FC2ブログ







遠足? 課外学習?

遠足に行ってきました。

・・・・・・などと言うと、「高校生にもなって遠足かよ・・・・・・」とか言われそうなので、課外学習ということにしておきましょう。以前とは違い、完全に学習目当てですから。

今回行ったのは、広島平和記念公園・広島県立美術館・縮景園。

縮景園は初めてですが紅葉がなかったのでボツ。期待外れ。

平和記念公園はこれで3度目・・・・・・かな。小さい頃に2度行ったはずですが、資料館の展示内容の一部が怖くて直視できなかったのは今でも覚えています。

県立美術館は初めて。絵の立体感が凄すぎて気分が悪くなったのは多分私だけでしょうね。
・・・・・・なのに、1つの絵の前でじーっと立ち尽くす私。そして気がついたら集合時間。みんな集まってるのを見た時、やばっ・・・・・・と思ったりしました。





さて。

今日のテーマは、「この課外学習の意味」です。

「高校生にもなって遠足かよ」「平和記念公園とか今更行く意味あるの?」という発言がちらほら聞こえてきたので、私なりに考えてみました。今、平和記念公園に行く意味を。

答えは割と簡単に出てきました。

新しい考えを持つこと、でしょうか。

今は高校3年生です。
平和記念公園に何度か行ってる人も、小学校、せいぜい中学校にでしょう。となると、最低でも3年前・・・・・・まあ、中学3年生に行くところは少ないでしょうから、4年前ということにしておきましょう。

えー、このブログを見てらっしゃる、大学生以下の方。4年前の自分を思い浮かべてください。

・・・・・・思い浮かべましたか?

何が言いたいのかというと、その4年前の自分と今の自分を比較したら、明らかに今の自分が勝っているということです。こんなの考察する必要もないですね。

では、4年前の自分が平和記念公園に行き、今の自分が同じく平和記念公園に行き、得られるものは等しいでしょうか?

まあ、大学生くらいになると、4年経っても極端に成長してないかもしれませんのでアレですが、高校生以下だと、答えは絶対に「ノー」でしょう。

学力や突出的な能力ではなく、考える力が以前より備わってるはずです。

つまり、改めて平和に関することを考えさせるという名目だったんでしょう、多分。

美術館も同じことが言えます。
私を例にすると、中学2年生の私は、美術に興味がなく理解もできませんでした。そんなのよりゲームしてる方が楽しいような少年でした。
でも今は・・・・・・絵の前に立ち尽くして、立体感に酔う人です。

・・・・・・まー私はちょいと特例でしょうけど、つまりはそういうこと。

同じ物を相手にしても、その相手にする時期が違えば、得られるものは違うってことですよ。
これが、私なりに考えた、今回の課外学習の意義です。

まあ、この意義を享受するには、まず課外学習の意義を考えることから始める必要があるんですけどねー。
「面倒くさい」という感情を持ってなかった人が果たして何人いたか。先生のやってることに、無駄なんてあんまりないんですよ、絶対に。・・・・・・授業についてはまた別ですが。





追記にてコメント返し。



スポンサーサイト



[ 2009/11/13 22:02 ] 学校生活(高校) | TB(0) | CM(0)