スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

もんはん。その11

モンスターハンターin旧友の家。

複数討伐クエストを片っ端から片付け(そして私がひたすらに死に続け)、ようやく出てきたアルバトリオン討伐クエスト。
「アルバトロス」(鷹)+「セプテントリオン」(広義で北という意味=北斗七星)ということでなんか天体系のモンスターかなぁと思っていれば、箱を開けてみれば単なる古龍でした。
そしてよーく観察してみれば、過去の古龍の特徴を吸収したような動き。

雷攻撃+空中雷攻撃=ミラルーツ
ホバリング+龍風圧+広範囲氷光線=クシャルダオラ
尻尾べちべち=テオ・テスカトル
雷放散攻撃=キリン
猫ぱんち=古龍全般

などなど。
さらに、「炎ブレス=ベリオロス」「ホバリング=リオレウス・リオレイア」などなど、他の飛竜の特徴も兼ね備えているようです。
何かそういう伝説でもあるのでしょうか。属性変化(火&雷)により環境をも変える天災と説明されていましたが、それだけなのかなぁ。

さて、アルバトリオン。

初見では友人とこれがこーだあれがあーだと観察しながら、弓の私が三回死亡して終わってしまいましたが、次回で討伐しました。

感じたことは、

・ブレスや雷は回避距離がなくてもぎりぎり回避できる
・バックジャンプからの突進が鬱陶しい
・ホバリングした時のために、ガンナーが1人いると便利(ホバリングから叩き落すと、炎属性に戻るっぽい)

ってところでしょうか。

素材で作れる武器は龍属性が強いものの、攻撃力がアマツマガツチより低い模様。
防具はまず外見がらしくないので、私がアルバトリオンと連戦を重ねることはおそらくなさそうです。
アマツマガツチの方がラスボスって感じもしますし。
スポンサーサイト

もんはん。その10

旧友の家に行ってきました。
いや、それは昨日もなんですが、昨晩の私がアレでしたから……。2日分、一気に紹介を。

とはいえ、紹介と銘打ったところで、話すことなんてあんまりありません。
旧友とその弟と駄弁りながら、ただひたすらにモンハンをやっていただけです。
逆接、2日間、3人でやったモンハンはかなり進みました。

まず、ハンターランク6・★8のキークエストを片っ端から攻略。
ドボルベルク・アグナコトル亜種(純正種は私が昨日、大阪から広島に帰還している間に討伐したので、クエストが登場していました)・ティガレックス亜種・ディアブロス亜種(この2頭は旧友に純正種を倒してもらっておき、向こうで亜種討伐クエストを受託してもらいました)・イビルジョーと討伐を繰り返しました。

この間、みんなでクエストを調べては「よし来た不安定クエスト!」と喜び、おまけにクリアするたびに乱入され、「報酬うまー」と笑っていました。
3人でやれば、乱入クエストの難易度も大幅に下がります。
……と言いながら、未だに5パーツのうち3パーツが下位防具の私は死にまくりでしたが。ごめんっ!

乱入クエストでは、例えば凍土で「ジョーさん来た! ってかジョーさん次に討伐するよな、戦うの? だいたいそんな装備で大丈夫か?」→「大丈夫だ、問題ない。……総員突撃!」→「ごめん死んだっ!」とか。

砂漠(ディアブロス亜種討伐クエスト)で「乱入ってなんだ? ディアブロス倒してディアブロスか?」→「ねーよ」→「あれか。ボルボロス!」→「えーそんな雑魚?」→「あれじゃね? ベリオロス亜種」→「「それだ!!」」→実際に登場→「マジでボルボロスかよやる気でねー」とか。

ちょっと事情があってリオレイアを討伐しに孤島へ行った時、孤島のエリア8で私がサマーソルトを食らい、「うわあああ落ちたああああ!?」とか叫んだり。

ただクエストをクリアしていくだけとはいえ、退屈することなんてありませんでした。

で、キークエストをみんなで片付け、ジエン・モーランを討伐しに(3人分)。
それも簡単に片付き、龍玉が出るじゃ出ないじゃとわめきながら、アマツマガツチ?(3人分)を討伐。
アマツさんは強すぎる。全員が初見だったので、1人1回死亡して3死。近くに置いていたノーパソで攻略法を調べながら、「とりあえずバリスタだ」「みんなでバリスタだ」と頑張ってみました。

アマツさんは「天空の龍玉」という私悶絶のアイテムを落とすそうで。武器を作るには、絶対にこのレアアイテムが必要なのです。
1人で討伐できるヤツじゃないし、必要数だけかき集めるかなぁ。

そんな風に、モンハン乱舞だった今日この頃。

明日は大晦日なのに、旧友の弟君に「来い」と言われたので行くことにします。
大晦日なのに。
大晦日なのに!




あ、『生徒会争乱物語』は1月1日から連載開始します。今月中ではなくなりましたが、いやこっちの方がかっこいいからさ。




追記より歌紹介。



もんはん。その9

「あーもううるさし! うるさしうるさしうるさし!」
……『偽物語(下)』の、阿良々木月火のセリフです。
妙に印象に残っているセリフなんですが、今日の昼過ぎから、何度もこの言葉を連呼していました。

何がって、外! 外がうるさい!
風が強すぎて!

私は田舎の風は好きだけど!
都会の風は嫌いだ!
なんとなく!

あーもう、うるさしうるさしうるさし!




……荒れている月影さんでした。さて、久しぶりにモンハンの話題を。

ネトゲやらなんやらであまりやる時間がなかったモンハンですが、久しぶりにやってみました。
ナルガクルガ亜種・ギギネブラ亜種を討伐して、ジンオウガ×2という鬼畜じみたキークエストを30分がかりでクリア。落とし穴やら爆弾やら色々持ち込んでの討伐でした。

ジンオウガにはこれでも慣れたつもりだったんですが、あれ、帯電したらおっそろしいことになるんですよ……。
特に第3段階(帯電を2回行った状態)だと全身叩きつけを、第4段階だと帯電行動の代わりに雷バチバチバチっ! と降らせるおっそろしい攻撃をぶっぱしてくるので、こうなったら「とにかく怯ませて帯電を解除!」ということになります。

ですが、この帯電の解除方法がいまいち分からん。怯んでも解除されないことがあるっぽい……どういうことなの。

まあ、そんなこんなでジンオウガを倒し、ハンターランク6の★8クエストへ。

とりあえずイビルジョーに挑んでみました。
勝てない相手ではなさそうですが、秘薬の調合素材を持ってきていない+そもそもこいつと戦ったことがろくにない、ということで、パターンを覚えた頃に死亡。
回避性能があればなんとかなる敵ですが、太刀でもスラッシュアックスでも胴体に攻撃が当たらない……。
片手剣とかランスがいいのかなぁ。物によっては弓もいいのかもしれません。

とりあえず、ガンナー用の防具を作ってみるかぁ。




追記より拍手返事だったり歌紹介だったり。



もんはん。その8

<読了>
死なない男に恋した少女7(HJ文庫)
今月5冊目。
久しぶりにこのシリーズを読みました。出たのは数ヶ月前。

このシリーズはここで完結みたいで。場合によっては続編も出されるとあとがきになりましたが、まあファンレターが多かったり続編を望むファンがたくさんいれば出るのでしょう。あるいは別シリーズとして何かを出すか。
何にせよ、続きが出たら買おうかなぁとは思っています。

内容に関しては……よくも悪くも、読みやすいなぁと。典型的な“ファンタジーの絡まないラノベ”です。
文章は多少稚拙なりとも、ストーリーが単純、しかしキャラが濃いという、本当にラノベのテンプレート。キャラ以外の部分は王道以外の何物でもありませんが、だからこそ読みやすいと感じました。
逆に、突飛的なストーリーを構築した場合、このキャラでは書きにくいのでは。

個人的感想。ラストのハルの絵がいい味を出してる。……いや、これは内容に関する感想ではないか。
前述したとおり、どこにでもありそうな話で、細かいところに作者らしいところが混じってます。読みやすい以外、特に言うことがないような。
強いていうなら、久遠りんの話はもう少し掘り下げてほしかったかも。





モンスターハンター。亀のようにのろのろと進んでおります。

ベリオロスの武器を作成したので、ウラガンキンとベリオロス亜種を討伐しました。ついでにリオレウスを討伐して、炎属性の太刀を強化――しかし次の強化に必要なのは、またリオレウスの素材。泣きそうです。
というのも、今回のリオレウスは悲しいくらいに戦いにくいんですよ。戦いたくありません。
とりあえず太刀はほっぽりなげるか、クルペッコの素材で作れる太刀で代用しようと思います。

未だにハンターランク5のままふらふらしている今日この頃。最後までいけるのはいつの日か。
まあ、スローペースで頑張るのは変わらないと思います。別に誰かと戦っている訳じゃないないんだから。




追記より拍手返事&歌の紹介。




もんはん。その7

リンク報告です。……といっても、事後報告ですが。

新・四王の館
メイプルブログです。ちゃくら99様。
前に私がリンクを整理した時、勝手にリンクに加えさせていただいたのですが、後日(昨日くらい?)、向こうからもリンクしてくださったようで。
あはは、だって報告するのがめんどか――いえいえ、あの時は忙しかったんですよ。うん。

メイプルブログですが、「キャラ4人が対談する形式で、今日あったことを説明する」という珍しいタイプのものです。
キャラの掛け合いも面白いですし、一度ご覧になってみてください。




上位の★7クエストをさまよっております。ああ、ハンターランク5です。
ベリオロスを討伐したのはいいんですが、ギギネブラは違うモンスターの妨害により討伐失敗(あと猛毒はヤメレ)。他のモンスターはまだ討伐する気にすらなりません。
とりあえず火・氷属性の武器が欲しいので、リオレウス・ベリオロスを中心に狩っていきたいのですが……ベリオロスはいいとして、リオレウスの戦いにくさが嫌だ。討伐に33分もかかってしまいました。

たぶん、武器の貧弱さと私の戦闘方法がまずいのでしょうが、一体どうすれば……。

防具の方はナルガ装備(上位&下位組み合わせ)で「回避距離UP」「回避性能+2」というかつての主力を取り戻した(何気に「隠密」とかもついています)ので、これで少しは楽になるかなぁと。
武器は……確かリオレウスも氷に弱いので、まずはベリオロスの武器を作りましょうか。
将来、イビルジョーやアグナコトルと戦う時にも使えそうですから。

ちなみに今日は、友人と2つのクエストをクリアしました。

片方はジエン・モーランの討伐(集会所下位)。友人が手伝ってほしいとのことなので。
4人でフルボッコにしたんですが、最初の突進を待たずして撃退完了。こうなるとちょっと敵が可哀想です。

もう片方は★8のクエスト、ジンオウガ2頭討伐。
……いやもうジンオウガ2頭とか悪夢ですか。4人がかりで20分程度かかりましたよ。こんなん絶対ソロじゃクリアできねー……。

余談ですが、これを受託したのは私たちの中で1番強い人。
なのにその人が、率先して2回死ぬとは一体どういうことなんですか。
むしろ、ジエン・モーランを討伐して上位に上がったばっかりの人が1度も死なかったのが凄い。





追記より歌紹介&拍手返事。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。