曜日と日曜日が休みです。
土曜日は授業があります。
また、同じ専門学校内でも、学科によって休みが違うみたいです。
不思議だ。

ともかく、そういう訳で今日は休みでした。
なので、この前の日曜日に見に行けなかった、「劇場版名探偵コナン 天空の難破船(ロスト・シップ)」を見る為に映画館へ。

追記より、ネタバレ感想となります。まだ見てない方は気をつけて。



[ 2010/04/22 21:33 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)

ライトノベル感想「”文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る」

コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る (ファミ通文庫)コラボアンソロジー2 “文学少女”はガーゴイルとバカの階段を昇る (ファミ通文庫)
(2008/10/30)
野村 美月ほか

商品詳細を見る

第1弾「狂乱家族日記」編も大好評の、ウワサのファミ通文庫コラボ集第2弾! 今度のコラボ作品は「文学少女」「バカテスト」「学校の階段」「ガーゴイル」と人気作てんこ盛り! 2007年にFBonlineで公開された「“文学少女”と乙女に集う召喚獣」(野村美月)「天栗浜のガーゴイル」(田口仙年堂)「バカと階段と召喚獣」(櫂末高彰)の3作に加え、井上堅二、野村美月両先生の書き下ろし作品を収録! カバーイラストに葉賀ユイ先生、口絵には竹岡美穂先生の描き下ろしも収録の豪華版!

結構昔のライトノベルですが、どうしても感想を書きたかったので。
アンソロジーで、上記説明の作品のコラボとなってる一冊です。



[ 2010/04/22 21:23 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

トラックバックテーマ 第948回「暑いと寒い、どちらが耐えられる?」

こんにちは!トラックバックテーマ担当の吉久です! 今日のテーマは「暑いと寒い、どちらが耐えられる?」です。 春だというのに、暖かいというより、暑かったり寒かったり…よく分からない気候の最近ですがあなたは、暑いのと寒いの、どちらがまだ耐えられますか?吉久は、どちらかというと、寒い方が耐えられます。基本�...
トラックバックテーマ 第948回「暑いと寒い、どちらが耐えられる?」



寒い方です。
昔から寒いのにはかなり強く、今もそこそこに。
それに、寒ければ服を着ればいいですが、暑いのはどうしようもないですからねぇ・・・・・・
[ 2010/04/22 21:15 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。