スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

なーにしてんだか

さて、本日の日記。・・・・・・ルーセントハート関係。
頼みますから気分を害するのだけはやめてほしい。・・・・・・無理な話ですね。

大晦日小説はもう少ししたらあげます。



さて、まず最初に一言。

ワタシ、ナニシテルンダロ・・・・・・

えー、今日は毎日クエストをさっさと終わらせ、こんなところに行ってきました。

お墓

デーユ墓苑。ここに来た目的は毎日クエストのためと、

合金

この反復クエスト(何度もできるクエスト)をやってみたくなったから。
さて、この合金を落すやつが、

ディーメタルディーメタル(説明)

コイツ。
レベル40のディーメタルというモンスター。デーユ墓地(昼限定)にうようよと涌いている機械系モンスター。
ドロップ率はかなり高いので、出てこねーうがーと吼えることはないのですが、

今の私のレベルは、

ワタシ

35。

何が悲しくて5レベル高い相手に挑まなきゃならんのか。

そう、全ては私の気まぐれ。

ともかく、

合金(アイコン)合金(説明)

これを求めて、ひたすら狩る、狩る、狩る。
しかもたまに二体で固まっており、片方を攻撃すると片方が勝手についてくるという最悪の状況に陥ることも一度や二度じゃなく、回復アイテムを大量に食っていく始末。
たった25個集めるのに、30分ちょいも必要となった。

それでも結構今持っている武器が強いので、いくら5レベル高いモンスターといえど、たいした問題はなく撃破していくことはできた。・・・・・・精神的に疲れたけど。時々叫びだすくらいに。
いや、単調な”作業”って飽きるんですよ。これは反復クエストなので、何度でも繰り返せるからまたタチが悪い。報酬は結構マトモだったからよかったものの。


さて30分後。
クエストも完了し、これでやめればいいものの、

バカはさらなるバカな行動をとった。

デーユ墓苑の右方向に、「戦神の聖域」という場所がある。
理由もなく、散歩がてら行ってきた。

そして意味もなく狩ってみた。

相手はこんな奴。
お花

うへえ、気持ち悪・・・・・・いやまあ、この花はいろんなところにいる(所謂色違い。よくRPGにあるよね?)のでそんなのはどうでもいい。未だになれないけど。

で、問題なのはコイツのレベル。


ボグフラワー

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

くどいようだが、私のレベルは、
ワタシ
35。

一応説明しておくが、当然、コイツラを対象としたクエストはない。数日前に説明したが、ルーセントハートというゲームはモンスターから得られる経験値やスター(お金)が微量のため、これははっきり言って意味のない行動なのである。

でもさ、

ゲームってそんなもんじゃない?

ゲームって本来楽しむためのもんなんだから、楽しめば勝ちなんだよ。
私はこの場所に行ったことがなかったから、楽しかった。どんなモンスターがいるのかとか、どんなステージなのかとか、ちょっとした冒険心。ワクワク心。

追加で言うと、コイツラ、一応狩れないことはない。苦しみながらも狩った時にもらえたアイテムは、どれも見たことのないような高級素材だった。
倉庫が埋まっていくが、それも些細なこと。

楽しいんだからそれでいい。

・・・・・・友人にアホと言われようが、楽しいんだからそれでいい。

新しいステージに行く時、誰だってドキドキする。それを、ちょっとだけ早く味わったっていうだけの話。
それに何の悪いことがある? むしろ私をアホと罵るほうがアホだ。私は私なりにこうやって楽しんでいる。
ゲームを作業と思ったら、それはもうゲームではない。
効率を求めるあまり、本来のゲームを楽しむ心を失ってはいないだろうか、オンラインゲームのユーザーよ。他にも楽しいことがあるということに気がついてほしい。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

まあ5分後くらいに殺されたけどな!


あ、ちなみに私はアトリアの2chに生息しています。
スポンサーサイト

あと二日なのですね

いつの間にか、今年もあと二日。・・・・・・うわ、早いですねー。

さてさて、ルーセントハートばっかりやっていて、この前の禁書目録(アニメ)すらみれていない今日この頃。何故か最近になって見始めたのだめや、少し前からためているくせに見る気配が全くないうぐぅとか、見たいアニメはたくさんありますし、新しいライトノベルは欲しいですし、ゲームは相変わらず溜まっているし(その上この前さらに一個増えた。ひぐらしのなく頃に絆貸す代わりにFE借りることとなった。半強制)モノカキだってもっと進めたいし、学校の勉強をちょいとやってないとあとあと悲惨なことになるのですが、

私がやってるのはネトゲばーっかり。

ああもう、呆れてものも言えません。私のことなのに。

・・・・・・やれやれ。



さて、明日で今年も終わりです。
皆さん、今年はどうでしたか? 私としては、んー・・・・・・正直なところ、一学期以前の記憶が抜け落ちていますが、まあ人間そんなもので(逃げっ
私はちゃんと、記憶すべきことは記憶してますし、そうでないことは十秒で忘れます。意識しないと人間ってすぐ忘れるんですねー。

そんなボケボケな私ですが、まあ今年もいろいろあったように思います。

一番の変化は、ある意味”クラブ”かもしれませんね。

よく考えると、今年クラブ関係でいろいろなことをしました。
2月にはワープロ部で、ワープロ速度検定というのをやってみましたし、6月には情報技術研究部として、文化祭展示作品を作ったり、文化祭展示の総指揮をとったり・・・・・・あれは楽しかった。一年生が優秀すぎて困ったが。
で、その前の5月、そして10月・・・・・・11月だっけ? その辺でそれぞれ百人一首の大会に参加しました。某N高校はもう嫌です。
同じく11月には、情報技術研究部として、工業コンテスト:情報部門に出場しました。・・・・・・3位でした。ぶーぶー。
そうそう、6月と9月に、ワープロ部で、タイピング大会もありました。6月は惜しくも敗退、9月は3位。・・・・・・3位ばっかりですね、私。中途半端な人間です。

今まで、クラブ活動にはそれなりに力を入れてきましたが、外部とここまで関わったのも始めてだと思います。もっとも、中学生には不可能な話ですし、高校一年生の一学期・二学期にはそこまで余裕がなかったのもまた事実ですし・・・・・・そういう意味では、とても新鮮だったのではないかと思います。

そして、新鮮な年というのは充実したものであり、その他、勉強や趣味、様々なものに手を出した年でもありました。

特に顕著なのはライトノベルで、「カレとカノジョと召喚魔法」から始まり、「乃木坂春香の秘密」「とらドラ!」など有名どころから、「C3-シーキューブ」「れでぃ×ばと!」「鳥篭壮の今日も眠たい住人たち」などといったちょっと知られてないものや、「生徒会シリーズ」「わたしたちの田村くん」「世界は悪魔で満ちている?」「想いはいつも線香花火」「はにかみトライアングル」といった誰も知らないような本も買って、笑い、涙し(いや、涙したのはごく一部だけど)、いろいろと考えさせられるところもありました。

また、ネット上でもたくさんの小説を読みました。・・・・・・いやもう本当にたくさん。
それが今のモノカキへと繋がってるのかもしれませんが、そういう意味では自分のことながら興味部会です。

それに、ライトノベル以外にも、ゲームやアニメでもいろいろな作品に触れることとなりました。
「AIR」(PSP版。今更とかゆーな)をはじめ、「Memories Off」「ひぐらしのなく頃に」などのアドベンチャーノベルを知ることにもなりました。

この一年で得たものや、新しく知ったものは、挙げていくとキリがありません。

ともかく、世の中不況だの教育が悪いだの、世間ではとんでもない一年となりましたが、私にとってみれば非常に充実した一年であったと胸を張って答えることができます。

来年もこうなるといいなぁ。・・・・・・来年はもう三年生だから、忙しくはなるけども。

ではでは、皆さん・・・・・・まだできて一ヶ月のサイトが何を言うかって感じですが、来年もよろしくお願いします。



余談。

<来年変わること~サイト編~>
・自己紹介に「○○の質問に答えてみた」が増える
・それぞれのキャラの誕生日に、日記なり短編なりで記念小説を書くこととなるだろう
(さすがに全員は無理かも。覚えれていないため、いつの間にか過ぎていた・・・・・・ということになりかねない。一応、レギュラーの中でもメインキャラクターはおさえているが)
・更新速度は変わらない、といいなぁ
・日記が濃くなっていく(謎

下手するとまた新シリーズ始まるかも?
[ 2008/12/30 23:54 ] 日常生活 | TB(0) | CM(2)

ライトノベル宣伝 そのいち

年末が近いのに、一日中ネトゲとはいい度胸してますね私。
馬鹿馬鹿しい。

リンクを一件追加しました。少し前にリア友が「これ見て~」ってことでメールが来て、行ってみたら小説サイト。そういえばなんか作ってたな、というかこの前見たアレか・・・・・・ということで、その数日後である今日、「リンクしていい?」と聞いたら承諾されましたので、リンクを張っておきます。
いい加減な内容に見えてなかなか面白い部分があります。よければご覧ください。



さてさて。

ルーセントハート関係の記事にしてもいいんですが、そうすると愚痴か愚痴か愚痴になってしまい、貴重な訪問者の方々の気分を酷く害することとなるのは目に見えておりましたので、じゃあどうせならライトノベルの布教でもやってみようかと。

どっちが気分を害するかとか、それって単なる自己主張じゃん、という苦情は受けられませんのであしからず。

さて、どう布教するのかというと、「好きな話」を主体に考えてみようかと。
数多く所有するライトノベルの中で、私はこんな話が好きですという主張と、ついでに宣伝。

例によってアホのように長いですがご勘弁。

ではどうぞ~↓

ちなみにネタバレを満遍なく含みます




キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))
(2000/07)
時雨沢 恵一黒星 紅白

商品詳細を見る

(全12巻+アニメ・連載中)
<好きな話>
1巻第4話「コロシアム」
まだ最初の方ですが、キノの旅ならではのお話です。最後の試合の緊張感がいい感じです。
2巻第8話「優しい国」
キノの旅の中で一番好きな話。最後の手紙にうるっときます。
8巻エピローグ「船の国」
ティー初登場。やはりラストがいい感じですが・・・・・・まあ、なんとなく分かりにくい終わり方はキノならではといえるにはいえる・・・・・・。終わり方がアレですが、それでもいい話だとは思います。
10巻第7話「歌姫のいる国」
かなり長い話ですが、普段とは違う視点からの話、そして迫ってくる危機にどうなっていくか、ドキドキする話です。ただ・・・・・・ラストが、ねぇ。



半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)半分の月がのぼる空―looking up at the half‐moon (電撃文庫)
(2003/10)
橋本 紡

商品詳細を見る

(全8巻+漫画3巻?・完結)
<好きな話>
4巻エピローグ「フィルム」
わだかまりが解消されるエピローグです。叫びが心に来ます。
5巻エピローグ「覚えていない言葉、ふたたび」
☆好きな物語ランキング第四位
本気で涙が出ます。ここまでの物語を考えてみると、なんでもない日常が輝いて見えます。
非日常を描かない日常物語に感動できるのも半月ならではです。ある意味非日常ではありますが、それを越えたところにある日常が・・・・・・続編があってほしかったとも思いますが、ここで止めたという作者の選択がファンを増やす要因となったと私は思います。



とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)とある魔術の禁書目録(インデックス) (電撃文庫)
(2004/04)
鎌池 和馬灰村 キヨタカ

商品詳細を見る

(全16巻+SS2巻+漫画3巻+漫画スピンオフ2巻+アニメ放送中・連載中)
<好きな話>
第3巻第3話「レールガン level5」
☆好きな物語ランキング第五位
今ちょうどアニメでやってるあたりです。はい、最初の挿絵(扉絵?)にやられました。御坂さん格好良さすぎです。無論上条さんも。
ここまで心に打たれる戦闘シーンもないものだと思います。「戦いでない戦い」、私は好きです。
何より、『戦えって―――言ってんのよ!』というあの懇親の叫びが・・・・・・彼女の深い覚悟が、素晴らしい。でもやっぱり、死んだら誰も幸せにならない、それがファンタジーなんですよね。
そういう意味では、上条さんの行動はまさに主人公といったところです。
第5巻第3話「とある御坂の最終信号」
「その瞬間、一方通行は一方通行でなくなった」の一文が好きです。そして戦闘シーンが久しぶりにグロイです。それがいいけど。
第16巻第4話「誰が誰を守り守られるか」
☆好きな物語ランキング第二位
超ネタバレになりますけどとうとうばれます。そして挿絵の破壊力が凄まじいです。この話は最初のところです。またも御坂さんのターンです。やっと自覚します。次の巻でどうなるかが非常に楽しみです。
そこら辺の展開としては熱血系漫画を思い出しはしますが、それが禁書目録という小説だと思います。子供っぽいと評価されるかもしれませんが、心情描写がなかなかに上手くて、そこで止まってはいないものだと私は思います。
そうそう。「アンタが―――」で始まる御坂さんのセリフ(超ネタバレになるので伏せる)は鳥肌がびっしりと立ちました。



涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)
(2003/06)
谷川 流いとう のいぢ

商品詳細を見る

(全9巻+漫画7巻+アニメ14話・連載中止?)
<好きな話>
涼宮ハルヒの消失(第四巻)
アニメ・CD・ドラマCDといろいろなメディアに手を出しているハルヒシリーズですが、消失から先は漫画でようやく取り扱い始めたという段階です。しかし・・・・・・原作が輝くのはここからです。逆に言えば、ここまでの原作は微妙すぎます。一体なぜここまで流行ったのかというくらいに。
消失は人気の高いエピソードの一つであり、特に第6話あたりからキョンがかっこいいです。
あと、・・・・・・朝倉さんが怖いです。
涼宮ハルヒの暴走:「射手座の日」
アニメ・漫画も素晴らしかったですが原作が一番かと。文字の羅列でここまで緊迫感が出せるものなのだなぁと感心しました。
涼宮ハルヒの分裂:「βパート」
別に橘京子さんとは何ら関係ありません。多分。



カレとカノジョと召喚魔法〈3〉 (電撃文庫)カレとカノジョと召喚魔法〈3〉 (電撃文庫)
(2005/04)
上月 司

商品詳細を見る

とりあえず1巻・2巻のイメージがないので3巻の表紙と言うことで。
(全6巻・完結)
<好きな話>
第3巻第3話「決意の日」
物語より白銀雪子さんです。破壊力抜群の名言が飛び出します。気になる方は・・・・・・自分で見てね?(ウザイ)
マイナー作品と侮るなかれ。ラストの感動とほのぼのは心に打たれるものがありますよ。




生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)生徒会の一存―碧陽学園生徒会議事録〈1〉 (富士見ファンタジア文庫)
(2008/01/19)
葵 せきな

商品詳細を見る

(全3巻+外伝1巻・連載中)
<好きな話>
生徒会の二心(2巻)最終話「私の生徒会」
☆好きな物語ランキング第三位
何もかもふざけたギャグストーリーなだけに、唐突に始まるシリアスストーリーが孤立して見えますが・・・・・・蓋を開けてあらびっくり。この物語の登場で、好きな物語ランキング第三位に長い間位置していた半月が第四位になってしまうほど、素晴らしい物語です。
ネタバレになりますが・・・・・・レギュラーメンバーの一人でヒロインの一人、紅葉知弦さんの過去の話です。杉崎健といつ出会ったのか、またそこでどんなやりとりをしたのかが判明する話です。
ここまでの知弦さんの印象ががらりと変わります。そして、杉崎健が凄くいい人に見えます。はい。
そして、後半にある挿絵はライトノベルの中で一番好きな挿絵と言っても過言ではありません。どこまでも癒されます。この物語は挿絵も妙なのが多いため、なんとも言えないのですが・・・・・・いやもう。著作権に触れなければ公開したいのに・・・・・・っ!
うーん、アニメ化してくれないかなぁ・・・・・・。似た傾向の「らき☆すた」だってアニメ化したんだし(あれは原作が漫画だが)、多すぎるパロディをどうにかすればアニメ化しても不思議ではない作品なのだが・・・・・・まあ、まだまだマイナーか。




・・・・・・もうキリがないので、一旦切ります。
またネタに困った時にやります。
[ 2008/12/30 00:03 ] ライトノベル・小説 | TB(0) | CM(0)

28日なのか 29日なのか

本日は12月29日でありまして、更新したのはつい数分前なので、更新欄はある意味嘘ではありますが、私にとっては、寝たら日付変更なのです。ローカルルールです。
じゃあ徹夜したらどうなるの? と言われそうですが、徹夜はしたことがないので分かりませんとしか答えられません。

そのうちするかも。

冬休み中とか。



さて、ルーセントハートです。

レベル34のまま、様々なイベントに参加してますがなかなかレベルが・・・・・・あと11%でレベル35。三次転職はレベル36なのでそろそろですけど、35の時点でちょっとやることがいろいろとありますので、立ち止まる形になります。
ですが、当然そこまで行かないと意味がないわけで。

今日も頑張ってます

今日もゴシックスーツ着て、元気に頑張ってます。

ちなみに背景は、ゴードンを出てすぐの、ラビリンス召喚場所。
このゲームにはラビリンスという、アイテムによる自作ダンジョンがありまして、ここの前でぼーっとしながら、人来ないかなーと待ってるところです。
だってソロで行くとか無謀だもん。
一度やりましたが20秒で死にました。あはは。

衝動買いは現実でもネットでも

私のこういうところって、現実リアルでも幻想ファンタジックでも変わらないんだなと思い、感慨深くなると共に、泣きたくもなる、そんな日常。

・・・・・・何の話かって? 

えっと、ルーセントハートの話です。
以前、倉庫&持ち物拡張のために300円払ったと私は言いましたが、このゲーム、”先にポイントをリアルマネーで買い、そのポイントをゲーム内で使う”というシステムなんです。
で、300円なんて中途半端なポイントは買えず、最低500円、他が1000円、2000円・・・・・・と、いくら買うかというのはいくつか選択肢があり、その中から決めないといけないのです。

私の選択したのは、1000円。
となると、当然700円分、つまり700ポイント余ることとなる。

つまり、財布に常時700円入れているのと同じ。

こうすると何が起きるか。

―――「衝動買い」という悪夢だ。

ゴシックスーツ

はい、やってしまいました。

アバターの「ゴシックスーツセット」、本来なら1700ポイント(無期限)なんですが、キャンペーンにより590円(無期限)となってました。・・・・・・590円だったっけ? とにかく、500円台に。
で、これ欲しいなでもアバターってたいして意味無いもんなでも無期限だもんなこれかっこいいし可愛いし期間限定だしああでも装備って元々

・・・・・・と、3分くらい葛藤し、買ってしまいました。

・・・・・・。

ワタクシ、アバターに手を出したのは初めてデス・・・・・・

ちなみに、ゴシックという単語で最初に思いつくのは「ゴシックロリータ」であるのは・・・・・・もういろいろと、私って救われない人間だなとか思う。

ちなみに、某女王とは何ら関係ない・・・・・・と信じたい。

いろいろと変更点

ちょっといろいろと報告・・・・・・とか?

まず禁書目録ページ、じゃなかったインデックスページについて。
小説サイトには不要、という判断の元削除しました。まあ・・・・・・素直に正面から入ってこられていた方にはたいして影響はないと思いますが。トップページに直リンしてた人は、リンクしなおしてください。
んー、私は注意文を書いてたはずだけどなぁ・・・・・・

続いて、小説の件。
えー、なんかやたらと誤植が多い。最近は特に。
こればっかりはなかなか修正しようがないので、四苦八苦しておりますが・・・・・・今度からは、ページとして形になった時、もう一度確認するようにしました。物語の内容の確認ではなく、文字の方を。
精神を使う作業ではありますが、これで少しでも誤植が減るようになれば幸いかと。
なので、みなさん、誤植や矛盾した表現・時軸などがありましたら、遠慮せず指摘してください。

あとは・・・・・・とりあえず、クリスマス記念小説のために、生徒会波乱物語を急いで更新しました。
なんで急いだの? と気になる方は、第二章第六話を見直してみてください。なんでもないことですが、私にとっては拘るべきことなのです。
クリスマスも終わりましたし、大晦日&正月記念小説は以前の死神姫のものをリメイクするか、新しく書き直すかですし、今から死神姫を急いでも”とあるところ”まではいけませんので、本編更新速度は以前と同じに戻ります。なるべく、毎日どちらかを掲載していきたいとは思っていますが。

そうそう。
死神姫の第三章がスローペースで進んでいますが、そろそろ「あれ?」と思っていただけたかなーと。
旧・漆黒色の物語では、この展開にはなりえません。
これは、どこかで鋭利快翔が何かの行動をしたら、こっちのルートに入ります。まだ推理が足りていない場合です。これにより、二・三話増えることになります。
なので、あの場で草斬空が、”この事件の犯人”を断定するには、ちょっと展開が足りないのです。
第二章で鋭利快翔がある行動を取っていればいいのです。

・・・・・・。

嘘だけど。

いや、最近アドベンチャーノベル(悪い言い方だとギャルゲー)にはまってるんですよ。
選択肢次第で物語が変化するというあのシステムがなんか私にとっては心地いいというか、なんというか・・・・・・どんな話があるのか追求するのが楽しいんですよ。
ってことで、そのうち小説のゲーム化でもしようかなーとか考えてみたりして・・・・・・とはいえ、CG技術と作曲ができないのです、私は。

ちなみに、背景はデジカメ写真を編集すればいいですし、プログラムそのものは作れないことはないです。ちょっと拡張フリーソフトが必要ですので、学校の課題研究などでは使えませんが。

とまあ、そういうことで。

我がサイトでは、いつでも絵師を募集してますし、いつでも絵を募集しています。

あはは。

モノクロ・・・・・・というか、手書きならほんの少しは書けるんだけどねー・・・・・・やっぱり晒したくないレベル。
まあ、少し修正したらスキャンしてちょっと加工して(無論CGとしては無理)出してみようかなーとは考えてますけど。・・・・・・あくまで、予定ですが。




うちのパソコンは「いんでっくす」と打つと「禁書目録」という単語が変換候補に出てきます。
うちのパソコンは「いまじんぶれいかー」と打つと「幻想殺し」という単語が変換候補に出てきます。
うちのパソコンは「れーるがん」と打つと「超電磁砲」という単語が変換候補に出てきます。
うちのパソコンは「あくせられーた」と打つと「一方通行」という単語が(略
うちのパソコンは「らすとおーだー」と打つと「打ち止め」(略
うちのパソコンは(略

とある魔術の禁書目録は専門用語が多すぎて、こうでもしないとやっとられんのです。
[ 2008/12/26 21:46 ] サイト・自作小説のこと | TB(0) | CM(0)

クリスマスなのです それと「死神姫」のお話

メリークリスマス!
・・・・・・小説の掲載以外、私にはあまり関係のない話ですけどねー。

逆にいえば、私にとって、クリスマスやバレンタインデーなどは小説を書く上でのイベントの日でしかないわけです。
私の書く小説だって二次元なのですから、そう考えると二次元にしか夢を持たないオタク(かなり失礼な言い方ではあるが)と同じような思考ともいえなくはないですが、そこら辺は単なる「価値観の違い」ということにしておいてあげてください。

さてさて、クリスマス小説を掲載しました。
やっぱり時軸が違いすぎると書きにくいですねー・・・・・・こればっかりは仕方ないとしか言いようがありません。ええ、仕方がないのです。
まあ死神姫と違って、こっちは何の予定も立ってないので、正直どうなることやら・・・・・・



そうそう。その死神姫tについてちょっと話を。

えー、まずは一言。石投げないでくださいね?

現在第三章な訳です。旧サイトで死神姫を読まれた方にとってはおそらく退屈でしょう。が。

第四章から先は大幅に異なります。

あくまで現在の予定ですけど、第四章・第七章は全く新しい物語を出します。第八章・第九章も。
原型を留めているのは、第五章・第十章のみとお考えください。

そして、新キャラが出てきます。
さらに、数名のキャラが出てきません。

某とぅいんすとか。

何が言いたいかって、全く新しい話としてみていただけると幸い、ってことです。旧・漆黒色の物語も仮閉鎖にしましたし。

ま、そーいうわけです。

ところで、人が全然来ないのは・・・・・・どうしたものでしょうか?
[ 2008/12/25 22:58 ] サイト・自作小説のこと | TB(0) | CM(2)

クリスマス仕様

サイトをクリスマス仕様にしてみました。

のですが、

以前私がサイトデザインとして保存していたものと、実際のサイトデザインはいささか異なっておりまして・・・・・・以前のを背景を変えてそのままアップしたのですが、メールアドレスや拍手、カウンター、その他もろもろがない状態でありまして。

復旧に苦労しましたが、もう面倒なのでメールアドレスは省略しました。

12月26日には元に戻しますが、その時にはちゃんとメールアドレスも書いておきます、はい。

ちなみにどーしても何かメッセージを送りたいという方は、拍手で送ってください。拍手だけは設置していますので。

それと、明日クリスマス記念小説を掲載します。別に期間限定でもないので、のんびりと・・・・・・って言うのもおかしいですが、まあのんびりと読んでみてください。
滅茶苦茶長いですけど、個人的にはなかなか気に入っている作品です。珍しいことに。




さて。

ルーセントハートでモンスターを狩っていると、低確率ではあるが、こんなものを落したりする。

幸運箱(アイコン)幸運箱

○○の幸運箱。
説明に書いてあるように、このアイテムを右クリックであけることにより、中に入っている、

銅貨(アイコン)銅貨(説明)

この、幸運の銅貨というアイテムが手に入る。ちなみに一回につき4~9個ほど手に入る。この数はランダム。

だがこの幸運箱、たまに幸運の銅貨以外のものが手に入ることがある。木の枝一本とか銅貨一個とかどーでもいいアイテムが一個ということも珍しくなく、これがでると私は非常にがっかりするので、幸運の銅貨が複数手に入ったほうが嬉しいものである。

さて。
今日も今日とて、全く懲りずに何とかの洞窟に言っては何とかメイデンにあっけなく殺され(でも今日は相手の体力40%まで粘った。結局炎魔法により600強というふざけたダメージを受け敗北)、友人にクエスト協力要請してみたが忙しいとのことで盛大にしょげており、もーいいや適当に狩りしてアイテムでも集めよーっと考えつつ、その辺を呑気にぶらぶらと散歩していた。

私の職業はマジシャンなので、ファイター系(戦士)などに比べると随分とのんびり狩りができる。
適当にターゲットを選択して、適当に魔法発動ボタンを押していればいいのだから。
まあちょっと強い相手には事前に補助魔法を使っておくとかそんなことを考えておかないといけないんだけど、そうでもない相手、例えばレベル30前後のヤツだったらファイアーボールファイアボール→ライトニングライトニングを使っておけば勝手に死んでくれるため、時折MPやHPを回復していればよかったりする。

でまあ、ゴードン右のゴールドバレーというところで狩っていたら(もう面倒なので画像は省略)、さっき紹介した幸運箱をモンスターがドロップしたので、嬉々しつつ右クリック。
本日、多分三個目くらいなので、幸運の銅貨がたまっていく~♪ とウキウキしていたのだが、右クリックで入手できたアイテムは、



聖女(アイコン)聖女(説明)



何!?



(聖女の書:レア装備の作成に必要な素材。通常はラビリンスに潜らないと手に入らない希少品)

ブラックサンタさん

今日も今日とてルーセントハート。
課金なしでは倉庫と所持アイテム数が限界になってきたので、泣く泣く課金に手を出すことに・・・・・・
有効期限は30日なので、月300円換算。どこのiモードだ・・・・・・いや、こっちの方が15円安いが。

まあメイプルストーリーの時はペットで月390円だったので安いといえば安いが。
小遣い5000円だし、300円だと2か月分でライトノベル一冊といったところなのでまあいっか。

ブラックサンタ

えー、クリスマスが近いということでクリスマスイベントがちょっと前から行われています。
とあるアイテムを一定数集めると、運がよければこのようにサンタさんになれるわけです。
・・・・・・ちなみに、純正サンタ(赤いヤツ)もありますけど、個人的に黒色が好きなのでこっちにしてみた。

うん、なんかカッコイイ。

ちなみに女性キャラでやってますが無論中身は男です。
男と女でストーリーやアイテムが異なるゲームって多いですので、私はゲームをやる時、主人公を男女交互にやってます。
ちなみにルーセントハートの前にモンスターハンターをやっているので、ルーセントハートでは女キャラ。その前の「テイルズ オブ ザ ワールド レディアントマイソロジー」(借り物)では女キャラで、この辺からこの法則を作りました。

さて。

今日はクイプリス地方の、花の森へ再度行ってきました。

クイプリス

目的は昨日と同じ、なんとかの洞窟。

・・・・・・結局死にました。以上、報告。

凹んでてまともな報告する気になりません。

・・・・・・。

・・・・・・・・・・・・。

そういえば・・・・・・昨日、デンジャーワスプからなんか手に入ったという記事について。

狩っていた場所は「聖なる森」ではなくそのいっこ手前の「デーユ墓苑」でした。・・・・・・誰も気にしない? そんなこと言わないで。

・・・・・・なんだコレ?

本日は終業式である。
家でまったりできる時間が増えるのはいいことだが、結局は忙しいのであまり気にはできない。
幸いにも、課題はやたらと少ないので、自分のことに没頭できる。・・・・・・ラッキー。そしてさんきゅー、先生。

さて、家に帰って適当に片付けなどを行い、母の年賀状作成(まだ宛名云々のみだが)に私が手伝い、それからは小説を読んだり(携帯で)して時間を潰していた。
で、夕食とって、それからひたすらネトゲに篭る。

今やっているのは、ルーセントハート。

このゲームはネトゲにありがちな無制限RPG、つまり各々勝手に行動してレベル上げていこうというゲームである。ゲーム内ではクエストが発生することが多々あり、NPC(ノンプレイヤーキャラクター)から受託、遂行により経験値やアイテム、装備品などが入手できる。

このゲーム、モンスターを倒してもたいして経験値がもらえないので、クエストを遂行するか、ユーザーが主催しているイベントに参加していかないと経験値が全然たまらない。
とはいえ、ただクエスト消化していくのもダルイし、今日はなんたらの迷宮? の第三段階に潜ったところ、討伐対象のなんとかメイデンに瞬殺され、やる気を失ったのである。

さて、何をしようかと悩み、んじゃ散歩行くか・・・・・・ということで、北へ。

クイプリス

今私が拠点にしているのは、この画像―――つまり、クイプリス地方というところの、

ゴードン

ここ。商業都市ゴードン。
クイプリス地方はレベル的に近いモンスターも多く、また花の森でたくさんのクエストを遂行できるので、普通はこの地方で狩る。

で、クイプリスの北、画像で「コラル湾」と書いている上の青い○が、

アンティカ

ここ、魔法都市アンティカである。

カルド

アンティカはカルド地方に属されており、私のレベル(31)ではこの辺で狩ってもあまり意味がない。
なぜならレベルが低すぎるせいで、クエストが発生しない。よって、敵を倒してもクエストアイテムが手に入ったりはせず、ちょっとの経験値と、僅かのお金と、何かのアイテム(生産素材とか)が手に入る。

クエストでボロクソにやられたので、ちょっとカルド地方の、「聖なる森」というところで狩っていた。
相手のレベルは最弱でも37なのではっきりいって私は馬鹿なのだが、マジシャンは工夫すればこれくらいの敵は割と簡単に倒せるのである。これの説明はまた今度。

で、その聖なる森で、鉢を狩っていた。名前は覚えていない。多分・・・・・・「デンジャーワスプ」だった気がする。
もちろんクエスト物品はくれないので、普通のドロップ見ておおすげーと思うくらいなのだが、

そんな時にふと、こんなものを落としていった。

燃える宝珠

・・・・・・なんじゃこら?
説明はこれ↓

燃える宝珠(説明)

・・・・・・。

分かるかアホー。

ということで、調べる。どうやら、何個か集めたら武器の合成に使えるらしい。

・・・・・・。

ちなみにアイテムの名前が橙色になっていると思うが、これはアイテムのレア度を示す。
レア度は、低い順に黒→緑→水色→紫色→橙色・・・・・・だったと思う。

つまり、レア度最高のアイテム。

・・・・・・。

だが私には使い道がない。
さてと。

売ろう。

・・・・・・あ、でも転移不可ってあるから人には売れないのかも? いや、確か売れないアイテムは「売却不可」と注釈されていたような気がする。
もし売れるなら売るし、無理ならいつかのためにとっておこうと思う。









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。