FC2ブログ







「咲 -saki-」について

これ知ってる人いる?
・・・・・・いや、結構いると思うけど。

咲-Saki 1 (ヤングガンガンコミックス)咲-Saki 1 (ヤングガンガンコミックス)
(2006/12/25)
小林 立

商品詳細を見る


麻雀漫画。
世の中不思議ですよねー。かるたの漫画があったと思えば麻雀の漫画があるなんて。次は絶対ゴルフだ。絶対ゴルフが流行るぞ(超謎

とりあえず、私は4巻までマンガを読んだのです。
アニメはもっと後。もう少し物語考察を進めてから。あと5巻買ってから。

じゃーまず、ネタバレにならない程度のお話を。

雰囲気としてはそれこそ、かるた漫画「ちはやふる」と非常に似ています。
どちらかというと文化系の競技、麻雀。これをいかにスポーツらしく書き、動きを見せるか。それが前提であり、まあ・・・・・・上手すぎて文句言えねーよ。

こういった漫画では、ちょっと大袈裟なくらいがいいんですよね。
私もゲームで麻雀ちょっとだけやったことありますけど、リアルにあんなことにはなりませんよ。いくらゲームだからといって。
つまり、その辺が漫画だと。漫画ってのは誇張表現いくらでも入れられますから、そういった意味では好きなんですよね。多分、「けいおん!」の原作も、こんな感じではと思います。

他に語るところと言えば・・・・・・

とりあえずこの漫画、純粋に面白いです。麻雀の専門用語さっぱり分かりませんが、解説がたまにあったりして(でも、解説にも専門用語がじゃんじゃん出ててうぎゃー)、ああ、そーいうことなのか、と雰囲気で楽しめます。そして漫画だからそれでOKです。

ジャンルとしては何なんだろう。これ。
とりあえずタコス女がいなければギャグとしては成り立たなかったでしょう。かといって、誰かがシリアスを司ってる訳でもなく。咲自身がかなりシリアス担当ですけどね。

人物について。
多すぎる。まあ漫画なのである程度は許容されますし、話ごとにしょっちゅう名前が出てきてくれるのでその辺ありがたいですが(私、人の名前を覚えるのは、リアルでも物語でも苦手です)、決勝戦あたりから本当に人が多い。
しかも1人1人エピソードがあって、なるほど、脇役っぽく見える人でも存在はあるのだな・・・・・・と思う反面、どうしてもテンポが遅くなってしまいますね。4巻で見せ場前で終わったのはリアルに悔しかったです。ちくしょー、絶対5巻買ってやる。

しっかし、よくもあんなに多彩な人物描けますね。尊敬します。

じゃあ、ここからはネタバレオッケーの領域で。




スポンサーサイト



[ 2009/08/09 23:52 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)