FC2ブログ







ドラクエⅨプレイ記?(7) 日記というよりは手記

カズキ「まだこれやってるのか」
モミジ「それ前も言ってなかった?」
ユキ「日記というより手記だね。昔の」
カズキ「ああ。今じゃ結構色々やってるからな。クリア後のこと」
サクラ「その分、全滅もたくさんしちゃってる・・・・・・」
カズキ「う・・・・・・そ、それはレベルが低いからというか、宝の地図のモンスターが強すぎるというか・・・・・・」
モミジ「1人だけレベル2倍の姉には言われたくないわよ」
サクラ「え、えっと、それは、その・・・・・・て、転職してないから、私だけ」
カズキ「サクラだけは終始一貫で僧侶なんだよなぁ・・・・・・それはともかく。俺たち今日は広島の方へ行ったらしいぜ」
3人『・・・・・・また?』
カズキ「すれ違い合計20人くらい。フ○バ図書のゲームコーナーとかで結構すれ違ったらしい。誰か知らないのかな」
モミジ「さ、さあ・・・・・・このサイトとブログを見てる人で、生徒会波乱物語を知ってる人で、ドラクエⅨをやってて、今日広島駅周辺にいて、すれ違い通信をしてた人・・・・・・」
ユキ「後ろ3つは現にいて、20人くらいすれ違ったからいいけど・・・・・・問題は前2つだよね」
サクラ「もしいたら、すごい偶然」
カズキ「・・・・・・ま、もしいたら連絡してくれ。プロフィールで結構訳の分からんことを書いてるけど、生徒会波乱物語見てる人ならすぐ分かると思う」
ユキ「私の名前も出ちゃってるからねっ」
モミジ「あれ納得いかないのよね・・・・・・何でユキなのよ」
ユキ「それはもちろん、生徒会波乱物語の方で最初に出たヒロインだからだよ!」
モミジ「・・・・・・わー、この子随分ぶっちゃけたわよ・・・・・・」
サクラ「私たち、出るの結構遅いから・・・・・・モミジは私よりさらに2話くらい遅い」
モミジ「いや、先に出たあんたもチョイ役じゃん」
カズキ「はいはいそこまで。このドラクエⅨ手記―――もとい、日記は、生徒会波乱物語とは一切関係ございません。これでいいだろうが。本編の愚痴は本編に関係あるところでやってろ」
モミジ「じゃあその場作ってよ、カズキ」
カズキ「こればっかりはな・・・・・・まあ管理人に言っとくか。本サイトの方で何かやってもいいかもしんないしな」
ユキ「さて、お話が逸れまくったけど・・・・・・一応、手記を置いておくね。えっと、カズキが天の箱舟を動かすことに成功したけど、ナザム村に落とされたところから」






スポンサーサイト



[ 2009/08/23 22:34 ] ゲーム(全般的に) | TB(0) | CM(0)