スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

とりあえずは感想だ。話はその後だ。アニメ感想#12(禁書目録)

アニメ感想
とある魔術の禁書目録第十二話「絶対能力レベル6

よっしゃあああぁぁぁ!(あ、いきなり壊れてる)

やってくれる。どこの会社か知らないがやってくれるっ!
さすが人気の御坂美琴編、ここまで来たら何一つエピソードを飛ばさずやってくれる! さすが原作感動シーン! やっぱりやってくれた!

いやもう、最初のちょっと変わった音楽が流れ出したところでついうるっと来たよもう。
それかろも・・・・・・ああもう上条さんが原作よりカッコイイ・・・・・・! 実際に動いた時の爽快感って何か違うね。御坂美琴の動作も凄いし、雷は上手く表現しているし・・・・・・
極めつけは声。
最初の方はなんとも思わなかったが、途中からああもう二人ともかっこよすぎる!

・・・・・・さて、ちょっと正気に戻ろうか。

何はともあれ原作3巻最大の見せ場―――の一つ前の見せ場、とは言うものの私にとっては原作全体での最大の見せ場と考えている戦い。御坂美琴と上条当麻、『戦いでない戦い』。
いやもう、今までのがアレだったため(今まで省略されたエピソードそこそこ多かったからなー)ちょっと不安だったけど、やっぱり分かってらっしゃる。原作でどこが人気を占めているかというのを。

まあ1巻のエピソードを重点的にしているのは仕方がない。あれが原点だから。
だから話の都合上、3巻のエピソードがちょっと短くなってしまうのは仕方がないこと・・・・・・ではあるけど、やはり量より質。随分と力を入れてらっしゃる。

今回は声優も凄い。
無論、御坂美琴もだが、上条当麻の渋い声もなかなかマッチングしている。普段どこか無気力に見える彼も、今回ばっかりはりりしいよ輝いて見えるよ。

あとは・・・・・・ラストのちょっとしたオマケは意外だった。まあ、ここまで進めてないと次はやりにくいから仕方がない。あの時の鈴の音っぽい効果音がとてもよかった。

追記。
最初の超能力云々のシーン、あれは時間合わせですか。
つか、姫神さん・・・・・・さり気なく肉を取っては食べ取っては食べ・・・・・・腹黒いな。



□ ■ □ ■ □



はてさて、アニメがあまりに秀逸だったため初っ端から壊れておりますが、まあそんなわけです。

一応、他のことも。

本日、危険物取扱者試験がありました。
名前はこれですが、実技ではなく筆記の方です。これは乙種の1~6類まで分かれており、最初に4類をとればあとは1~3、5、6類のどれでも受験をしていいというシステムであり、一度の受験で二つまで受けられるというシステムであります。
私は乙4類と乙5類は習得しているので、今回は2類と6類。

ただ、今回はまたも無勉強に等しい。

とにかく最近は忙しく、まともに勉強もしていない。乙6類は前回乙5類と一緒に受けて惜しくもすべってしまったものだから予備知識はあるけども、2類にいたっては何もない。
一応、基本的なものは記憶しているので、全く歯が立たなかったわけでもない。

問題そのものはある程度簡単で、運がよければ受かってるし、運が悪ければ落ちてる。そういうギリギリなところ。
人間、この場所が一番落ち着かないですよね。落ちるって分かっていればどこかすっきりするし、受かるって自信があればそれはそれで忘れられることだけど、こういう「どっちつかず」だと、どうしても気にしてしまうというのが人間であり私です。

合格発表は、年明けの1月14日・・・・・・くらいだったと思います。

さて、どうでしょうか?
スポンサーサイト
[ 2008/12/21 22:05 ] アニメ感想 | TB(0) | CM(0)

12月20日 ~過去~

書くことがねえ。
つーことで、宣伝する。曲の宣伝する。意義は認めないし文句も認めない。ツッコミは認める。
オタクがどーたらこーたら言うなら見なくて結構。ゲーソンだからアニソンだからという偏狭的視野しか持たない可哀想な愚者は見なくて結構。そんな人間はそこで思考を停止させていればいいそれだけの話。結局そういう人たちが物事の本質を見抜けなくて後悔するだけなんだから。物事の本質も見抜けない人間は愚物としか言いようがない。そもそも、

・・・・・・って、話逸れすぎた。違う。悪態を吐きたいわけじゃない。

曲の宣伝だ。今回は、私の好きな曲ランキング上位10位だ。
ちなみに「好きな曲」の[定義]は、リズム・歌詞・歌手、何かに使われている曲ならそれを含み、全ての要素を絡めた上での好きな曲だ。これを歌詞だけにすると大幅に変わってくる。
10位まで書いているため、無茶苦茶長い。それも私のことオンリーなので、私に興味がない人間にはつまらないかもしれない。それでもよければ見てほしいなぁと思ってみたり。

もし知ってる人がいたら私この曲知ってます! とでも言っていただければ私がおお同志よ! と叫ぶこととなる。まあ、メジャーな曲が2曲混じってるからそれは別として。

では前置きが長くなったけど、どうぞ~。

そうそう。

滅茶苦茶重いです。



<第1位>

夏祭り
アーティスト:Whiteberry
テーマ(何に使われているか):なし



<第2位>

君のいた季節
(何のMADかは知りません。曲のみ。これしか動画がないため仕方がない)
アーティスト:原作は歌無し
テーマ:携帯iアプリ「暖かな冬の日に(後編)」挿入歌
     (テン・クロノス(正確には英語)が出してるやつ。後編以外は無料で後編は315円)




<第3位>

こんなに近くで...
(原曲見つからず。ということで、私がこの曲を好きになったきっかけのMADで勘弁。
動画は【ハルヒMAD】こんなに近くで...(長門ver.) です)
アーティスト:Crystal Kay
テーマ:アニメ版・のだめカンタービレED




<第4位>

夏影 ~Cornwall summer mix~
アーティスト:Lia
テーマ:AIR 挿入歌及び神尾観鈴テーマソング(原曲)




<第5位>

you
アーティスト:癒月
テーマ:ひぐらしのなく頃に解 目明し編ED(原曲)




<第6位>

Dear you -cry-
アーティスト:???
テーマ:ひぐらしのなく頃に キャラソン ~竜宮レナ~(非公式)




<第7位>

100%?ナイナイナイ
アーティスト:柊かがみ(加藤英美里)
テーマ:らき☆すた キャラクターソングvol2 柊かがみ



<第8位>

ブルーバード
アーティスト:いきものがかり
テーマ:NARUTO -疾風伝- OP



<第9位>

True My Heart
アーティスト:・・・・・・誰だっけ?
テーマ:なんかのゲームのOP。詳しくは知らない




<第10位>

StarDust
アーティスト:Sound Horizon
テーマ:なし





まあ、各々言いたいことはたくさんあるとは思う。特に第7位と第9位。
まーこんなもん書くからオタクだとか言われるのかもしれないが、それが本質を見抜いていない証拠。特に第9位はきしめんで広がっている分理解していない人が結構多い。

この二つ、実は歌詞が素晴らしい。

True My Heartなぞ、真面目に歌っていたらほぼ確実に、2番のサビで鳥肌立つ。もっと真剣に歌えば涙出る。いやマジで。一回うるってきたことあるもん。
第7位の方は2番の出だし。真面目に歌えばじんわりと来る。本当にいい曲だと私は思う。

4位~6位は知らない人が見てもえー? ってなるだけかもしれない。
こればっかりは・・・・・・特に6位は。知ってる人は涙流し、知らない人は見向きもしない。ちなみに歌詞は超感動。

2位に至っては知ってる人皆無だろう。現に私の知り合いでこれを知ってる人はゼロ。

1位と8位はかなり有名である。夏祭りなんか知らない人を見たことがない。
ただ、自分でもなぜ夏祭りを1位に入れてるかは分からない。ただずっと1位。ずーっと1位。ホント。



とまあ、書くネタがないと私は暴走します。以上。疲れた。マジで。
[ 2008/12/21 00:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(1)









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。